西武文理大学
の評判は?

埼玉県狭山市の中堅私大−西武文理大学の入試情報をまとめました!かつては教員とバーベキューをして作文を書く…というバーベキュー入試を行ったことで話題にもなった個性派大学ですが、現在はどのような入試方式を採っているのでしょうか?進学後の授業内容など、将来を考える上で役立つ情報も満載です。(※2015年当時)

西武文理大学

〜西武文理大学の基礎データ〜

初年度総額:

134万5,000円程度

平均倍率:

約1.7倍

募集学科&募集定員:

サービス経営学部 サービス経営学科
サービス経営学部 健康福祉マネジメント学科
※募集はサービス経営学部全体で280名
(1年次に学科を選択して2年次より所属)

受験科目:

○サービス経営学部(A日程)
国語・外国語or地歴公民or数学

○サービス経営学部(B日程)
国語・外国語or数学

○サービス経営学部(センター利用入試)
国語・外国語or地歴公民or数学

西武文理大学は埼玉県狭山市にある中堅私大です。1999年に開設された比較的新しい大学。文理大学という名称とは裏腹に文学部、理学部はどちらも設置していないので注意してください。文系学部はサービス経営学部のみで、河合塾が2015年に発表した偏差値は35.0、センター利用入試の合否ラインは52%となっています。
受験科目に特徴があり、一般入試A日程は地歴公民が世界史B限定です。当サイトでは社会科系を地歴公民とまとめていますが、日本史、地理、政治経済、倫理、現代社会での受験は不可。日本史と世界史の2択…という大学は多くありますが、世界史限定というのは珍しい部類。西武文理大学を志望しているのであれば、高校で地歴科目を選択する際、世界史を選ぶようにしてください。
また、一般入試で数学受験する場合は数学1Aのみとなっており、2Bは不要です。また、数学Aは「場合の数と確率」「図形の性質」「整数の性質」から2単元を選択する形式なので、比較的得意な2単元に絞って勉強しておけばOK。
さらに国語は一般・センター利用を問わず、すべて現代文からの出題です。古文・漢文が苦手な受験生でも問題なく受験できますので、その点は安心ですね。
次にセンター試験利用の入試に関してですが、こちらは国語が必修というだけで他科目の選択に関して自由度が高くなっています。例えば地歴公民からは世界史A・B、日本史A・B、地理A・B、政治経済、倫理、現代社会が選択可能。得意科目を選択すれば、合格率を大きく上げることができるでしょう。

西武文理大学の評判&ポイントを紹介!

  • 河合塾が公表する偏差値は35.0!
  • 一般入試のA日程で地歴を選択する場合、世界史Bが必修!日本史受験はできないので注意!
  • 一般入試を数学受験する場合、範囲は1Aのみ!数学Aは2単元を選択する形式です!
  • 一般・センター利用を問わず、国語は現代文だけ!古典は苦手でも大丈夫です!

西武文理大学のオススメポイントを紹介♪

1年次に丁寧な基礎教育!

西武文理大学のサービス経営学部は2年次で学科選択を行いますので、1年次は学部生全体が同じ内容を学びます。1年の間は担任制なので、特定の教員が1年継続して指導してくれるのが特徴。西武文理大学はインターンなどの実践的授業が多いので、何かあった時に相談しやすい環境が整っているのは嬉しいポイントと言えるでしょう。

・目標に合わせて学ぶジャンルを選択可能!

サービス経済学科では自分の目標に合わせて、コース、サブコースを選択することができます。例えば旅行業務取扱管理者を目指すならホスピタリティ・ツーリズムコースに進んでサブコースにツーリズムを選択。販売士検定を取得してイベント運営業を目指すならサービス・マネジメントコースに進んでサブコースにサービス・マーケティングを…といった具合です。

福祉系、健康系の進路にも強い!

社会福祉マネジメント学科には、社会福祉系の資格を目指せる社会福祉コース、インストラクターやカウンセラーを目指せる健康サービスコースが設置されています。高齢化が進む現代では福祉系資格がにわかに重要性を帯びていますし、予防医療がもてはやされる中で心身の健康維持に携わるサービス業も需要増が見込まれています。いずれも、現代の就職戦線を戦いやすい分野なので、将来に繋がりやすい学科と言えそうです。

2015年には驚異の就職率99%を記録!

就職活動が大学のすべて…とまでは言いませんが、やはり将来を決定づける人生の一大イベントであることは間違いありません。その点、西武文理大学のサービス経営学科は驚異の就職率99%を記録しており、かなり安心感があると言えるでしょう。一流企業に進んだ卒業生も多いので、就活重視で大学選びをする人にオススメです。

サービス経営学部では入学後に学科、コースを選択することが可能です。サービス経営学部の1年生はまずサービス・ホスピタリティの基礎を学び、就業体験を経て、2年進級に伴って学科を選択します。1年次前期はコミュニケーション、他者理解に関する基礎力を養い、後期にインターンシップ…というカリキュラム。インターンでは東京国際映画祭への参加、結婚式プロデュース、イベント運営などを行い、ホスピタリティの精神を養います。密度の濃い授業ばかりなので大変なこともあるでしょうが、1年次は担任制となっており、指導教員が固定されているため、困ったことがあれば随時相談することが可能。面倒見がよく丁寧に指導してもらえるので、インターンなどの実習にも不安なく取り組むことができるでしょう。

2年次にサービス経営学科を選択した場合、さらにホスピタリティ・ツーリズムコース、サービス・マネジメントコース、グローバル経済コースの3コースから自分の専攻を選ぶことになります。ホスピタリティ・ツーリズムコースでは旅行業(ツーリズム)、ホテル・フード、ブライダル、メディアという4分野から目指す進路に適合したジャンルを学ぶことが可能。サービス・マネジメントコースではサービス業で新たなメソッドを創出するサービス・イノベーション、経営管理法を学ぶサービス・マーケティングから選択。そしてグローバル経済コースでは、日本のサービスを世界展開するグローバル経済、地域の経済を活性化する都市・地域経済の2分野を学べます。どのようなサービスを展開したいか…、自身の目標に合わせて自分の専門ジャンルを決められるのが西武文理大学の強みです。

社会福祉マネジメント学科に進級した場合、社会福祉コースと健康サービスコースから専攻を選ぶことができます。社会福祉コースでは社会福祉士国家試験を目指す社会福祉士のサブコース、医療事務や介護職員初任者を目指す生活支援のサブコースに分かれているので、目標に合わせて選択可能。対して健康サービスコースでは、スポーツインストラクターなどを目指す健康・スポーツのサブコース、カウンセラーなどを目指す心理・セラピーのサブコースが存在します。介護・福祉系は高齢化に伴う需要増が見込まれる業界ですし、健康系の仕事も根強い人気がありますから、いずれも就職に直結しやすい分野と言えるでしょう。

2015年3月に西武文理大学のサービス経営学部を卒業した卒業生の就職率は、なんと99.0%!就職難の現代においては驚異的な数字と言えます。大学公式サイトで発表されている主な進路を確認してみると、就職先には有名企業がズラリ…!サービス・ツーリズム系なら帝国ホテル、プリンスホテルズ&リゾーツ、パークハイアット東京、星野リゾートといった有名ホテルの他、目黒雅叙園やアニヴェルセルなども。交通系では小田急電鉄、JR東日本、金融では三井住友フィナンシャルグループ、りそなホールディングスなど一流企業も多く、県警、警視庁など公務員系に進んだ人もいます。民間企業、公務員とも実績は十分といえるでしょう。

資料請求はこちら

※外部サイト

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

このページの先頭へ