京都橘大学
の入試概要
大学の魅力も充実!

京都市山科区の私大、京都橘大学の受験情報をどこよりも詳しくお届けしています!周りのライバルを差し置いて、アッサリと合格を勝ち取るために、まず何を知るべきなのでしょうか?その答がこのページに書かれています♪(※2013年当時)

京都橘大学

〜京都橘大学の基礎データ〜

初年度総額:

約128〜141万円

平均倍率:

約4.0倍

募集学科&募集定員:

文学部 日本語日本文学科:70名
文学部 歴史学科:90名
文学部 歴史遺産学科:50名
人間発達学部 児童教育学科:120名
人間発達学部 英語コミュニケーション学科:50名
現代ビジネス学部 現代マネジメント学科:130名
現代ビジネス学部 都市環境デザイン学科:130名
健康科学部 心理学科:60名
健康科学部 理学療法学科:60名

受験科目:

○日本語日本文学科の日本語日本文学コース(前期A)
国語・外国語・地歴公民・数学

○日本語日本文学科の書道コース(前期B)
国語・実技

※実技の内容は書道

○日本語日本文学科の日本語日本文学コース(前期B)
国語・外国語

○歴史学科、歴史遺産学科(前期B)
地歴公民・外国語

○日本語日本文学科の日本語日本文学コース、人間発達学部、現代ビジネス学部、健康科学部(前期C)
外国語・国語or数学

○日本語日本文学科の日本語日本文学コース、人間発達学部、現代ビジネス学部、健康科学部(後期)
国語or外国語or数学から2科目選択

○人間発達学部、現代ビジネス学部、健康科学部(前期A)
国語・外国語・地歴公民or数学or理科

○人間発達学部、現代ビジネス学部、健康科学部(前期B)
外国語・国語or地歴公民or数学or理科

※センター利用入試は煩雑なので割愛

京都橘大学は大手予備校の偏差値でみると46〜54となっており、産近甲龍より低く、摂神追桃より若干高いといった位置づけに相当。ただ、偏差値46と突出して低いのは日本語日本文学科の書道コースという書道を専門的に扱う特殊な学科であり、逆に同54と目立って高いのは健康科学部理学療法学科という実質的に理系の学科。後者については、本来、文系受験専門の当サイトでは省くべき情報かもしれませんが、実は外国語と国語だけで受験することも可能であり、文系受験生でも進学できる余地があります。しかも、進学後も数学的分野、化学実験などを主とするわけではなく理学療法の実践的方法を学ぶことになりますので、文系の学生であっても充分に対応可能。これらの理由から、一応、受験情報を掲載することにしました。ただ、そうはいっても文系の学生が進んで選択する分野からは外れており、あくまでも“参考までに”という力加減で載せているものです。なので、書道コースにせよ、理学療法学科にせよ、実際に当サイトを読んでいる一般的な文系受験生が進学先として検討する確率は低いはず。以上から、基本的には大半の学部学科が偏差値49〜51の範囲内に集中していると考えるべきで、レベル的には摂神追桃の上位層である摂南大、神戸学院大と同程度という認識で良いでしょう。産近甲龍の併願先としてもオススメです。
…と、ここまでは募集人数の多いA日程、B日程を主とした真面目な説明を行ってきましたが、実はC日程という募集人数が少ないながら、偏差値が大きく落ちる入試日程が存在。このC日程に限れば、文学部歴史学科、歴史遺産学科が偏差値46、現代ビジネス学部が同45など、桃山学院大と同程度のランクまで下がっているのです。ですから、学力に不安がある方はこのC日程を受験するのがもっとも合理的ということになりますね。

合格を引き寄せる4つの法則〜京都橘大学

  • 偏差値表によれば46〜54!数字的には摂神追桃以上、産近甲龍未満といったところ!
  • ただ、これは偏差値46の書道コース、同54の理学療法科など一般的でない学科を入れた数値!
  • 一般の文系受験生が進学する学科の偏差値は49〜51に大部分が集中しています!
  • しかし、C日程は例外!歴史学科、現代ビジネス学部の難易度が下がっており狙い目♪

就職先の満足度7割!京都橘大学のサポート力

就職決定率90%超!満足率70%超♪

就職決定率だけでなく、学生の就職満足度も非常に高い京都橘大学。その秘密は就職活動が本格化する前段階の1,2年次から“キャリア開発講座”を含む“キャリア教育科目群”などといった様々なキャリア支援プログラムを実行しているから。

認定留学でも単位が認定される♪

京都橘大学は協定校へ長期留学する方法として“交換留学”“派遣留学”そして“認定留学”を用意しています。他の大学では“認定留学”では認定される単位数が少ないか、あるいは単位認定されないこともあるのですが、同大では60単位までを認めているのです。

行き届いた数々のキャリアサポートで学生を支援している京都橘大学。キャリア教育科目群の中の“キャリア開発講座Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ”についてはⅠ年次から参加可能。キャリア開発の基礎から、各種試験対策の一環として“数学力を高める”といった内容を学ぶほか、総仕上げの意味合いも強い“キャリア開発講座Ⅳ”では、HSBC証券と連携し、生きた金融経済を学ぶことができます。さらに注目すべきは3年次から参加可能な“起業家育成論”の講座です。アイデアをビジネスに変えるための具体的なノウハウを学ぶことができる点も、同大の大きな魅力と言えるでしょう。

アメリカ、ヨーロッパ、オセアニア、アジアなどに8ヶ国19の協定校をもつ京都橘大学。これらの協定校へ長期留学する方法は、提携先のある韓国、カナダ、オーストラリア、中国などの教育機関で学ぶことが可能な“交換留学”と、アメリカ・レズリー大学で学ぶことが可能な“派遣留学”があります。両留学とも、留学期間は12ヶ月。学部制限なしで学生全員が利用でき、60単位までが同大学の卒業に必要な正式単位として認定されるのです。協定校以外の教育機関へ留学を希望する場合は“認定留学”の制度を利用しましょう。こちらも留学期間は12ヶ月で、全ての学生が対象。他の長期留学と同じく60単位までは同大学の正式単位として認定されることは非常に嬉しい点であると言えるでしょう。

資料請求はこちら

※外部サイト

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

このページの先頭へ