京都教育大学
の評判
合格の作法

京都市伏見区の国立教育大、京都教育大学に入学するためのテクニックを教えちゃいます!厳しいと言われる国立の入試ですが、やり方次第で合格率を向上させることは可能。ライバルたちを差し置いて、憧れの京教生になりましょう♪(※2013年当時)

京都教育大学

〜京都教育大学の基礎データ〜

初年度総額:

81万7,800円

平均倍率:

約2.5倍

募集学科&募集定員:

教育学部 学校教育教員養成課程:300名

受験科目:前期:

○教員養成課程(教育学、幼児教育、発達障害教育、国語、英語)
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:国語・外国語

○教員養成課程(社会科、家庭)
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:国語・面接

○教員養成課程(美術、書道)
1次:センター試験(5教科6科目)
2次:実技

○教員養成課程(体育)
1次:センター試験(5教科6科目)
2次:小論文・実技

○教員養成課程(音楽)
1次:センター試験(5教科6科目)
2次:実技

受験科目・後期:

○教員養成課程(教育学、幼児教育、発達生涯教育、国語、社会科、英語)
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:小論文

○教員養成課程(美術)
1次:センター試験(4教科5科目)
2次:実技

○教員養成課程(体育)
1次:センター試験(4教科5科目)
2次:小論文・実技

京都教育大学は国立大ですので、入学試験はセンターと独自試験の2段階。また、京都教育大は教育学部1学部のみから構成される単科大学であり、全課程が教員養成を目的としています。音楽、美術、技術家庭など実技系統の教師を目指す場合を除くと、前期センターランクは70〜74%といったところ。合格したいのであれば、8割以上の得点を確保したいですね。実技系であれば、ランクは62〜68%なので目標は7割程度。合否を分けるのは、2次の実技試験になりますので、7割を切ったとしても合格の目は充分にあるでしょう。
次に前期日程2次試験の偏差値は53〜57の範囲内。産近甲龍に合格できる程度の学力があれば、見込みはあるはずです。とはいえ、基本的にほとんどの課程でセンター900点に対し、2次試験400点といった配点バランスなので、どちらかといえばセンター対策に時間と労力を使うべきだと思います。
後期試験についてはセンターランク70〜75%が基本なので、目標は8割。2次試験は得点差のつきにくい小論文がメインですし、実技系の課程でなければ、配点もセンター900点にたいして、小論200点ほどに抑えられています。センターで8割を超えれば、ほぼ合格は決まったと考えて良いのではないでしょうか。

京都教育大学に合格するための4ヵ条

  • 学科系の課程なら、センターランクは70〜74%!センターで8割を確保すれば安全圏♪
  • 逆に実技系はセンター7割でOKな反面、実技試験の比重が重くなります!
  • 前期の2次試験は偏差値53〜57!中堅上位の私大に受かる実力があれば勝機充分♪
  • ただ、前後期ともセンター試験重視の配点なので、まずセンター対策を重視するべき!

教師の夢を具現化する!京都教育大学

留学で利用可能な2種の奨学金制度♪

現在8ヶ国64人の留学生を受け入れている京都教育大学。協定校の数は決して多くありませんが、アジア、オセアニア、北アメリカ、ヨーロッパなど広い地域へ分布しています。留学に際しては日本学生支援機構からの奨学金制度の他に、同大独自の奨学制度が利用可能です。

教育のプロを目指すことが可能♪

京都教育大学は教育学部だけで構成されている、全国的にも非常に珍しい大学です。各担当教科ごとに専攻を選択することができるほか、さらに深く教育について学びたい場合には同大大学院への進学、あるいは特別支援教育特別専攻科へ進学することが可能となっています。

中国、韓国、タイ、フィリピン、インドネシア、キルギス、トルコ、ハンガリーの8ヶ国から64人の留学生を受け入れている京都教育大学。(2013年11月時点。大学院生含む)協定校は、カナダのケベック大学モントリオール校、ドイツのエアランゲン・ニュルンベルグ大学、中国の上海師範大学、タイのチュラロンコン大学教育学部、タイ国40地域総合大学、オーストラリアの南オーストラリア大学(現在交流を中止中)韓国の春川教育大学校と決して多くはないものの、世界の広い地域を網羅しており存分に異文化交流することが可能です。留学に際しては、月額8万円の奨学金制度を日本学生支援機構より、月額2万円を“京都教育大学派遣留学生奨学金支援制度”より利用することができます。

教育のプロフェッショナルを養成するための理想的な環境をもつ京都教育大学。同大唯一の教育学部は、教育学専攻、体育領域専攻、幼児教育専攻、音楽領域専攻、発達障害教育専攻、美術領域専攻、国語領域専攻、家庭領域専攻、社会領域専攻、技術領域専攻、英語領域専攻、数学領域専攻、理科領域専攻の13専攻から成っています。さらに深く学びたい場合は併設されている“大学院教育学研究科”へ進学することも可能なほか、最高で1年間障害児心理や障害者教育について学ぶことのできる“特別支援教育特別専攻科”を進路とすることも可能です。

資料請求はこちら

※外部サイト

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

このページの先頭へ