高千穂大学
の合格テク
&大学の魅力紹介

東京都杉並区の中堅大、高千穂大学の受験情報を徹底公開!少しでも合格率を上げるためには何が必要なのか、しっかりと紹介しています。大学の魅力ポイントなどのコンテンツも充実♪(※2013年当時)

高千穂大学

〜高千穂大学の基礎データ〜

初年度総額:

約116万〜123万円

平均倍率:

約2.0倍

募集学科&募集定員:

商学部 商学科:230名
経営学部 経営学科:230名
人間科学部 人間科学科:90名

受験科目:

○全学部(ベスト2教科)
国語or外国語or地歴公民or数学から2科目

○全学部(英国型)
国語・外国語

○全学部(センター利用2科目型)
国語or外国語or地歴公民or数学or理科から2科目選択

○全学部(センター利用3科目型)
国語or外国語or地歴公民or数学or理科から3科目選択

○全学部(センター利用合格点公表型)
国語・外国語・地歴公民or数学or理科

高千穂大学は都内の中堅大学です。偏差値は43〜46となっており、2教科受験であることも手伝って大東亜帝国〜関東上流江戸桜クラスの併願校としても人気。ベスト2教科型の入試では国語、英語、地歴公民、数学から自由に2科目を選べるなど選択科目の自由度が高いのも大きな魅力です。
センター利用入試の募集も行っており、合格の目安となるセンターランクは50%前後。2科目から受験できるので、半分程度の問題が解ける科目は2つあれば勝機は充分。また、少しユニークな入試方式も用意されており、センター合格点公表型という方式が存在しています。これは入試直前の1月頃に大学公式サイトで合格基準を公表し、この基準に達した受験生を全員合格とするものです。事前に合格点がハッキリと分かっているため、非常に対策が立てやすいのが特徴。

受験に勝ち残るための4原則〜高千穂大学の入試傾向

  • 高千穂大の偏差値は43〜46!桜美林大、関東学院大などの併願校としても有力♪
  • ベスト2教科型入試では、国英社数の4教科から2科目を選択可能!
  • センター利用入試の合格基準は50%程度!過半数の問題が解ければ勝機あり♪
  • 合格点公表型のセンター入試では受験直前の1月に合格基準が明確に発表されます♪

最難関資格にもチャレンジ可能!高千穂大学の魅力

難関資格にもチャレンジ可能な環境♪

有名大学を出なくたって、難関資格を取得している方は大勢いるのです!こちらの高千穂大学商学部では会計コースにおいて税理士養成プログラムを開講するなど、難関資格の取得サポートも充実♪中堅大でもステップアップは充分に可能です!

海外へと羽ばたくチャンスも!?

グローバル化が進む現在、大学生の間に世界を見ておきたいという方が増えています。高千穂大学なら、海外留学や語学研修といった機会も充分ですので、将来的に国外へと羽ばたいていきたい方にもオススメです♪

高千穂大学は学力的には中堅大学かもしれません。しかし、世の中には中堅大出身でも最難関資格を取得して人が羨むような仕事に就いている方も多くいらっしゃいます!高千穂大の商学部会計コースには税理士養成プログラムというコースが用意されており、税理士試験を受けるために必要な簿記論、税法、財務諸表論といった講座を受講することができるのです♪税理士試験には大学院での学位取得によって税法2科目を免除するというシステムがありますので、大学院まで進めば最短6年での資格取得も可能!資格を取って、今後に活かしていきたい方にオススメ♪

在学中に海外経験を積んでおきたいなら、高千穂大学はきっとあなたの期待に応えてくれるでしょう。海外留学、国際ビジネスコミュニケーションセミナー、海外研修という3つのプログラムで学生の海外派遣を行っているからです。1年間の長期滞在を志しているなら、アメリカのフィッシャー大学、メリヴィル大学、ハンボルト大学で学ぶ長期留学が可能ですし、1ヶ月間の中国語研修を希望している場合は上海師範大、東呉大学で行われる研修に参加するのも良いでしょう。さらに海外での就業を目指している方は、米国での3ヶ月ビジネス研修を含むオレゴン大学の国際ビジネスコミュニケーションセミナー(IBCS)が最適です♪(情報は調査当時)

資料請求はこちら

※外部サイト

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

このページの先頭へ