新潟大学
の受験必勝法&大学の魅力

新潟市西区にある国立大、新潟大学の受験情報について紹介しています。偏差値、倍率といった数字データはもちろんのこと、新潟大学にの特徴まとめなど受験校を選んでいる段階の方にとっても役立つ情報が満載♪(※2013年当時)

新潟大学

〜新潟大学の基礎データ〜

初年度総額:

81万7,800円

平均倍率:

約2.5倍

募集学科&募集定員:

人文学部:225名
教育学部 学校教員養成課程:220名
教育学部 学習社会ネットワーク課程:45名
教育学部 生活科学課程:15名
教育学部 健康スポーツ科学課程:30名
教育学部 芸術環境創造過程:60名
法学部 法学科:180名
経済学部 経済学科:160名
経済学部 経営学科:105名

受験科目:前期:

○人文学部
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:国語・外国語・地歴or数学

○学校教員養成課程(学校教育学、教育心理学、特別支援教育)
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:国語or外国語or数学から2科目選択

○学校教員養成課程(国語、社会科、英語)
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:国語・外国語

○学校教員養成課程(技術科)
1次:センター試験(5教科7科目)
2次:数学・理科

○学校教員養成課程(家庭科)
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:数学・億語or外国語

○学校教員養成課程(保健体育)
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:実技

○学校教員養成課程(音楽、美術)
1次:センター試験(5教科5科目)
2次:実技

○学習社会ネットワーク課程
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:総合問題

○生活科学課程
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:数学・国語or外国語

○健康スポーツ科学課程
1次:センター試験(5教科5科目)
2次:実技

○芸術環境創造過程
1次:センター試験(3教科3科目)
2次:実技

○法学部
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:外国語・小論文

○経済学部1型
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:国語・外国語・数学

○経済学部2型
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:国語・外国語・数学

受験科目・後期:

○人文学部、経済学部1型
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:総合問題

○学校教員養成課程(学校教育学、教育心理学、特別支援教育、国語、社会科、英語)
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:なし

○学校教員養成課程(技術、家庭科)、生活科学課程
1次:センター試験(5教科7科目)
2次:なし

○学校教員養成課程(保健体育)
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:面接

○学習社会ネットワーク課程、法学部
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:小論文

○健康スポーツ科学課程
1次:センター試験(5教科5科目)
2次:面接

○芸術環境創造過程
1次:3教科3科目
2次:面接

○経済学部2型
1次:センター試験(5教科7科目)
2次:総合問題

新潟大学は国立大ですので、センター試験は原則として5〜6教科7科目。センターランクは学科によって大きく異なり、人文学部や法学部、教育学部学校教育課程の一部コースでは70%を超えている一方、経済学部では68%程度となっています。ただ、全体としては67〜72%の範囲内にほぼ収まっていますので、センターで7割5分を取ることができれば2次試験を優位に進められるでしょう。
2次試験でも3科目の学科試験が課される学部が多く、実質的には旧帝大の北大、九大とほとんど変わらない難易度になっています。偏差値的にも法学部が61、人文学部が58、教育学部が50前半〜後半、経済学部が54〜56と総じて高め。法学部、人文学部、教育学部の人気学科については完全に旧帝大レベルといえます。過去問演習をする際には新潟大の問題はもちろん、北大、九大、東北大といった旧帝大の過去問にもあたっておくと良いでしょう。

新潟大学受験ガイド〜4つのポイント

  • センター試験は5〜6教科7科目!科目数が多いので入念な準備が必要です!
  • センターランクは70%前後!2次試験を有利にするためには75%以上の得点率が必要!
  • 2次試験の偏差値は60前後となっており、難易度は旧帝大とほとんど変わりません!
  • 特に難度の高い人文学部、法学部、教育学部を受ける場合、旧帝の過去問も解いておくこと!

特徴まとめ〜新潟大学の強みとは?

新潟大は歴史と伝統の根付く大学♪

今でこそ47都道府県すべてに国立大学が設置されていますが、かつては全地域に大学があったわけではありません。こちらの新潟大は戦前から存在していた歴史ある大学の1つ。1922年から続く旧官立大学として、今でも北陸の代表的な大学として知られていますね。

国際交流に関心があるなら新潟大がオススメ!

新潟大学は9ヶ国20大学と大学間協定を結んでおり、交換留学などの国際交流を行っています。アメリカや東アジアはもちろん、東欧、オセアニアの大学とも協定を締結していますので、そういった地域に興味があるなら新潟大は最高の環境ではないでしょうか?

新潟大学の前身は1922年に設立された新潟医科大学。この時期に設立された旧官立6医大は、今でも地域の代表的な大学として名をとどろかせています。新潟大学以外には、岡山大、千葉大、金沢大、長崎大、熊本大が該当。いずれも旧帝大に次ぐランクの上位国立大として多くの受験生からあこがれの的になっています。歴史のある大学ほど国から優遇されやすいのは紛れもない事実であり、実際、全国に86設置されている国立大学の中で14番目に多い175億900万円の交付金を受けている新潟大学。今後も、北陸屈指の学術機関として、発展を遂げていくことでしょう。

新潟大学が大学間協定を結んでいる大学は20校にのぼります。ここではその一例をご紹介しましょう。まずはアメリカのミネソタ大学、イリノイ大学シカゴ校、オレゴン大学といった大学、さらにカナダのアルバータ大学、イギリスのブリストル大学、シェフィールド大学、オランダのワヘニンゲン大学といった欧米の大学が挙げられます。アジアでは、中国の北京大学や中央民族大学、韓国の漢陽大学など。日本の大学との提携校としてやや珍しい地域としては、東欧クロアチアのスプリト大学、オーストラリアのシドニー工科大学なども提携校に含まれます。(情報は調査当時)

資料請求はこちら

※外部サイト

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

このページの先頭へ