宇都宮大学
の入試概略
大学の魅力は?

栃木県宇都宮市の国立大、宇都宮大学の受験情報を詳説!入試関連の情報だけでなく、大学の魅力など、読み物コンテンツも充実しています。受験勉強の合間に息抜きとしても楽しめるので、是非ともご活用ください!(※2013年当時)

宇都宮大学

〜宇都宮大学の基礎データ〜

初年度総額:

81万7,800円

平均倍率:

約2.6倍

募集学科&募集定員:

国際学部 国際社会学科:50名
国際学部 国際文化学科:50名
教育学部 学校教育教員養成課程:150名
教育学部 総合人間形成過程:60名

受験科目:前期:

○国際学部
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:外国語・小論文

○学校教育教員養成課程(文系、特別支援教育)
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:国語or外国語or数学

○学校教育教員養成課程(実技系)
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:実技

○総合人間形成過程
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:国語or外国語or数学

受験科目・後期:

○国際学部
後期日程の募集なし

○学校教育教員養成課程(文系、特別支援教育)、総合人間形成過程
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:なし

国公立大である宇都宮大学は1次のセンター試験で5〜6教科7科目を課されます。私大専願の受験生と比較して受験科目が多くなる分、受験勉強のウエイトが増すのは否めないところでしょう。国際学部、教育学部ともセンターランクは65〜71%、2次の偏差値は55〜60の範囲内に収まっていますが、7科目の勉強を長期的に続け、かつセンター試験で7割前後をクリアするというのは決して容易ではありません。
また、2次試験は国公立らしく記述問題がメインとなるので、生半可な知識では合格レベルの答案を作ることができないでしょう。特に英語は下線部和訳、傍線部説明のほか、英文を読んで自分の意見を書く論述問題が出題されています。2013年の国際学部入試では「経済協力開発機構(OECD)の調査結果について書かれた英文を読んで、自らの経験を踏まえて意見や感想を書きなさい」という問題が出ました。解答も英語で記述する必要があり、およそ150wordsという指定。英語力に加えて、情報処理、資料読解の力を問う難易度の高い問題といえます。夏休み中には赤本などの過去問題集を購入し、出題傾向をしっかりと掴んでおく必要があるでしょう。早め早めの対策をするか否かで、来春の結果が決まると言っても過言ではありません。

入試を突破するための4原則〜宇都宮大学

  • 国立大学なので1次試験は5〜6教科7科目!1日も早く受験勉強を始めることが大切!
  • センターランクは約70%!センター試験で7割5分を獲得すれば有利になります♪
  • 倍率は全学部とも前期2.5倍、後期3.5倍程度!競争率は国立としては標準レベル♪
  • 2次試験の英語では英文による論述問題が出題されるので、資料読解や表現力も必要!

宇都宮大学の特徴を一挙公開♪

関東屈指の就職率が光る…!

週刊東洋経済2013年11月号によれば、宇都宮大学教育学部の就職率は93.8%!これは関東地方の教育系学部で第1位の成績に相当します。北関東の国立大学でありながら、その就職率は日本全国でもトップレベルです♪

13ヶ国26大学と国際交流を実施♪

宇都宮大学は、13の国と地域にある26大学と国際学術交流協定を結んでいます。交流相手が欧米に偏重する大学も多い中、中国、韓国、東南アジアなどアジア地域との交流に力を入れているのが特徴!21世紀はアジアの時代とも言われる中、真にグローバルな人材へと成長することができます!

宇都宮大学は、国公立大学の中でも特に優れた就職率を誇っています。文科省の学校基本調査速報によると大卒の平均就職率は67.3%。そんな時代の中で、国際学部84.0%、教育学部93.8%という驚異の就職実績を叩きだしている宇都宮大学は、まさに将来性抜群の大学といえます。特に教育学部の93.8%は凄まじい数値であり、週刊東洋経済の調査によれば就職率大学実力ランキングで関東文系の第6位!北関東という立地のおかげか東京23区での就職にも強く、社会人生活と同時に都内への転居を考えている方にもオススメといえます。

アジア地域の大学と積極的な学術交流を行っている宇都宮大学に進学すれば、他大学では得られない経験を多く積むことができるでしょう。一例を挙げると、モンゴルのウランバートルにあるモンゴル国立人文大学、タイのバンコクにあるカセサート大学、インドネシアのボゴールにあるボゴール農科大学、シリアのダマスカスにあるビクトリア大学など。もちろん中国、韓国、台湾といった東アジア諸国、留学先としてメジャーな欧米の大学とも交流がありますのでご安心を。また、アジア以外の少し変わった国に興味があれば、キューバのハバナ大学、チェコのパラツキー大学、ロシアのイルクーツク国立言語大学などもオススメです。

資料請求はこちら

※外部サイト

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

このページの先頭へ