評判で選ぶ文系大!
駒澤大学

東京都世田谷区の中堅大、駒澤大学の受験データを紹介しています!偏差値や倍率、学費といった基本的な情報はもちろんのこと、大学の魅力コンテンツも充実。情報収集だけでなく、勉強の合間の息抜きにも最適です♪(※2013年当時)

駒澤大学

〜駒澤大学の基礎データ〜

初年度総額:

約115万〜125万円

平均倍率:

約3.4倍

募集学科&募集定員:

仏教学部 禅学科:75名
仏教学部 仏教学科:105名
文学部 国文学科:125名
文学部 英米文学科:125名
文学部 地理学科:125名
文学部 歴史学科:190名
文学部 社会学科:140名
文学部 心理学科:80名
経済学部 経済学科:360名
経済学部 商学部:240名
経済学部 現代応用経済学科:130名
法学部 法律学科:450名
法学部 政治学科:200名
経営学部 経営学科:330名
経営学部 市場戦略学科:180名
グローバル・メディア・スタディーズ学部 グローバル・メディア学科:300名

受験科目:

○経営学部(統一、T方式、S方式)、仏教学部(統一、T方式、S方式)、グローバル・メディア・スタディーズ学部(統一)、経済学部(統一、T方式)、文学部(統一、T方式)、国文学科(S方式)、法学部(統一、T方式)
国語・外国語・地歴公民or数学

○グローバル・メディア・スタディーズ学部(T方式、S方式)
外国語・国語or地歴公民or数学

○歴史学科(S方式)
国語・外国語・地歴公民

※センター利用入試は煩雑なので割愛

いわゆる日東駒専に属する人気中堅大の駒澤大学。偏差値を見てみると大半の学科が52〜55程度に収まっています。平均をやや上回る程度の学力があれば合格の可能性は充分にあるでしょう。とはいえ偏差値50というのは高校生の平均的な学力を指しているのではなく、4年生大学を受験するつもりで勉強している受験生の平均値。この条件における“平均”というのは決して生易しいものではないので、気を引き締めて勉強することが大切です。
とはいえ“絶対に日東駒専に受かりたい!”というのであれば、抜け道もないわけではありません。経済学部の現代応用経済学科は偏差値50となっており、他学科と比べるとかなり易しめです。逆にかなりの学力が必要となるのが、文学部歴史学科日本史学専攻。偏差値は57となっており、非常に高騰しています。これは人気上位大MARCHに匹敵するレベルであり、生半可な学力では合格できません。このように同じ大学でも分野によって難度が異なる場合も多いですから、自分の志望学部がどの程度の難易度なのか、今一度、確認しておくことをお勧めします。
ちなみに偏差値だけを見ると仏教学部の49がもっとも易しいのですが、極めて特殊性の高い学部なので、本当に関心があるのでなければ止めておいたほうが無難。宗教は極めてセンシティブな分野なので、単純に合格しやすいかどうかで判断して良いものではないと思います。

ココがポイント!駒澤大学の受験情報まとめ

  • 人気中堅大“日東駒専”の一角!偏差値は受験生の平均を上回る52〜54程度!
  • 合格しやすい狙い目学科は経済学部現代応用経済学科!なんと偏差値は50ジャスト♪
  • 逆に難しいのが文学部の歴史学科日本史学専攻!偏差値はMARCHレベルの57…!
  • 仏教学部は偏差値こそ低いですが、宗教系の学部なので興味本位の受験はNG!

大学のカラーを知る!駒澤大学の特徴

ネットを活用して新時代のパイオニアに!?

駒澤大学はニコニコ動画に公式チャンネルを開設しているのですが、ご存じだったでしょうか?一昔前はアングラ動画サイトだったニコニコも、今では政治家、政党、著名人がチャンネルを開設する国内最大級のネット番組配信サイトになりました。かなり早い段階でニコニコに目をつけている駒大は先見の明があったと言えるかも!?

多彩な国際交流協定校が魅力!

海外留学を希望している受験生にとって、駒澤大学は理想的な大学かもしれません。9ヶ国15大学と国際交流協定を結んでおり、留学の機会は充分!アメリカ、イギリス、中国と言ったメジャーな地域ばかりでなく、エジプトや台湾といった珍しい地域にも協定校があるので、さまざまな文化圏に興味のある方にオススメ♪

ニコニコ動画の駒大公式チャンネル“駒大GMSちゃんねる”は、駒澤大グローバル・メディア・スタディーズ学部の山口浩准教授が開設したもの。学生が作った映像作品を発表する場として用いているほか、教員や学生の活動を伝える広報の役割も果たしています。メディア論を扱うGMS学部が“動画共有サイトという新メディアをどう活用していくかを考える実験的な場”として設けたんだとか。これから公開講座の配信、就職活動への応用などなど…さらに発展していけば面白くなりそうですね♪今は政治家や大企業も利用するネット動画配信サイトですが、大学を挙げて活用した例は駒大が最初ではないでしょうか?

駒澤大学の海外協定校は非常に豊富です!それも、アメリカのカリフォルニア大学アーバイン校、カリフォルニア大学ロサンゼルス校、イギリスのエクセター大学、フランスのプロヴァンス大学、中国の北京大学など知名度の高い大学ばかり。量だけでなく質の面でも非常に優秀といえるでしょう。さらには台湾の淡江大学、エジプトのカイロ大学といった、それほど留学先としてメジャーではない地域にも提携校があり、さまざまな言語、文化を学びたい学生に最適といえる環境!留学の夢を叶えたいなら、駒大への進学がオススメ♪

資料請求はこちら

※外部サイト

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

このページの先頭へ