桃山学院大学
受験詳細&魅力ポイント

大阪府和泉市の中堅私大、桃山学院大学の受験情報をどこよりも詳しく紹介しています!何としても摂神追桃以上の大学に受かりたい…という受験生は必見。桃大合格への合格を目指しましょう♪(※2013年当時)

桃山学院大学

〜桃山学院大学の基礎データ〜

初年度総額:

125万9,000円

平均倍率:

約2.2倍

募集学科&募集定員:

国際教養学部 国際教養学科:270名
社会学部 社会学科:250名
社会学部 社会福祉学科:100名
法学部 法学科:200名
経済学部 経済学科:350名
※そのうち中国ビジネスキャリアコース20名
経営学部 経営学科:265名

受験科目:

○全学部(A方式、B前後3教科)
国語・外国語・地歴公民or数学

○全学部(B前後2教科)
外国語・国語or地歴公民or数学

○(センター利用B1+C1)
国語or外国語or地歴公民or数学or理科+独自試験の英語

○(センター利用B2+C1)
国語or外国語or地歴公民or数学or理科+独自試験2教科

○(センター利用C方式3科目)
外国語・国語or地歴公民or数学or理科から2科目選択

○(センター利用C方式2科目)
外国語・国語or地歴公民or数学or理科

桃山学院大学は摂神追桃と呼ばれる関西中堅大群の一角。代々木ゼミナールが発表している偏差値によれば、44〜47となっており、摂神追桃の中ではもっとも敷居が低くなっています。産近甲龍のほか、摂南、神戸学院の滑り止めとして検討しても良いでしょう。
センター利用入試の場合、54〜60%程度が合格ライン。過去問で安定して6割を超えているようなら、合格できる可能性は充分だと思います。2科目から受験可能なので、センターで滑り止めを確保してしまいたい…という受験生にもお勧めです。
学科にこだわりがなく、桃学への進学を第一希望と考えている場合は経済学部の中国ビジネスキャリアコースを受験してみると良いかもしれません。偏差値44と他学科に比べて難易度が下がるため、学力に不安がある方でも合格できる可能性充分です。
ちなみに一般A方式では3科目のうち最高得点の科目を2倍して採点する方式を採用。さらにB前後3教科の入試では一般的な採点、最高得点科目を倍にする高得点重視型の双方が採用されています。

桃山学院大学受験の極意〜ポイント4ヵ条

  • 偏差値44〜47!摂神追桃の中でも敷居が低いので、併願先を探している方に最適!?
  • センター利用の場合、合格の目安は50%台半ば!6割を超えれば合格圏です♪
  • 狙い目は経済学科の中国ビジネスキャリアコース!偏差値44なので滑り止めにオススメ♪
  • 一部日程で最高得点科目の点数を2倍する方式を採用!得意科目がある方は検討してみては?

奨学金制度が充実の中堅大!桃山学院大学

リーズナブルなエコ出願♪

桃山学院大学はエコロジーの観点からインターネット出願を推進してきました。1日24時間受け付けを実施しているほか、入試のかかる受験料が大幅に安くなる割引制度が適応されることも。新入生の皆さんも是非利用してみましょう!

報奨型&経済支援型の奨学金制度♪

“報奨型”と“経済支援型”の2種類の奨学金制度を用意し学生生活を支えている桃山学院大学。いずれも返済不要な給付型の奨学金が多いため、経済的には大変助かること間違いなし!留学時や家計の急変時など利用できるチャンスも多いことでしょう。

平成12年より省エネ、省資源に取り組んできた桃山学院大学。それと併行して進められてきた“エコ出願”では、紙媒体での出願にかかるコストや環境への負担を削減するだけでなく、出願料が大幅に割引になるメリットも。例えば、同大の“B方式”と“センター試験利用のC方式”を利用して2学科を出願した場合、通常6万5,000円かかる受験料がエコ出願では5万3,000円に割引されます。受験のチャンスが12回もあるため、大変おトクということができるでしょう。出願期限が紙媒体よりも長く、24時間受け付けていますのでエコ出願の利用がオススメです。

桃山学院大学は、学業や課外活動で優秀な成績を収めた学生に対する“報奨型奨学金”と、遠方出身の学生や経済的に困難な事由を抱えた学生を対象とした“経済支援型奨学金”を給付して円滑なキャンパスライフをサポートしています。前者は、入学試験の成績優秀者、課外講座について意欲的である成績優秀者、資格試験合格者、法科大学院入学者、各種留学プログラムの参加者、あるいは学業成績の優秀者などを対象に返済不要な奨学金を支給。また後者では、遠方地出身の優秀な学生に対して年額30万円、また相応の事由により経済的な困難に陥った学生に対して、1学期分の授業料が給付されます。(情報は調査当時)

資料請求はこちら

※外部サイト

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

このページの先頭へ