滋賀大学
に合格する秘策
大学の魅力つき♪

滋賀県彦根市の国立大、滋賀大学に合格するための受験情報詳細をお届けしています!より効率的に合格を勝ち取るためには何をするべきか…他のどのサイトよりも詳しく解説♪(※2013年当時)

滋賀大学

〜滋賀大学の基礎データ〜

初年度総額:

81万7,800円

平均倍率:

約2.8倍

募集学科&募集定員:

教育学部 学校教育教員養成課程:220名
教育学部 環境教育課程:20名
経済学部 経済学科:175名
経済学部 ファイナンス学科:60名
経済学部 企業経営学科:80名
経済学部 会計情報学科:55名
経済学部 情報管理学科:60名
経済学部 社会システム学科:70名

受験科目:前期:

○教育学部(教員養成・文系型、環境教育・文系型)
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:国語・外国語

○教育学部(教員養成・面接型)
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:外国語・面接

○教育学部(教員養成・実技型)
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:外国語・実技

○経済学部A方式
1次:センター試験(3教科3科目)
2次:外国語・国語or数学

○経済学部B方式
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:外国語・国語or数学

受験科目・後期:

○教育学部(学校教育)
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:小論文

○教育学部(環境教育)
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:面接

○経済学部(A方式)
1次:センター試験(3教科3科目)
2次:外国語・国語or数学

○経済学部(B方式)
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:外国語・国語or数学

滋賀大学は国立なので、合格を勝ち取るためにはセンター試験と独自試験の2つをクリアしなくてはなりません。教育学部の配点は、前期がセンター900点に対して2次400点、同学部後期がセンター900点に対して2次200点。経済学部は前期A方式がセンター500点に2次400点、前期B方式がセンター900点に2次400点。さらに同学部後期はA方式がセンター500点に2次1000点、B方式がセンター900点に2次1000点となっています。要するに、経済学部の後期は独自試験重視、それ以外はセンター重視というバランスになっているわけです。
前期試験のセンターランクは教育学部が62〜70%、経済学部が75%前後となっているため、教育学部の受験生は7割5分、経済学部の受験生は8割が目標。前期試験はいずれもセンター重視の配点なので、ここで合格基準+5%の得点を確保できれば安全圏ということになります。2次試験の偏差値は教育学部52〜54、経済学部57ですが、問題そのものは標準的な難易度なので、一般的な対策をしておけば充分でしょう。
次に後期のセンターランクですが、教育学部は70〜71%。こちらは7割5分の得点を確保できれば合格は堅いはず。2次試験は小論文、面接のいずれにしても得点差がつきにくい科目なので、大きなミスをしなければOK。経済学部はセンターランク75%となっていますが、2次試験の配点のほうが高いので、仮に8割をクリアしても油断は禁物。特にA方式は2次の配点が1次の倍にあたりますから、ほとんど2次試験の出来で決まるといっても過言ではありません。後期の場合、2次の偏差値が58とかなり高騰しているため、赤本を通じた徹底的な問題演習を行っておくことが必須です。

合格に向けた4つの法則〜滋賀大学

  • 配点は大半の学部&日程でセンター重視!ただし、経済学部後期は独自試験重視!
  • 特に経済後期のB方式はセンター500点に対し、2次試験1000点という極端な配点…!
  • センターランクは教育学部が70%前後、経済学部が75%前後となっています!
  • なので、教育学部受験生は7割5分、経済学部受験生は8割をクリアすれば安全圏♪

就活サポートが充実!滋賀大学の特色まとめ

ほぼ毎月行われる就活関連イベント♪

教育学部の大津キャンパス、経済学部の彦根キャンパスともに就職関連のイベントを頻繁に行っている滋賀大学。4月に行われる新入生向けのオリエンテーションでは、現在の就職情報などを詳細に解説するほか、10月には3年次を対象とした詳細なガイダンスなども開催されます。

アジアに広がる協定校ネットワーク♪

中国、韓国、台湾、タイ、ベトナムといったアジア諸国を中心に世界17大学の協定校ネットワークを築いている滋賀大学。在籍する学生全体のおよそ10%が研修や留学などの手段を用いて海外で学んでいます。さらに、同大に在籍する学生のおよそ5%が海外留学生。同大は積極的な国際交流を推進しているのです。

滋賀大学は大津・彦根の両キャンパスにてほぼ毎月就職関連のイベントを開催し、学生の就活をサポートしています。教育学部擁する大津キャンパスでは“教職実践論”“教育委員会主催・教師塾説明会””教職講演会”“教職セミナー”ほか、4,5月には“公立学校教員採用説明会”6月には“教員採用試験における面接指導”7月には“教員採用試験直前討論会”といった教育関連に特化したプログラムが目立ちます。経済学部擁する彦根キャンパスでは、新入生、2年次の学生、外国人留学生、女子学生それぞれに特化したキャリアガイダンスが催されているほか、11月には経済学部OBを招いての就職セミナーも実施されています。

佐賀大学では10ヶ国17大学と交流協定を結んでいます。具体的な協定校は、中国の湘潭大学、東北財経大学、韓国の大田大学、啓明大学、台湾の高雄海洋科技大学、国立高雄大学、ベトナムのハノイ教育大学、ハノイ国民経済大学、タイのチェンマイ大学、泰日工業大学、チェンマイラジャパット大学、プリンス・オブ・ソンクラ大学、モンゴルの人文大学、マレーシアのテナガ・ナショナル大学、アメリカのミシガン州立大学(JCMU)、メキシコのグアナファト大学、 オーストラリアのディーキン大学です。1988年にオーストラリア・ディーキン大学と初めて大学間協定を締結して以来、アジア諸国を中心とした協定校ネットワークを築いてきました。

資料請求はこちら

※外部サイト

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

このページの先頭へ