偏差値を5段階UP!
東京経済大学
の過去問詳解!

経済系の中堅大である東京経済大学の過去問を徹底解説しています!単に問題と解答を載せるのではなく、正解に至るまでの考え方を順を追って説明していますので、受験勉強法を見直すためにも有効活用してください!(※2013年当時)

難易度の判定は、当サイト独自の基準によるもので、受験指導のプロである予備校や塾、学校などと異なることもあります。当サイトは受験のプロではないので、あくまで参考程度にとどめてください。

東京経済大学

~東京経済大学の入試問題難易度~

国語:

★★☆☆☆

英語:

★☆☆☆☆

地歴:

★★★☆☆

東京経済大学の入試問題は、全体的にそれほど難問奇問が出題されることはありません。標準か、もしくはやや易しいレベルの問題が中心です。基本的には学校で習う知識が100%身についていれば何の問題もなく合格できるでしょう。受験勉強をする上で大切なのは、基本問題を落とさないこと、その一点に尽きると思います。
特に英語の問題が易しく、一般的な学校教科書に用いられる長文と比較しても読みやすいものがほとんど。文法問題にしても『英頻』『Forest』といった大学入試のバイブル的参考書を一冊しあげれば充分です。
国語は標準~やや易しい問題といえるでしょう。センター試験の勉強がてら、標準問題集を解き、演習時に解けなかった問題を見直しながら学習を進めれば良いでしょう。もちろん、使用教材などは、相性が大事ですから、一つのものに「これだけだ」ととらわれず自分との相性が良いものを見つけましょう。
最後に地歴ですが、これだけは中堅大にしては骨のある問題が散見されます。歴史用語1つ1つをしっかりと覚え、歴史的な事件の流れを把握していないと正解にたどり着けません。センター試験レベルを超えた用語についても用語集などを用いて確認しておいてください。

英語

カッコ内の単語を並べ替えて意味の通る英文にしなさい

問1.

We don’t (it / we / for / granted / have / take / that) succeeded.

解答&詳細解説をチェック

答:We don’t take it for granted that we have succeeded.

【解説】

“take it for granted that~”で(~を当然のことだと思う)という熟語になることを知っていれば即答可能な問題。後ろの動詞succeededが過去分詞形になっていることから直前に完了のhaveを持ってくることにも気づきやすいですし、語句整序問題としては非常に取り組みやすい問題といえます。
ちなみに実際の入試では和訳がつけられていましたが、ここでは抜いています。本番では日本語つきになっていますので、さらに簡単。

問2.

The (flight / delayed / of / because / has / the / been) bad weather.

解答&詳細解説をチェック

答:The flight has been delayed because of the bad weather.

【解説】

英文法の基本が備わっていれば、和訳を考える必要はありません。定冠詞theの後ろには名詞が必要なのでflightを入れ、恐らくは主語であろうflightの次には動詞が欲しいところです。選択肢を見るとhas、been、delayedの3つが動詞候補ですが、この3つを見た時点でhas been delayedという繋げ方をすれば、完了の受動態になることは予測がつくはず。あとは“because of~”という中学レベルの熟語を知っていれば迷う箇所はありません。
なぜ入試本番でわざわざ和訳がつけられていたのか分からないほど、非常に簡単な問題。この問題を落とすようだと合格は遠くなってしまうでしょう。

問3.

That picture on the wall always (my / of / high / reminds / school / me / days).

解答&詳細解説をチェック

答:That picture on the wall always reminds me the days of high school.

【解説】

remindが第4文型の授与動詞としてSV→人→物事の形を取った場合(人に物事を思い出させる)という意味になります。第4文型はS+V+人+物の語順を取りますから、SVOOではなく、是非ともS+V人+物と記憶しておきましょう。
第4文型の正しい文構造さえ知っていれば、もはや考える必要もありません。語句整序問題としては非常に易しい部類に入ります。

問4.

I was sleeping so deeply that (room / enter / I / the / notice / anyone / didn’t).

解答&詳細解説をチェック

答:I was sleeping so deeply that I didn’t notice anyone enter the room.

