評判の中堅大
東洋大学
の合格ガイド

東京都文京区にある中堅大、東洋大学の受験情報を掲載しています。偏差値や倍率、学費といった基本的な数値データはもちろんのこと、入試問題の傾向や合格を目指すための勉強法など受験生に役立つ話題が盛りだくさん!真面目なコンテンツだけでなく、大学の気になる魅力ポイントなどのコンテンツも満載♪(※調査年次:2015年)

東洋大学

〜東洋大学の基礎データ〜

初年度総額:

約116万~156万円

平均倍率:

約3.3倍

募集学科&募集定員:

文学部 哲学科:100名(偏差値:54.4)
文学部 東洋思想文化:100名(偏差値:52.3)
文学部 イブニングコース日本文学文化学科:80名(偏差値:49.3)
文学部 英米文学科:133名(偏差値:55.0)
文学部 史学科:133名(偏差値:56.2)
文学部 イブニングコース教育学科:40名(偏差値:52.0)
文学部 英語コミュニケーション学科:100名(偏差値:56.6)
経済学部 経済学科:250名(偏差値:54.6)
経済学部 イブニングコース経済学科:150名(偏差値:48.8)
経済学部 国際経済学科:183名(偏差値:53.9)
経済学部 総合政策学科:183名(偏差値:53.2)
経営学部 経営学科:316名(偏差値:54.7)
経営学部 イブニングコース経営学科:106名(偏差値:48.4)
経営学部 マーケティング学科:150名(偏差値:56.1)
経営学部 会計ファイナンス学科:216名(偏差値:52.9)
法学部 法律学科:250名(偏差値:54.3)
法学部 イブニングコース法律学科:120名(偏差値:48.2)
法学部 企業法学科:250名(偏差値:53.3)
社会学部 社会学科:150名(偏差値:55.8)
社会学部 イブニングコース社会学科:130名(偏差値:49.1)
社会学部 社会文化システム学科:150名(偏差値:52.4)
社会学部 社会福祉学科:150名(偏差値:51.6)
社会学部 イブニングコース社会福祉学科:45名(偏差値:49.1)
社会学部 メディアコミュニケーション学科:150名(偏差値:56.3)
社会学部 社会心理学科:150名(偏差値:56.5)
国際地域学部 国際地域学科:290名(偏差値:55.3)
国際地域学部 国際観光学科:200名(偏差値:56.6)
生命科学部 生命科学科:113名(偏差値:49.6)
生命科学部 応用生物科学科:113名(偏差値:50.0)
ライフデザイン学部 生活支援学科:216名(偏差値:49.3)
ライフデザイン学部 健康スポーツ学科:180名(偏差値:54.2)
ライフデザイン学部 人間環境デザイン学科:160名(偏差値:47.9)
理工学部 機械工学科:180名(偏差値:46.3)
理工学部 生体医工学科:113名(偏差値:44.8)
理工学部 電気電子情報工学科:113名(偏差値:46.3)
理工学部 応用化学科:146名(偏差値:48.5)
理工学部 都市環境デザイン学科:113名(偏差値:45.4)
理工学部 建築学科:146名(偏差値:47.5)
総合情報学部 総合情報学科260名(偏差値:47.5)
食環境科学部 健康栄養学科:100名(偏差値:49.8)
食環境科学部 食環境科学科:120名(偏差値:48.9)

※偏差値は独自調査で算出したデータになります

受験科目:

