偏差値60~の勉強法
早稲田大学
の過去問解説!

早稲田大学を目指している受験生に向けて、英語と世界史の過去問解説を公開しています。過去問を解くというよりは、むしろ解説を読んで“これからどんな勉強をするべきか”という参考にしてください。全受験生に必須な英語と、地歴の勉強法を知る上で参考となる世界史を丁寧に解説しています!(※2013年当時)

難易度の判定は、当サイト独自の基準によるもので、受験指導のプロである予備校や塾、学校などと異なることもあります。当サイトは受験のプロではないので、あくまで参考程度にとどめてください。

早稲田大学

~早稲田大学の入試問題難易度~

現代文:

★★★★★

古典:

★★★★☆

英語:

★★★★★

地歴:

★★★★☆

早稲田大学の入試問題は学部ごとに多少の差はあるものの、全体として偏差値60以上の受験生であれば充分に勝負ができる難易度に留まっています。ただ、合格最低点が高めなので、合格点を取ることは簡単ではありません。“そこそこは解けたのに、合格点には少し足りなかった…”そう言って涙を飲んだ受験生がどれほど多いことか…。超難問ではないものの、合格点となる70~75%の得点率に届くためには相当の学力が必要な良問揃いといえます。
国語の現代文については、どの学部を狙っている受験生であっても法学部の論説文を読解してください。早稲田大学の中でもっとも難しく、かつ抽象度の高い本文を使用しているため、これが読解できるなら全学部の問題に対応できるはずです。
英語については、語彙力の増強は不可欠。学校レベルを大幅に超える単語・熟語にも注釈はついていません。文法、読解の能力はもちろんですが、まずはボキャブラリーを鍛えておかないとほとんど問題文を理解することができないでしょう。
地歴についてはそれほど難しい問題ではありません。世界史、日本史とも標準~やや難しい程度の問題がほとんどです。基本的な用語と歴史の流れをしっかりと覚えておけば、8割程度の得点が期待できるはずです。

英語

次の英文のうち、誤りのある英語表現を含んでいる場合には該当する赤字部分を選び、誤りが存在しない場合にはNO ERRORと解答せよ。ただし、文中に誤りがある場合は1箇所のみである。

問1.

Regardless of what some committee members are claiming, there doesn’t seem to be clear and pressing reason to postponing the meeting until next week.

解答&詳細解説をチェック

答:to postponing

【解説】

postpone(~を延期する)という動詞を知っていれば解ける問題。to不定詞の後には動詞の原形が来るため、すぐにto+ing形の不自然さに気づくはず。この形が正しいとすればtoが前置詞でing形が動名詞であるという場合のみですが、前置詞toを取るべき動詞も熟語表現も見当たりません。toを不定詞と判断してto postponeを不定詞形容詞用法と考え“2語以上の形容詞句は後ろから名詞を修飾する後置修飾の形を取る”というルールに則り、直前の名詞reasonにかければ、reason to postpone(延期するべき理由)となり、文意が成立するわけです。よって、to postponing → to postponeに直すのが適当。
文法問題ではむやみに英文を和訳せず、英文法のルールに反した部位がないかをチェックするほうがミスは少ないです。参考としてpostponeと同義の熟語put off(~を延期する)を覚えておきましょう。

問2.

It always troubles to hear that some students, particularly those from well-to-do families, cannot and do not empathize with the problems faces by less fortunate students.

解答&詳細解説をチェック

答:troubles

【解説】

やや込み入った文章ですが、thatが等位接続詞として単純に2つの節を結んでいるだけなので、that以下をいったん無視すると簡単に奇妙な点が浮かび上がります。

It always troubles to hear that~
S                   V      名詞句  that節全体が名詞節としてhearの目的語

この形を捉えてしまえば実に単純な文章。to hearはto不定詞によって作られた名詞句で、仮主語itに対する真主語。となれば、that以下の抽象的な内容がこの文の主語にあたり、当然ながらそれは無生物主語になります。無生物主語がtroublesを第1文型の完全自動詞として取るのはあまりにも不自然なので、このtroublesは当然、第3文型で用いられる完全他動詞であるべきでしょう。他動詞であれば目的語を取るはずで、troublesのあとにmeあるいはusといった代名詞を置かなければ文は成立しません。そのため、troubles → troubles us などと直すのが適当です。

問3.

Had the brakes fail, the delivery truck would have run off the road and crashed into the trees.

解答&詳細解説をチェック

答:fail

【解説】

Hadに始まって文途中がカンマで区切られている時点で、この文が仮定法過去完了の倒置形であることに気づくべきです。まずは倒置された文章を普通の語順に直してみましょう。

If the brakes had fail, the delivery~

最後まで文を書き直さずとも、この時点で明らかにおかしな点が見つかりますね?仮定法過去完了を用いているわけですから、文中のhadは完了の助動詞haveの過去形。完了のhaveは後ろに動詞の過去分詞形を取りますから、原形failが置かれているのは明確な誤りです。したがって、fail → failed とするのが適当。

傾向と対策

今回の過去問は早稲田大学社会科学部と人間科学部の問題でした。ここで全ての文に対し、英文法的な観点から解説を加えていますが、もし解説内容が理解できないのであれば、明らかな文法力不足です。まずは上記の解説文が理解できる程度まで、英文法のルールも頭にたたき込むことが第一。薬袋善郎著『英語リーディング教本』、富田一彦著『英文読解100の原則』、西きょうじ著『ポレポレ英文読解プロセス50』といった英文解釈の参考書を用い、品詞分解しながら英語を読解する力を身につけ、同時に必要な文法知識を暗記するのが良いでしょう。これら3冊が難しいと感じる場合は、西きょうじ著『英文読解入門 基本はここだ』を先に読んで、英文を文法レベルで理解するための基礎を養ってからスタートしてください。
早稲田や慶應を受けるのであれば「英語における名詞の文中での代表的役割5つは?」と質問された時、即座に「主語、目的語、補語、前置詞とセットで前置詞句になる、直前の名詞と同格」と答えられるくらいの文法力が必要になります。英文法を1から勉強し、それから読解に進んでください。使用教材や参考書については、相性が大事ですから、一つのものに「これだけだ」ととらわれず自分との相性が良いものを見つけましょう。

