評判の中堅大学
杏林大学
の入試情報

東京都三鷹市の私立大、杏林大学の受験データを紹介しています!大規模病院を運営していることもあって理系と見られていますが、実は文系学部も2つ存在。帝京大、国士大、亜大受験者の併願校としても評判が高いです!大学の魅力などお楽しみ要素も充実しているので、是非とも参考にしてくださいね♪(※2013年当時)

杏林大学

〜杏林大学の基礎データ〜

初年度総額:

120万3,300円

平均倍率:

約4.6倍

募集学科&募集定員:

外国語学部 英語学科:110名
外国語学部 中国語学科:30名
外国語学部 観光交流文化:70名
総合政策学部 総合政策学科:155名
総合政策学部 企業経営学科:75名

受験科目:

○総合政策学部、外国語学部(前期3科目)
外国語・国語or地歴公民or数学

○総合政策学部、外国語学部(後期2科目)
国語・外国語

○総合政策学部(センター利用3科目)
外国語・国語or地歴公民or数学or理科から2科目選択

○総合政策学部(センター利用2科目)
外国語・国語or地歴公民or数学or理科

○外国語学部(センター利用3科目)
外国語・国語or地歴公民or数学から2科目選択

○外国語学部(センター利用2科目)
外国語・国語or地歴公民or数学

三鷹市内に杏林大学病院という地域を代表する大病院があることから、一般に半ば医大と認識されているようですが、実は文系の学部を設置しています。文系学部の偏差値は43〜45となっており、いわゆる大東亜帝国クラスに次ぐ中堅〜滑り止めランクの大学といったところでしょうか。
学部学科ごとに細かく見ていくと、総合政策学部は全学科が偏差値45。対して外国語学部は英語学科が45なのに対し、中国語学科と観光交流文化学科が43となっています。学部学科にこだわりがない場合、外国語学部の中国語&観光交流文化学科を受験すると合格率を高めることができそうです。
しかし、2013年の試験結果を見てみると、興味深い事実が浮かび上がってきます。一般受験ではともに偏差値43となっているが中国語学科と観光交流文化学科ですが、実はセンター利用入試ではまったく合格基準が異なるのです。観光交流文化学科はセンターランクが52%となっていますが、中国語学科は44%。わずか4割4分の得点率で合格を勝ち取ることができるのです。学力に自信がない場合、中国語学科のセンター利用入試が狙い目といえるでしょう。

受験のポイントは!?杏林大学の入試傾向

  • 世間では医療系と思われていますが、実は外国語学部&総合政策学部が存在!
  • 難易度は偏差値43〜45!大東亜帝国クラスの滑り止めとして有力な候補になるかも!?
  • 中国語学科&観光交流文化学科は偏差値43と他より難易度が低いです♪
  • 学力に自信がない場合、44%の得点率で合格できる中国語学科のセンター利用が狙い目♪

国際力&就職力が杏林大学の強み!

先端の語学教育が受けられる♪

杏林大学ではグローバルな人材育成を目指すプログラムを用意しています。1つは外国語学部で行われる語学習得プログラム“CIC&PEP”です。これは中国語と英語でコミュニケーションを行うことを目指す実践的なプログラム。さらに国際人に欠かせないディベート力を養う“ケーススタディ演習”が総合政策学部と合同で行われます!

就職支援が非常に充実♪

熾烈を極める就職活動に今から不安を覚える学生も多いはず。杏林大学では、そんな不安を解消する数々のキャリア支援プログラムが用意されています。就活に当たっての意識向上から、インターン、合同説明会、最終段階の模擬面接までを4年間かけてじっくり習得することが可能。平成21年度には文部科学省より学生支援プログラムとして採択されました♪

現在、中国の経済発展を無視してグローバルに拡大された経済を語ることはできません。これから先、中国語を扱うことができればビジネスチャンスもグッと広がるはず。杏林大学の外国語学部では中国語&英語を習得する“トライリンガル”教育に対応。中国語の基礎から応用までを2年かけて徐々に習得する“CICプログラム”のほか、英語でものを考えることができる、つまり英語が母国語の人間に近い状態を作る実践的な授業“PEPプログラム”がそれぞれ用意されています。さらに総合政策学部と合同で行われる“ケーススタディ演習”によって、広い視野と問題解決能力、ディベート&プレゼンテーション能力を育てることが可能。グローバル社会で活躍する発信型の人材を目指す人にオススメの環境と言えます。

杏林大学では、就業する上で必要な力を早期から段階的に身に着けることが可能。就活を補助するキャリアサポート体制も万全です。文部科学省に採択された“初年次からの就業意識醸成・キャリアスキルアッププログラム”は、1年次からあなたの就業意識を高めます。情報収集、就活セミナーはもちろん、学内で行われる資格講座では12種類の資格を目指ることが可能。また企業見学や夏休みを利用したインターンでの就業体験のほか、“女子学生魅力アップガイダンス”という実践的なプログラムによって女子の就活も全力サポート。4年次には個別の就業支援プログラムによってエントリーシートの書き方から面接講座、模擬面接も行っています。

資料請求はこちら

※外部サイト

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

このページの先頭へ