偏差値55突破を目指すには
日本大学
の過去問をリサーチ!

こちらでは日本大学をはじめ偏差値55程度の中堅大を目指す受験生のために過去問の解説を行っています!単に過去問と解答を掲載するのではなく、どのような問題にどのような解法が適しているのか、受験勉強の神髄をお伝えしてまいりますので是非、ご一読ください♪(※2013年当時)

難易度の判定は、当サイト独自の基準によるもので、受験指導のプロである予備校や塾、学校などと異なることもあります。当サイトは受験のプロではないので、あくまで参考程度にとどめてください。

日本大学

~日本大学の入試問題難易度~

国語:
★★☆☆☆
英語:
★★☆☆☆
地歴:
★★☆☆☆
日本大学は偏差値50台前半の学部学科が中心となっている中堅大です。そのため、どの科目に関しても難問奇問のたぐいはほとんど出題されません。ごく稀に難問が1~2問ほど混じっていることがありますが、解けなくても合否には影響しないので、変に惑わされず、標準問題を確実に解く力を身につけてください。 難関大学では思考力を問う問題の比率が多くありがちですが、日大の場合は知識だけで解ける問題のほうが多いくらいです。受験当日まで地道な努力を続ければ、誰でも合格点を取ることができます。センター試験と同じレベルの問題も多く見られるので、センター対策がそのまま日大の受験対策として活用できることも多いです。是非、センター試験を受験して、センター利用と一般入試を両にらみの上、合格を目指してください。

英語

次の英文を成立させるために、空欄を補充する適切な単語を選びなさい
問1.
Hot (  ) it is today, we must go out.
  • ア:as
  • イ:because
  • ウ:however
  • エ:since
解答&詳細解説をチェック
答:
【解説】
“形容詞or副詞 as it is”(~だけれども)という表現を知っていれば即答できる問題です。ただし、仮に熟語としての表現を知らなくとも、高確率で正答可能。まずhoweverが前半部に出るとすればNo matter howと書き換え可能な複合関係副詞になるはずで、今回は後ろがit is todayなので不自然。よって「ウ」を選ぶ人はいないでしょう。さらに「エ」のsinceは接続詞として用いた場合に意味が通らないのに加え、主語であるitに前置詞がつくことはあり得ないので、いずれにしても選べません。最後に「イ」のbecauseですが、becauseは一般に節の頭で使うのでHotの後ろには置きづらいはず。となれば、例外的な用法の多いasを消去法で選ぶことも出来そうです。
問2.
She (  ) come here yesterday, but she walked away very soon.
  • ア:may
  • イ:should
  • ウ:has
  • エ:did
解答&詳細解説をチェック
答:
【解説】
まず、前半部にyesterdayと書かれている以上、過去形になっていない選択肢は入りません。よって「ア」のmayと「ウ」のhasは問題外。さらにshouldを過去のことについて用いる場合、should have p.p.(過去分詞)の形になりますから「イ」もあり得ません。となれば、消去法でdidしかあり得ないので答は「エ」になります。 ちなみにこのdidは強調の助動詞doの過去形。あまり見かける頻度は高くありませんが、肯定文でdoを用いる可能性があることを知っておきましょう。
問3.
Please forgive me for having kept you (  ) all the while.
  • ア:wait
  • イ:waited
  • ウ:waiting
  • エ:to wait
解答&詳細解説をチェック
答:
【解説】
keep+人(O)+状態(C)の第5文型で用いる場合、補語となる部分に動作を入れたければing形にします。なので、この熟語的表現を知っていれば即答できるはず。 仮に知らなかったとしても、第5文型ではO=Cの状態あるいはOとCが主語述語の関係になるわけですから「イ」のwaitedはあり得ません。待っていた張本人はyouですから、受け身の意味を持つ過去分詞にする理由はないはずです。次に「ア」のwaitですが、keepは使役動詞や知覚動詞のたぐいではないので原形不定詞を取る可能性は皆無。最後、迷うとすれば「エ」のto waitですが、to不定詞は未来志向の意味を持つので「~のままにしておく」という第5文型のkeepを用いている以上、やや不自然なのが分かると思います。以上から、熟語としてのkeep+人+ing形を知らなかったとしても解答できる余地はあるでしょう。
傾向と対策
日本大学の英語に関していえば、熟語表現を知っていれば一瞬で答が出る知識問題の占める割合が大きいといえます。ただ、仮に熟語を知らなくても文法ルールにあてはめて考えれば正答を導き出せる例が多く、思考力と知識量のいずれかがあれば突破できる問題が中心です。ただ、熟語の含まれる問題に関しては知っていれば時間を使わずに即答できるので、やはり知っているに越したことはありません。単語力、熟語力を増強するためには『DUO3.0』『英語頻出問題総演習』といった参考書をひととおり覚えてしまうのが一番でしょう。難解な構文解釈を要する英文はまず見かけないので、知識量で押してしまうのが早道。

