四天王寺大学
の受験テク
大学の魅力も掲載♪

大阪府羽曳野市にある中堅大、四天王寺大学の受験情報を掲載しています!100%合格を勝ち取るためには、受験結果を分析することが何より重要。受験を突破するための情報収集に是非当サイトをお役立てください♪(※2013年当時)

四天王寺大学

〜四天王寺大学の基礎データ〜

初年度総額:

146万7,000円

平均倍率:

約2.5倍

募集学科&募集定員:

人文社会学部 日本学科:100名
人文社会学部 国際キャリア学科:90名
人文社会学部 社会学科:160名
人文社会学部 人間福祉学科:70名
教育学部 教育学科:240名
経営学部 経営学科:160名

受験科目:

○全学部(前期2科目、中期)
国語・面接・外国語or地歴公民or数学

○全学部(前期3科目型)
国語・外国語・面接・地歴公民or数学

○全学部(後期)
国語・外国語・面接

○全学部(センター利用1期)
外国語・国語or地歴公民or数学or理科から2科目選択

○全学部(センター利用2期)
外国語・国語or地歴公民or数学or理科

四天王寺大学は大阪府を代表する中堅大の1つ。予備校が発表している偏差値表によれば、偏差値は40〜52となっており、学部学科による難易度差がかなり大きい大学です。そのため、具体的な受験勉強の計画を立てるためにも、早期に志望学科を決定することが必要になるでしょう。
学力にそれほど自信が無く“四天王寺大に行けるなら特に学科を問うつもりがない”という場合は、偏差値40と敷居が低くなっている経営学部がオススメ。一般の倍率が1.2倍と低く、それほど競争が激しくないのも魅力です。また、偏差値こそ44と上がりますが、人間福祉学科も難易度は低め。2013年の中期日程は受験者29名のうち28名が合格していますし、後期日程に至っては受験した9名全員が合格しました。全日程を平均した倍率も1.1倍に留まっていますし、滑り止め確保を目的として受験するのに適した条件がすべて揃っています。逆に目立って難易度が高いのが教育学部。特に中学校英語コースは偏差値52と産近甲龍に迫るほどの数値をマークしているのに加え、倍率4.9倍の難関です。教育学部を狙うのであれば、模擬試験で55前後の偏差値を取れるまで勉強しておきたいところでしょう。
センター利用入試についても傾向は同じ。教育学部がセンターランク70〜76%と突出して高く、経営学部が54%と低め、人文社会学部が中間の60%台前半となっています。ただ、センターであれば科目選択の幅が広がるので、得意科目だけで受験できる分、一般より敷居が低く感じるかもしれません。

大学受験を突破するための4項目〜四天王寺大学

  • 偏差値40〜52!学部ごとの難易度差が大きいので、まずは志望学部の決定が必要!
  • 狙い目なのは経営学部!偏差値40と低めになっている上、倍率は1.2倍♪
  • また、偏差値は44まで上がるものの、人間福祉学科の2013年後期は全入でした♪
  • 基本的に、経営学部が易しく、教育学部が難関、人間社会学部が中間と覚えればOK!

車通学も可能!四天王寺大学の特色まとめ

Web出願でお得な検定料♪

インターネットによるお得な出願制度を設けている四天王寺大学。2日分の試験を1日分の検定料で受験可能であったり、1回分の検定料で2つまでの学部・学科を併願することが可能であるなど、経済的にとても嬉しい制度となっています。

広々したキャンパスへ車通学可能♪

総面積およそ19万平方メートルという広々とした敷地を有している四天王寺大学。スクールバスや自転車通学はもちろんのこと、同大では自動車通学とバイク通学が認められています。しかも、駐車可能台数はなんと1,000台以上!全国の大学でも最大規模となる駐車場を有している点は大きな魅力です。

四天王寺大学は平成26年度の入試よりweb出願をスタートさせました。Web出願の場合、どのような入試方法を採用しても郵送出願に比べて“無条件に3千円が割引される”というお得なサービスを受けることができるのです。これに加えて“1回の受験料で2回の受験が可能な制度(3万5千円引き)”や“1回の受験料で2つの学部学科を併願できる制度(最大3万5千円引き)”さらに“一般試験との併用で2日目の試験とセンター利用入試分が無料となる制度(最大5万3千円引き)”といった制度を利用すれば、大変リーズナブルに受験することができます。少ない負担で多くのチャンスが学生に生まれたということができるでしょう。

四天王寺大学では学生の自動車、バイク通学を認めています。同大学は自動車7百台、バイク6百台を収めることが可能な大型駐車場(学生専用)を有しているため、大学へ車やバイクで通学したいという学生には注目の大学と言うことができるでしょう。車通学を希望する場合には、入学時に行われるオリエンテーションへ参加する必要があるほか、登録費5百円を支払う必要があります。またバイクや自転車通学を希望する学生もオリエンテーションへ参加する必要がありますが、登録費は無料で駐車場を利用可能です。もちろんスクールバスも運行していますので、上記の乗り物を通学の足としない学生でも安心です♪

資料請求はこちら

※外部サイト

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

このページの先頭へ