大谷大学
の攻略法
大学の魅力&入試テク♪

京都市北区にある中堅大、大谷大学の入試を突破するための受験情報を解説!学力中位層の受験生から人気の谷大に受かるには、どんな対策が必要!?あらゆる疑問が当サイト1つで解決します♪(※2013年当時)

大谷大学

〜大谷大学の基礎データ〜

初年度総額:

約123〜138万円前後

平均倍率:

約1.4倍

募集学科&募集定員:

文学部 真宗学科:70名
文学部 仏教学科:60名
文学部 哲学科:60名
文学部 社会学科:100名
文学部 歴史学科:100名
文学部 文学科:70名
文学部 国際文化学科:100名
文学部 人文情報学科:100名
文学部 教育・心理学科:100名

受験科目:

○文学部(1期3教科)
国語・外国語・地歴公民

○文学部(1期2教科、2期)
国語・外国語

○文学部(センター利用)
国語・外国語・地歴公民or数学

大谷大学は産近甲龍の併願校としても人気の中堅大学です。いわゆる摂神追桃と同ランクに属しており、細かいことを言えば、追手門大、桃山学院大より上、摂南大、神戸学院大より下…といった位置づけになるでしょう。偏差値で見ると44〜51となっており、学科ごとの難易度差が大きいながら、基本的には中堅中位〜下位の私大という認識で構わないと思います。
難度が突出して高いのは偏差値51の国際文化学科と教育心理学科で、これら2つに限って言えば、産近甲龍の下位クラスとほとんど変わらないレベル。逆に合格しやすいのは偏差値45の哲学科です。特に一般入試の2期、センター利用の後期は2013年に受験者全員が合格しており、滑り止め確保を目的としている方にとっては狙い目。ちなみに、難度だけであれば、同44の真宗学科、仏教学科がより易しいのですが、宗教系学科は極めて特殊性が高いため“偏差値が低くて受かりやすいから受けてみよう”という性質のものではありません。
また、一般には2科目と3科目の受験方式が存在していますが、これは2科目を選択したほうが有利なようです。普通は科目数が少ないと、それだけ1つの科目で取るべき点数が上昇し、結果、偏差値が上がる傾向にあるのですが、大谷大の場合は科目数にかかわらず偏差値はほぼ同じ。科目ごとの難易度が同じであれば、科目数の負担が少ない2科目受験のほうが有利ということになります。

大谷大学に合格する4つのポイントとは!?

  • 偏差値は44〜51程度!摂神追桃と同じ難易度なので、産近甲龍の滑り止めに最適!?
  • とはいえ、偏差値51の国際文化学科&教育心理学科は産近甲龍の下位学部と同程度…!
  • 逆に学力に不安があっても挑戦できるのは、偏差値45と易しめの哲学科♪
  • 科目数に関わらず、予備校の基準偏差値はほぼ同じ!科目負担が減る2科目が有利♪

資格取得を極めた中堅大!大谷大学の2大特色

役立つ資格の取得を目指せる♪

大谷大学では授業の履修によってキャリアアップに繋がる数々の資格の取得を目指すことが可能です。学芸員や司書、各教員免許といった実際の就職活動で役立つものから“真宗大谷派教師・学階”といった非常に珍しいものまで取得可能な数々の資格が揃っています。

世界12ヶ国の交流協定校がある♪

大谷大学は、中国、韓国、ベトナム社会民主主義共和国、モンゴル、イギリス、ドイツ、フランス、オーストラリア、アメリカ、カナダほか、ハンガリーやスリランカと言った比較的珍しい国々も含め、世界12ヶ国の教育機関と協定関係を締結しています。

取得可能な資格が多岐にわたっている大谷大学。文学部の各学科“音楽学科、仏教学科、哲学科、社会学科、歴史学科、文学科、国際文化学科、人文情報学科、教育・心理学科”に共通して取得可能な資格は、“中・高校の教諭一種免許”“学校図書館司書教諭”“図書館司書”“文書情報管理士2級”“ファイリングデザイナー3級”“真宗大谷派教師”“真宗大谷派学階”“社会教育主事任用資格”“社会福祉主事任用資格”“博物館学芸員”“初級スポーツ指導員”となっています。また、同学部の教育・心理学科に限っては上記以外にも“幼稚園・小学校教諭一種免許”“認定心理士”の資格が取得可能です。

大谷大学が協定関係を結んでいる教育機関は“韓国”の東西大学校、東国大学校、京畿大学校観光教育院、“中国”の東北師範大学、中央民族大学チベット学研究院、首都師範大学、浙江財経大学、中国社会科学院歴史研究所、“モンゴル”のモンゴル国立大学、“ベトナム”のベトナム社会科学アカデミー、“スリランカ”のケラニア大学、“ドイツ”フィリップス・マールブルク大学、“イギリス”のグロスタシャー大学、カンタベリー・クライスト・チャーチ大学、“フランス”のフランス国立高等研究院、“ハンガリー”のエトヴィシ・ロラーンド大学、“オーストラリア”のディーキン大学、ボンド大学、“アメリカ”のカリフォルニア大学アーバイン校、“カナダ”のオカナガンカレッジ、トンプソン・リヴァーズ大学となっています。

資料請求はこちら

※外部サイト

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

このページの先頭へ