○文学部(一般前期3教科)
 外国語、国語、地歴・公民・数学

○経済学部(一般前期3教科)
 外国語、国語、地歴・公民

○経営学部(一般前期3教科)
 外国語、国語、地歴・公民・数学

○経営学部(一般前期3教科)
 外国語、国語、地歴・公民・数学

○社会学科(一般前期3教科)
 外国語、国語、地歴・公民・数学

○国際地域学部(一般前期3教科)
 外国語、国語、地歴・公民・数学

○生命科学部(一般前期3教科)
 外国語、国語、理科

○ライフデザイン学部(一般前期3教科)
 外国語、国語、地歴・公民・数学

○理工学部(一般前期3教科)
 外国語、国語、理科

○総合情報学部(一般前期3教科)
 外国語、国語、地歴・公民・数学

○食環境科学部(一般前期3教科)
 外国語、国語、地歴・公民・数学・国語・理科

東洋大学は、いわゆる日東駒専レベルに属する中堅大学の一つです。大半の学部で偏差値はおよそ53〜56程度となっており、あまり学部学科ごとの難易度差がないのが特徴となっています。
倍率を見てみると、ほとんどの学部では3.8〜5倍程度で推移していますが、中には教育学部初等教育学科の一般入試A方式のように9.6倍という高い倍率をマークしている日程もあります。ただ、これだけの高い倍率を記録した初等教育学科でさえ、3月入試においては3倍という極めて常識的な倍率に落ち着きました。ほかの学科を見ても、3月に関しては概ね3倍程度の倍率になっているところが多く、どちらかといえば3月のほうが敷居は低いといえそう。以上から、2月の一般入試で良い結果が出なかった場合にも、あきらめずに3月入試にチャレンジすれば東洋大に入学できる可能性は充分にあるでしょう。
次に入学試験の問題傾向ですが、基本的に奇をてらった問題は出題されていません。全科目とも、多くの受験生に支持されているような参考書を用い、標準問題集を2〜3冊仕上げれば充分に対応できるものと思われます。例えば英語の文法問題なら桐原書店発行の『英語頻出問題総演習』、通称“英頻”を繰り返し演習するだけでも充分。長文は、まずZ会発行の『速読英単語』『速読英熟語』を用いて読解力の基礎とボキャブラリ増強を図り、その上で標準的な長文読解の問題集を1冊仕上げれば、満点近く取れる可能性もあるでしょう。他教科に関しても基本的には同様。一般的とされる勉強法を継続さえしていれば、合格点を超えることは難しくありません。もちろん、使用教材などは、相性が大事ですから、一つのものに「これだけだ」ととらわれず自分との相性が良いものを見つけましょう。

ここに注目!東洋大学の入試

  • 偏差値は53〜56!首都圏ではMARCHに次ぐランクの中堅大、日東駒専に属します!
  • 倍率は4.0倍程度と高め…!学力がギリギリの場合は複数受験したほうが確実かも!
  • 教育学部初等教育学科は一般A方式の倍率が9.6倍!3月入試の方が有利かも!?
  • 入試問題は極めて標準的!標準的な参考書と問題集を暗記するまで繰り返しましょう♪

日本で唯一の講義も存在!東洋大学の特色

90%以上の就職率を誇る東洋大♪(就職率は2013年調査当時)

大学の価値を決める基準としてもっとも大きなものが就職率でしょう。ある意味、今の大学は就職予備校と考えても差し支えがない機関ですから。東洋大学なら全学部とも就職率は90%以上。大企業や公務員といった進路に進む方も多いので安心です♪

日本で唯一!?“妖怪学”講義

せっかく大学に行くのだから、高校までのように実学ばかりでなく個性的な授業も受けてみたい…という方にオススメなのが妖怪学講義の受講!東洋大設立者の井上先生は妖怪、超自然現象の研究もなさっていたことで知られ、120年ぶりに妖怪学の講義が復活したんだそうです。

ほとんどの学部が90%以上の就職率を叩きだしている東洋大学。大企業、公務員関連の就職を果たした卒業生の比率が合計44.2%である点も注目!これだけの実績を残している裏には、長期的に計画された就職対策プログラムの存在が挙げられるでしょう。OB&OG訪問の実現に向けてサポートしてくれるほか、1000社を超える企業を招いての大規模な学内会社説明会を開催!さらに1、2年の段階から就業意識を高めるための”グローバルキャリア教育プログラム”を実施し、ビジネス概論などの授業、インターンシップなどを行っています。日本航空、西武ライオンズ、三井住友銀行、あるいはタイや米国シアトルなどでの“国内外インターンシッププログラム”は人生経験としても非常に大きなものになるでしょう。さらに全新入生に自らの“社会人基礎力レベル”を把握してもらう“東洋大学自立形成力アセスメント”という授業にも要注目♪(就職率は2013年調査当時)

個性的でユニークな学校に通いたいという方にも東洋大学はオススメです!東洋大学の前身である“哲学館”で約120年前に行われていた講義がリニューアルされ“妖怪学講義”として復活を果たしました。東洋大の創設者である井上円了氏は東西思想を統合しようとした哲学者として有名で、心理学&心理療法を日本に紹介した人物なのですが…実は同時に妖怪研究のパイオニアでもあるらしいのです。井上氏の不可思議な現象を科学的に把握しようとした功績は、『ゲゲゲの鬼太郎』作者である水木しげるさんの著作で紹介されたほど。これほどユニークな授業は日本でも類を見ないでしょう。個性派大学に関心がおありなら、まさにベストの進路ではないでしょうか。

資料請求はこちら

※外部サイト

このページの先頭へ