明治学院大学
合格の秘訣&大学の魅力

こちらでは東京都港区の人気私大、明治学院大学の受験知識をまとめています!学費、偏差値、受験科目といった基本情報だけでなく、大学の魅力ポイントとして、大学独自の取り組み等々…しっかりと情報が満載♪(※2013年当時)

明治学院大学

〜明治学院大学の基礎データ〜

初年度総額:

約122万〜145万円前後

平均倍率:

約2.9倍

募集学科&募集定員:

文学部 英文学科:200名
文学部 フランス文学科:105名
文学部 芸術学科:140名
経済学部 経済学科:290名
経済学部 経営学科:180名
経済学部 国際経営学科:140名
社会学部 社会学科:230名
社会学部 社会福祉学科:240名
法学部 法律学科:280名
法学部 消費情報環境法学科:175名
法学部 政治学科:120名
国際学部 国際学科:220名
国際学部 国際キャリア学科:50名
心理学部 心理学科:160名
心理学部 教育発達学科:100名

受験科目:

○英文学科(A日程)、政治学科(A日程)
国語・外国語・地歴公民

○文学部(全学部日程)フランス文学科、芸術学科(A日程)、経済学部(全学部日程、A日程)、社会学部(全学部日程、A日程)、法律学科(A日程)、消費情報環境法学科(A日程)、法学部(全学部日程)、国際学部(全学部日程、A日程)、心理学部(全学部日程、A日程)
国語・外国語・地歴公民or数学

○社会福祉学科(B日程)、法律学科(B日程)、消費情報環境法学科(B日程)、教育発達学科(B日程)
外国語・小論文

○政治学科(B日程)
外国語

※センター利用入試は煩雑なので割愛

首都圏で人気を集める大学の1つ、明治学院大学は大半の学部が偏差値56〜58程度となっておりMARCHクラスと比較しても全く遜色がないほどです。知名度こそMARCHに劣りますが、実力的には上位私大の中心的存在といっても過言ではないでしょう。
やや狙い目といえる学科は偏差値53の文学部フランス部学科や偏差値54の文学部芸術学科、社会学部社会福祉学科あたりでしょうか。大半の学科が50台後半となっている中、中堅上位クラスの難易度となっています。
ただ、明学大は英語の入試問題がやや特殊なので注意してください。2013年文学部の過去問を見てみると、大問3では“次の英文を200文字以内の日本語で要約しなさい”という問題が出題されています。英文自体はそれほど難解な構文を含んでいませんし、語彙レベルも中程度ですが、正確に要約するのは容易ではありません。全文を頭の中で和訳した後に主旨だけを分かりやすくまとめる必要があるので、英語力と同時に一定の国語力も要求されることになります。さらに大問4では“Fewer and fewer Japanese students are studying abroad these days. Why is that? What should the government do about that? という主題で100〜150wordsの英文エッセイを書きなさい”という問題が出ました。要するに“海外で学ぶ日本の学生がどんどん少なくなっているのはなぜか、この問題について政府は何をすべきか”という問いに対する答を英語で記述するわけです。ちょっとした小論文にも匹敵する内容を英語で書くわけですから、単純な英作文とは比較にならない難易度といえます。こういった問題に対応するためには学校の先生に協力してもらうなどして、答案を添削してもらうことが必要になるでしょう。明学大を受けるのであれば、少しでも早いうちから対策を行うことが必須となります。
ただ、怖じ気づく必要はありません。明学は英語の難易度が高い代わりに、他の科目が易しくなっています。例えば国語は現代文の読解量が非常に少ないですし、古文も平易です。2013年に出題された古文は『宇治拾遺物語』で、これは高校受験でも出題されることのある読みやすい文章。英語さえ克服できれば、合格の可能性は充分にあるのです。

受験のポイント〜明治学院大学合格の4ヵ条

  • 偏差値はおおむね50台後半!MARCHにも匹敵する首都圏の上位大学です!
  • 狙い目は文学部仏文科、芸術学科、社会学部社会福祉学科!偏差値53〜54と易しめ♪
  • 明学は英語の問題傾向に特徴あり!英文の要約、英文エッセイの執筆が頻出!
  • その代わり、国語の問題が非常に易しいので勉強時間を英語に回せば勝機はあるでしょう。

大学の特徴はどんな感じ?明治学院大学の取り組み

高齢化時代を生き抜く資格取得が可能♪

日本は2007年に高齢者の人口割合が21%を超え、超高齢社会へと突入しました。そのため、現在は高齢者のケアに携わる国家資格を持った人材需要が非常に高騰しているのです。こちらの明治学院では、高齢者ケアにおいて重要な役割を占める三福祉士の資格を狙うことが可能♪

海外との交流が非常に活発♪

明治学院大学はミッション系大学のご多分に漏れず、非常に国際交流が活発です!海外の大学と国際学術交流協定を行っているのはもちろんのころ、国際学部国際学科では海外インターンシップ制度も採用♪学生のうちに海外へと羽ばたきたいなら最善の環境といえます!

高齢化が進む昨今、福祉資格を持つ人材需要は高まる一方。明治学院大学の社会学部社会福祉学科では社会福祉士、精神保健福祉士の国家試験受験資格を得ることが出来ますので、卒業後の就職に不安はありません。ネックになるとすれば、在学中に得られるのが受験資格のみということでしょうか。福祉士の資格を正式に取得するためには最終的に国家試験に受からなければなりません。とはいえ、明学大のカリキュラムは資格試験対策として必要充分ですから、授業内容をしっかりと理解してさえいれば、恐れることはないはず♪

明治学院大学の国際学部国際学科が実施している海外インターンシップは、学生時代に海外へと飛び出したい方にピッタリ♪オーストラリアで日本語教師を行うインターンをはじめ、ホテルやレストランでの職場体験に参加することが出来るんです!さらには香港でビジネスマナー、ビジネス語学を学ぶ研修を受けたり、対で環境活動に参加するといった多彩なインターンシップがあなたを待っています。もちろん交換留学の協定も複数の大学と結んでおり、米国カリフォルニア大学、ドイツのハンブルク大学、フランスのエクス=アン=プロヴァンス政治学院など世界4ヶ国の一流校で学ぶチャンスがあるのです♪(情報は調査当時)

資料請求はこちら

※外部サイト

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

このページの先頭へ