政治経済

次の問題に答えなさい
問1.
アメリカ合衆国の大統領制について正しい記述を選びなさい
  • ア:大統領は行政府の長で、議会への法案提出県および議会の解散権を持つ
  • イ:大統領は直接選挙で選ばれ、任期は4年、再任の場合は2期8年まで続けられる
  • ウ:連邦裁判所は議会、大統領に対して強い独立性をもち、違憲立法審査権を持つ
  • エ:連邦議会は立法権、予算議決権を持つが、大統領が拒否した法案の再可決はできない
解答&詳細解説をチェック
答:
【解説】
まず、米大統領は議会の解散権もありませんし、法案提出権もありません。日本では首相が衆議院を解散することがありますが、日本とアメリカは制度が違います。さらに行政府の長は大統領首席補佐官であり、大統領本人ではないのです。よって「ア」は誤り。そして、大統領選挙の盛り上がりを見ていると勘違いしてしまいがちですが、アメリカ大統領選挙は直接選挙ではありません。国民は大統領選挙人を選んでいるだけで、実際に大統領選挙に投票するのは国民に選ばれた“選挙人”です。したがって大統領は間接選挙によって選ばれているわけで「イ」も誤りです。最後に「エ」ですが、大統領は議会を通った法案に対する拒否権を持っており非常に強大な権限を有していますが、上院下院の両院が2/3以上の多数で再可決した場合、大統領が署名しなくても法案は成立します。以上から、正しい記述は「ウ」です。
問2.
イギリスの議院内閣制についての正しい記述を選びなさい
  • ア:上院(貴族院)には最高司法機関の役割があり、違憲立法審査権を持つ
  • イ:選挙制度としては政権交代が比較的容易な比例代表制を採用している
  • ウ:政権を担当できない野党は“影の内閣”を組織し、次期政権担当の準備をする
  • エ:立法機関である議会は上院(貴族院)と下院(庶民院)からなり、上院が優越する
解答&詳細解説をチェック
答:
【解説】
上院が最高司法機関の役割を持っていたことがあるのは事実ですが、2009年にイギリス最高裁判所が設置され、上院は最高司法機関としての役割を失いました。よって「ア」は誤りです。次に選挙制度ですが、イギリスは比例代表を用いていません。選挙は単純小選挙区制によって行われています。ちなみに日本の衆議院は双方を用いる小選挙区比例代表並立制。なので「イ」も誤り。最後に「エ」ですが、イギリス議会では下院(庶民院)が優越します。日本でも下院に相当する衆議院が上院相当の参議院に優越していますね。なので「エ」も誤りです。正しい記述は「ウ」のみ。影の内閣は英語でシャドー・キャビネットと呼ばれ、にほんでも麻生政権時の野党・民主党が“次の内閣”を組織していましたね。ちなみにこれは選挙戦を戦うためのツールであり、何ら実権は持ちません。
問3.
日本における“身体の自由”について正しい記述を選びなさい
  • ア:犯罪捜査のための逮捕は、現行犯を除いて裁判官発行の礼状が必要である
  • イ:日本国憲法は刑事被告人に弁護士を依頼する権利を保障していない
  • ウ:現在、警察の留置場を拘置所の代わりに用いる代用監獄制度はなくなった
  • エ:日本国憲法は残虐な刑罰を禁止しておらず、従って死刑制度も存続している
解答&詳細解説をチェック
答:
【解説】
まず、日本国憲法は“いかなる場合にも、資格を有する弁護人を依頼することができる”と定めているので「イ」は誤り。次に代用監獄制度ですが、問題視はされているものの現在も存在していますので「ウ」も誤りになります。最後に、日本国憲法第36条で“拷問および残虐な刑罰の禁止”が定められており「エ」も誤りです。日本においては死刑を残虐な刑罰と見なしていないので、存続しているだけ。よって正しい記述は「ア」のみになります。
傾向と対策
ここでは政治経済を扱いましたが、地歴についても傾向は同じ。すべて標準問題で構成されており、中にはトップレベルの高校受験生であれば中学生でも解けるのではないか…と思われる問題もちらほら見受けられます。従って、基本的な知識を確実に抑えておけば合格点を取ることは容易でしょう。一問一答形式の問題集を繰り返し解き、用語の意味、制度の内容をハッキリと説明できる程度まで定着させれば9割超えも夢ではありません。山川出版などから発売されている一問一答、標準問題集を用いて知識を定着させていきましょう。

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

このページの先頭へ