神戸女子大学
の受験テク
大学の魅力紹介♪

神戸市須磨区の名門女子大、神戸女子大学に合格するための術をまとめています!合格率を限りなく100%に近づけるためのマル秘情報が満載。受験勉強の計画を立てるために、是非とも参考にしてください♪(※2013年当時)

神戸女子大学

〜神戸女子大学の基礎データ〜

初年度総額:

約135万〜145万円

平均倍率:

約4.5倍

募集学科&募集定員:

文学部 日本語日本文学科:60名
文学部 英語英米文学科:60名
文学部 神戸国際教養学科:40名
文学部 史学科:60名
文学部 教育学科:165名
家政学部 家政学科:80名
家政学部 管理栄養士養成課程:140名
健康福祉学部 社会福祉学科:80名
健康福祉学部 健康スポーツ栄養学科:60名

受験科目:

○英語英米文学科(前期A2科目、前期B1、B2、後期2科目)
外国語・国語or地歴公民or数学or理科

○英語英米文学科、神戸国際教養学科、史学科、教育学科、社会福祉学科、家政学科(前期A3科目、後期3科目)
外国語・国語or地歴公民or数学or理科から2科目選択

○日本語日本文学科(前期A3科目、後期3科目)
国語・外国語・地歴公民or数学or理科

○日本語日本文学科(前期B1、B2、後期2科目)
国語・外国語or地歴公民or数学or理科

○神戸国際教養学科、史学科、教育学科、社会福祉学科、家政学科(前期A2科目、前期B1、B2、後期2科目)
国語or外国語or地歴公民or数学or理科から2科目選択

○健康スポーツ栄養学科、管理栄養士学科(前期A2科目、前期B1、B2、後期2科目)
国語or外国語or数学or理科から2科目選択

○健康スポーツ栄養学科、管理栄養士学科(前期A3科目、後期3科目)
外国語・国語or数学or理科から2科目選択

※センター利用入試は煩雑なので割愛

神戸女子大学は偏差値48〜57相当の女子大です。学科によっては産近甲龍にも肉薄する難関大の1つとして、近畿一円に広くその名を轟かせています。特に偏差値57の文学部教育学科の前期B2日程は相当の難関。ただ、前期A3科目、B1日程では52に留まっていますので、受験日程を上手く選べば、それほど苦労しなくても合格することは可能。敢えて困難な日程を選択する理由もありませんので、なるべくなら偏差値が高い日程を避けたほうが賢明だと思います。逆に学力に不安があり、学科を問わず神戸女子大を目指しているという受験生であれば、狙い目になるのは偏差値48の日本語日本文学科、神戸国際教養学科、史学科の前期A3科目型でしょう。
ちなみに前期B1、B2は試験科目が同一になっていますが、B2は高得点科目の配点を200点とする高得点科目重視の採点方式を採用しているほか、地歴公民が日本史B限定となり、世界史Bを選択することができませんので注意してください。また、後期入試についても、同様に地歴公民は日本史B限定となっており、さらに後期3科目は3科目を受験して高得点だった2科目により合否判定を行う高得点2科目選択型という採点方式も採用しています。以上のように、神戸女子大は採点方式、科目がかなり細かく決められているため、受験案内を熟読した上で出願する日程を決めることが大切です。

合格への道〜神戸女子大学受験の4ヵ条

  • 偏差値は48〜57!学科によっては関関同立の下位クラスに相当する偏差値をマーク…!
  • とはいえ、偏差値57に達するのは教育学科の前期B2のみ!日程選びが肝要です!
  • 逆に偏差値48の日本語日本文学科、神戸国際教養学科、史学科は狙い目です♪
  • 神女は日程ごとに採点方式、選択科目が異なるので、受験案内の熟読が必須!

学生寮完備♪神戸女子大学の2大魅力

大学独自!4つの給付型奨学金

4年制大学で学ぶ場合、通常は授業料だけで最低250万円以上、さらに雑費がかかるため支出はどうしても多額になりがち。家計の負担も大きいですが、神戸女子大学では大学独自の“給付型奨学金”を4種用意し、学生を経済的にサポートしています。

2つの寮で1人暮らしも安心♪

神戸女子大学では個室タイプと相部屋タイプの寮をそれぞれ1つずつ設けています。女子大生の1人暮らしで最も気を遣う点はセキュリティですが、同大の寮では両方ともに管理が常駐していますので安心!また、寮を利用せずに1人暮らしを希望する学生には同大がマンション選びをバックアップします。

神戸女子大学では大学オリジナルの奨学金制度を4種用意、学生を経済的にサポートする体制が整います。4種類全てが返済不要な“給付型奨学金”ですので安心して利用可能です。1つめの“奨励金授与制度”では、2〜4年次の成績優秀者等を対象に奨励金100,000万円を給付。2つめの“授業料等免除制度”では、不測の事態により経済的な困窮を余儀なくされた学生に対して、学費の50%を免除します。3つめの“青山会奨学金”では経済的に困難な状態にある4年次を対象に、4年次後半の授業料を免除。そして、4つめの“育英奨学生奨学金”では講演会の会員である学生を対象に200,000円を給付します。

寮を設け女子学生の1人暮らしをサポートしている神戸女子大学。平成21年に工事が完了した“行幸寮”は防音ピアノ室や共用ラウンジも用意されたマンションタイプの建物です。部屋は全て個室となっており、調理用IHヒーターや冷蔵庫、洗濯機など、生活に必要な家具は不足なく揃っているなど快適な生活が期待できます。1日2食付きの“天神寮”では学生2人に1部屋が割り当てられ、皆で生活を共にすることで親睦を深めることも可能。天神寮には若干名の中国人留学生も生活していますので、普段生活している場が“異文化交流の拠点”ともなるわけです。

資料請求はこちら

※外部サイト

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

このページの先頭へ