【解説】

noticeは知覚動詞として第5文型を取り、その際にはSVOCのCにあたる部分に原形不定詞を置きます。これで(SはOがCするのに気づく)という意味合いになるのです。第5文型の文構造さえ把握していれば、特に迷うことはないでしょう。
ちなみに2つの節をつないでいるthatは接続詞のthatであり関係代名詞ではありません。これらの見分け方は、接続詞thatの後ろに続くのは完全な文型、関係代名詞thatに続くのは名詞が1つ不足した不完全な文型であること。先行詞が入るべき部分が空白となるため、そのような構造になるのです。関係代名詞を含む文の語句整序を行う際に役立つ知識なので、是非とも知っておきましょう。

傾向と対策

東京経済大学の英語は全体的に基本的な知識、文法を問う問題が多いです。ここでは整序問題を扱いましたが、長文や会話文、空欄補充についても傾向は同じ。基本的な慣用表現、熟語を知っていればアッサリ解ける問題も少なくありません。なので『DUO3.0』『英語頻出問題総演習』などを利用して、英語表現の基本を覚えてしまいましょう。それさえ出来ていれば、基本的な英文法を西きょうじ著『英文読解入門 基本はここだ』でまとめあげれば、合格点に達することは難しくないはずです。

世界史

次の文章を読んで問いに答えなさい

普仏戦争のあと、フランスでは新しい政治体制が樹立、1875年には新憲法も可決した。だが、この体制に不満を抱いた軍部、右翼は政治的な謀略事件を引き起こしている。そういった流れの中でも特に、反ユダヤ主義者によって起こされた事件は、世間の耳目を集めた。一方、この戦争をきっかけとして成立したドイツでは、プロイセン国王ヴィルヘルム1世がドイツ皇帝に即位。宰相ビスクマルクのもとで社会主義運動は抑圧された。だが、新皇帝ヴィルヘルム2世の代になるとビスマルクは辞職。社会主義者鎮圧法は撤廃され、社会主義運動が合法化された。こうしてドイツではドイツ社会民主党が成立し、同党は第2インターナショナルを主導、有力政党へと発展していった。

問1.

赤文字部分について、このときに発生した反ユダヤ事件の名称として適切なものを以下の選択肢から選びなさい

ア:ファショダ事件 イ:ブーランジェ事件 ウ:ドレフュス事件 エ:血の日曜日事件

解答&詳細解説をチェック

答:

【解説】

問題そのものは決して簡単ではありませんが、正解以外の選択肢に文中の場所、時代から大きく外れているものがあるため、選択肢を狭めるのは容易なはず。
「ア」のファショダ事件は、アフリカ大陸の植民地化に関連する事件。アフリカ南端のケープ植民地と北部のスエズ運河を確保してイギリス縦断政策を狙うイギリス軍と、サハラ砂漠一帯を確保してアフリカ横断政策を目指すフランス軍が、南スーダンのファショダでにらみ合い状態になった事件。圧倒的な戦力差と相次ぐ不祥事で軍内部の混乱を抱えていたフランス軍が譲歩して撤退したことで衝突は避けられ、これを契機に英仏の関係は改善へ向かうことになりました。よって、ドイツ&フランスの話題を扱う問題文とは無関係。
次に「イ」のブーランジェ事件ですが、これは第三共和政下のフランスで発生した反社会主義、反共和主義の政治運動。ブーランジェ将軍は軍部の人間なので、これが一番、正解と誤認しやすい選択肢です。
最後に「エ」の血の日曜日事件ですが、同じ名前の事件が世界各地にあるので、やや受験生にとっては悩ましい選択肢かもしれません。もっとも有名なのは、アフリカのブール戦争で大量の死傷者を出した1900年の事件、1887年にロンドンで発生した暴動、アメリカの公民権運動に関して1965年に発生した事件など。いずれにしてもフランスは無関係です。
正答となる「ウ」のドレフュス事件は、1894年、フランス参謀本部の大尉アルフレド・ドレフュスがプロイセンのスパイであるという冤罪をかけられて逮捕された事件。普仏戦争に負けてアルザス=ロレーヌを喪失、多額の賠償金を課せられたフランスは経済的に落ち込み、金融を支配するユダヤ人への憎悪感情を募らせました。その結果、ユダヤ人将校であるドレフュス大尉が濡れ衣を着せられる事件が起きたわけです。このとき、作家エミール・ゾラが「私は弾劾する」という新聞記事を一面に出し、冤罪への講義活動を展開したことも有名。この事件に関連して作家名エミール・ゾラを答えさせる入試問題も良く出題されています。

問2.

