島根県立大学
の魅力紹介
&入試突破法

島根県浜田市の公立大、島根県立大学に合格するための必勝法を紹介!入学試験の傾向、配点を完全に把握すれば、島県大合格への道筋は自ずと見えてくるはずです。中国地方の全受験生に贈る受験ガイド♪(※2013年当時)

島根県立大学

〜島根県立大学の基礎データ〜

初年度総額:

89万0,100円

※県内の学生は79万6,100円

平均倍率:

約2.6倍

募集学科&募集定員:

総合政策学部 総合政策学科:名

受験科目:前期:

○総合政策学部
1次:センター試験(3教科3科目)
2次:国語or外国語or地歴公民or数学

受験科目・後期:

○総合政策学部
1次:センター試験(2教科2科目)
2次:面接

島根県立大学の文系学部は総合政策学部のみ。公立大なので、センターと独自試験の2段階になっています。1次試験の目安となるセンターランクは前期65%、後期73%。前期試験は個別試験を受験しなくてもセンターだけで合否判定してもらうことが可能。後期はもともと面接のみで学科試験はありません。以上から、センター試験重視の傾向を持っていることがわかります。
センターだけで“ほぼ合格決定”という段階に持っていきたいのであれば、前期7割強、後期8割弱が目標。センター試験の参考書、過去問を早めに用意して、徹底的に対策しておきましょう。

合格を手にするための4ヵ条!島根県立大学

  • 文系の学部は総合政策学部だけ!センターランクは前期65%、後期73%です!
  • 公立大なので、5教科7科目ではありません!前期3科目、後期2科目で受験OK♪
  • 配点は完全にセンター重視!独自試験よりもセンター対策に重きを置くべきです!
  • 前期なら7割、後期なら8割を突破すれば、センターだけで合格圏に食い込めます♪

就職実績は全国レベル!島根県立大学

就職に強い大学ランキング 78位♪

2000年の大学設置より例年高い就職実績を残してきた島根県立大学。同大学の擁する総合政策学部の就職率は毎年90%以上を誇ります。有力企業400社への就職率を基に作成された“就職に強い大学ランキング100”においても同大学は78位にランクインしました。

複数回参加できる海外研修♪

島根県立大学では夏季休暇を利用して“異文化理解研修”という海外研修を実施しています。例年、アメリカ、中国、韓国、ロシアへの参加実績があり、現在では海外研修に際して奨学金が支給される制度も整いました。2年次以上であれば複数回の参加が可能です。

島根県立大学は設置以来 9割以上の就職率をキープし続けてきました。特に総合政策学部では、卸売り・小売業をはじめ、金融・保険業、製造業、公務、通信、運輸・郵便に至るまで幅広い業種が進路となっています。また、東洋経済新報社が 2012年700以上の大学に対して行ったアンケート調査等を基に作成した“就職に強い大学ランキング100”において、同大学がランクイン。94位の日本大学や93位の神田外国語大学と言った有名校、99位の新潟大学、90位の埼玉大学、81位の岩手大学と言った国立大学を凌ぎ78位という輝かしい実績を残しています。

約30日間の夏季休暇を利用して“異文化理解研修”を開催している島根県立大学。同研修は、レポート提出と合わせることで単位認定(2単位)を受けることができ、卒業に必要な単位としても認定されます。2010年度より研修に参加する学生に対して奨学金が支給されることとなり、より参加しやすい環境も整備されました。2012年には、アメリカへ行く学生へ 10万円、ロシアへ行く学生へ5万円、中国・韓国へ行く学生へ3万円が給付されています。同研修は複数回参加することが可能で、2ヶ国分の研修(4単位分)までは正式な単位としても認定されているのです。

資料請求はこちら

※外部サイト

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

このページの先頭へ