和光大学
の大学紹介
&入学試験突破法

東京都町田市の私立大、和光大学の受験情報をまとめています!学費、偏差値といった数字データだけでなく、合格率を上げるための試験日程&学科選びについてもアドバイス。受験戦争に勝ち残るためのあらゆる知識を網羅♪(※2013年当時)

和光大学

〜和光大学の基礎データ〜

初年度総額:

約120万〜127万円

平均倍率:

約1.2倍

募集学科&募集定員:

現代人間学部 心理教育学科:80名
現代人間学部 現代社会学科:50名
現代人間学部 身体環境共生学科:50名
表現学部 総合文化学科:163名
表現学部 芸術学科:80名
経済経営学部 経済学科:150名
経済経営学部 経営学科:150名

受験科目:

○経済経営学部、現代人間学部、表現学部(全学)
国語・外国語

○経済経営学部(前期学部)
国語or外国語or地歴公民or数学から2科目

○経済経営学部(後期学部)
小論文・面接

○現代人間学部(前期学部)
国語or外国語or地歴公民から2科目選択

○表現学部(前期学部)
国語・外国語or実技

○表現学部(後期学部)
小論文・実技or面接

○全学部(センター利用入試)
国語or外国語or地歴公民or数学or理科から2科目選択

和光大学は首都圏中堅大学の1つです。偏差値的には44〜48の範囲内に収まっており、いわゆる大東亜帝国に次ぐレベル。基本的には2科目受験なので、その点でも亜細亜大、帝京大の併願校として適しているといえます。学力的にやや不安がある方、確実な滑り止めを確保したい方の場合、狙い目となるのは表現学部。全学日程、前期日程ともに偏差値は44なので、現状の学力に自信がなくても努力次第で充分に勝負できるはず。
センター試験利用入試も行っており、合格の目安となるセンターランクは40〜62%となっています。具体的には難易度の低い表現学部が40%、もっとも難易度の高い現代人間学部の心理教育学科保育専修が62%、それ以外が概ね50%前後といったところ。
ちなみに表現学部の一部日程で採用している実技試験は鉛筆デッサンです。選択科目ですので、よほどの自信がない限りは普通に学科試験を受けたほうが無難。また、後期日程では小論文、面接による選考も行っています。主観的な採点になりがちな科目なので対策を立てづらいという点で強く推奨はしませんが、倍率が1.3倍と低いので出願してみるのも良いでしょう。上手く熱意をアピールできれば、学力的には合格が難しい受験者層でも一発逆転の可能性がありそうです。

出願前に絶対チェック!和光大学の入試傾向

  • 偏差値は44〜48程度!帝京、亜細亜、大東文化大の併願校としても最適♪
  • 狙い目なのは表現学部!偏差値44と敷居が低いので学力に不安があっても挑戦可能♪
  • センター利用入試は55%以上の得点率で確実圏!ただし、合格基準62%の保育専修は例外…!
  • 面接&小論文で受験できる後期日程が存在!倍率が低いので狙ってみるのも良いかも!?

幅広い分野を学べる!和光大学の魅力

幅広い分野を学べる大学!

大学教育には2つの大きな目的があり、その1つは専門分野を掘り下げるスペシャリストを養成すること、そしてもう1つは幅広い分野を横断的に理解するゼネラリストを育成することです。和光大学では後者のゼネラリスト—教養人を目指したい人に最適のカリキュラムを採用しています♪

全国屈指のバリアフリー大学♪

和光大学は他大学に先んじてバリアフリー体制を整えた大学として知られています。障害を持つ学生を積極的に受け入れ、他の学生と変わらない生活が送れるように最大限のサポートを行っている和光大なら、障害者の方が快適に学業を継続できるのはもちろん、一般学生がバリアフリーについて考える機会も充分♪

日本の大学教育では専門分野に特化したスペシャリスト育成に傾注する傾向がありますが、各分野を横断的に理解し、一歩引いた視点で物事を捉えるゼネラリストの重要性を忘れるべきではありません!和光大学では他学部、他学科の授業を比較的自由に履修できる“講義バイキング制度”を採用しており、学科の垣根を超えて、関心のある分野を学ぶことが可能。あらゆる分野に精通した教養人を目指したいのであれば、和光大学への進学がオススメ♪

和光大の障がい学生支援は全国でもNo.1!聴覚障がい、肢体不自由学生に対してはノートテイク制度を整えており、ノートテイカーが障がいをお持ちの学生と一緒に授業を受け、授業内容をノートにメモ書き、要約するなどのサポートを行っているのです。何より注目するべきなのは、和光大の学生有志がノートテイカーを行っているということ。助け合い精神が自然と養われると同時に、一般学生のバリアフリー、ノーマライゼーション参加を促す素晴らしい制度だと思いませんか?そのほか、聴覚障がい学生を対象とした手話通訳制度、視覚障がい者を対象とした点訳制度も整備♪

資料請求はこちら

※外部サイト

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

このページの先頭へ