青文字部分について、皇帝ヴィルヘルム2世が推進した対外膨張政策の名称として適切なおのを選びなさい

ア:南下政策 イ:鉄血政策 ウ:文化闘争 エ:世界政策

解答&詳細解説をチェック

答:

【解説】

まず「ア」の南下政策は真冬でも凍らない港湾都市、不凍港を求めて南に領土を拡大しようとしたロシアの政策です。ちなみにロシアの南下政策はまずバルカン半島方面で行われました。バルカン半島の覇権をめぐって勃発したトルコとの露土戦争で勝利したものの、ロシアの勢力拡大を嫌った列強が圧力をかけ、南下は頓挫しました。その後、アジア側に南下の活路を求めたロシアは朝鮮半島に狙いを定めるも、同じく朝鮮半島の利権獲得を目指した日本と衝突、日露戦争が勃発するも日本海海戦でロシア海軍主力のバルチック艦隊が全滅し、形勢不利のままロシア革命が発生して終戦…事実上の敗戦で南下政策は完全に挫折しました。以上から、南下政策はドイツ皇帝とは無関係。
次に「イ」ですが、これはヴィルヘルム2世が辞任に追い込んだ宰相ビスマルクの政策。オーストリアを外して小ドイツ主義によるプロイセン主導のドイツ統一を目指した富国強兵・対外強硬策を指します。よってヴィルヘルム2世の政策ではありません。
続いて「ウ」ですが、これもビスマルクの政策に関する用語。カトリック教会が政治的な力を持たないように統御しようとしたビスマルクの動きが、プロイセン王国議会で文化闘争と呼ばれました。よって誤りです。
最後の「エ」が正解。ヴィルヘルム2世はドイツの国力を高め、ヨーロッパの主導権を握ろうと画策しました。これが世界政策、あるいは新航路政策と呼ばれるもの。若い皇帝ヴィルヘルム2世は、老人宰相ビスマルクが行った外交重視の政策を是とせず、イギリスとの建艦競争に突入、ロシアなど周辺国との軋轢を生んで孤立していったのです。もともと前皇帝時代に実権を握っていた宰相ビスマルクはフランスを孤立させ、ドイツを有利にするために周辺国を味方につけていました。ビスマルクが率いていた頃のドイツはオーストリア、イタリアと三国同盟を締結し、オーストリア、ロシアとは三帝同盟を締結。さらには歴史的に対立の多かったロシアとは個別に独露再保障条約(独露二重保障条約)を結んで、敵対国であるフランスがどの国とも同盟を結べないように画策していたのです。当時のイギリスは“光栄ある孤立”を掲げて同盟に消極的でしたから、ライバルのフランスは完全に孤立していたのです。しかしビスマルクを辞任に追い込んだヴィルヘルム2世はこのフランス包囲網を外交努力で維持することより、自国の帝国主義的な利害を重視し、外交バランスは急激に変化してしまいます。ヴィルヘルム2世は演説で「老人の時代は終わりだ!これから私はドイツという船を操縦し、新航路へと向かっていく!」などと宣言したそうですが、急激な軍備拡張は他国の不信を招きました。さらにヴィルヘルム2世はスラブ系のロシアと同盟することを快く思わず、独露再保障条約を破棄。ここに孤立していたフランスが手を差し出し、露仏同盟が成立してしまいます。さらにドイツの膨張政策に危機感をあらわにしたイギリスが孤立政策を撤回して仏露に接近、相次いで英仏協商、英露協商が締結され、イギリス・フランス・ロシアの三国協商が成立、事実上の対ドイツ包囲網が形成されたのです。ドイツ・オーストリア・イタリアとイギリス・フランス・ロシアの対立構図はそのまま第1次世界大戦へとつながり、ドイツは敗北。若きヴィルヘルム2世の世界政策(新航路政策)が招いた失敗はあまりにも大きなものとなりました。

傾向と対策

東京経済大学の世界史は、中堅大学としてはやや難しい部類に入ります。歴史上の細かい出来事について扱う問題も多く、用語の意味や出来事の流れを正確に知っていないと合格点を超えることは難しいでしょう。まずは『世界史B講義の実況中継』や『ナビゲーター世界史』といった講義型の参考書を熟読、1つのセクションを読み終えるごとに該当部分の知識を山川出版などが出している一問一答を使って定着させていきましょう。ここでは世界史の過去問を例に取りましたが、学習法自体は日本史選択であっても全く同様です。講義型参考書→一問一答問題集の流れで歴史用語をしっかりと記憶してください。

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

このページの先頭へ