世界史

次の文章を読んで設問に答えなさい。

ローマ帝国は、1世紀に即した(  )から2世紀末のマルクス=アルレリウスーアントニヌス帝までの五賢帝時代に最盛期を迎え、この時代に帝国の最大版図を築いている。たが、その後の2席末~3世紀にかけて“3世紀の危機”を迎え、特にマクシミヌス帝が即位してからディオクレティアヌス帝即位までのおよそ50年間は、各地で皇帝が擁立され、互いに帝位を争う軍人皇帝時代という混乱期を迎えた。さらにゲルマン民族の侵入、東方から攻め入ったササン朝の攻撃にあい、帝国は荒廃の一途をたどり、ローマ帝国は1つの転換期を迎えている。

問1.

文中の空欄を埋めなさい

解答&詳細解説をチェック

答:ネルヴァ帝

【解説】

五賢帝時代というヒントが出ている以上、解けて当然の問題です。ローマ帝国の五賢帝は順序も含め、全員暗記しておくべきもの。ネルヴァ→トラヤヌス→ハドリアヌス→アントニヌス=ピウス→マルクス=アルレリウス=アントニヌスの順に即位。

問2.

青文字部分“帝国の最大版図”を築いた際の皇帝は誰か

解答&詳細解説をチェック

答:トラヤヌス帝

【解説】

五賢帝のうち、トラヤヌス、ハドリアヌス、マルクス=アルレリウス=アントニヌスについては主な業績も含めて知っておくべきです。

トラヤヌス…最大版図を築いた皇帝 ダキア戦争およびパルティア戦争に勝利
ハドリアヌス…ブリタニアに防壁“ハドリアヌスの長城”を建設
マルクス=アルレリウス=アントニヌス…ストア派哲学者 別名“哲人皇帝”

問3.

赤文字部分、ディオクレティアヌス帝に関した以下の文で誤っているのはどれか

  • ア:4世紀初頭、キリスト教徒に対する最後の大迫害を実施した
  • イ:首都をローマ市からニコメディアに遷都した
  • ウ:帝国を四分統治として2人ずつ計4人の正帝、副帝で治め、自らは西の正帝となった
  • エ:自身をドミヌスと称して、ドミナートゥスと呼ばれる専制君主制が始まった
解答&詳細解説をチェック

答:

【解説】

ディオクレティアヌス帝はキリスト教徒に大迫害を行ったが、キリスト教徒はカタコンベという地下墓地にこもって対抗したという事実があるので「ア」は正しいです。首都をローマからニコメディアに遷都したのも正しい文なので「イ」も問題なし。さらにディオクレティアヌス帝の時代からをドミナートゥスと呼ぶのも事実で「エ」も正文。帝国を4分割して2人ずつの正帝、副帝によって統治する四分統治(テトラルキア)を行ったのは事実ですが、ディオクレティアヌス帝が就いたのは東の正帝です。よって「ウ」が誤り。
この時期から徐々にローマ市より東のバルカン半島方面が帝国の中心となっていき、後のコンスタンティヌス帝はコンスタンティノープル(現在のイスタンブール)に遷都。その後、テオドシウス帝が395年にローマ帝国を東西分割すると、西ローマ帝国はゲルマン人傭兵オドアケルによって早々に滅ばされますが、コンスタンティノープルを擁する東ローマ帝国はビザンツ帝国と呼ばれるようになり、1453年、オスマン帝国のメフメト2世に滅ぼされるまで長きにわたって存続しました。
もちろん早稲田を受けるなら、ビザンツ帝国が1204年、第4回十字軍の暴走によって首都コンスタンティノープルを喪失し、いったんは滅亡状態に追い込まれたものの、亡命政権ニケーア帝国として生き長らえ、後にコンスタンティノープルを奪回してビザンツ帝国を再樹立した経緯も知っておくべきでしょう。
また、ローマ帝国の名前を受け継ぐドイツの領邦国家、神聖ローマ帝国がいたずらに(国力を衰えさせてまで)イタリア半島を攻略しようと“イタリア政策”を断行したのも、ローマ帝国のルーツであるイタリア半島を統治し、ローマ帝位の正当性を明確にするため。西洋史はローマ史にはじまるといっても過言ではありませんから、しっかりと学習しておくことが大切です。

傾向と対策

早稲田の世界史は正誤問題が多く出題される傾向にあります。複数の選択肢から一部に誤りを含む文を選択する問題で、今回であれば(3)が正誤問題に相当。文章の一部だけが間違っている場合、かなり正確に出来事を暗記しておかないと、正誤判断をすることはできません。空欄補充や一問一答レベルの知識にとどまらず、歴史的な出来事を年代順に解説できるほどの正確な理解が不可欠なので、講義形式の参考書を熟読して歴史の流れを頭に入れておくようにしてください。『ナビゲーター世界史』『世界史B講義の実況中継』といった参考書を繰り返し読み、積極的な問題演習を継続的に行うこと。もちろん、使用教材などは、相性も大事ですので、一つのものに「これだけだ」ととらわれず自分との相性が良いものを見つけることも必要かもしれません。

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

このページの先頭へ