鹿児島大学
ゼッタイ合格
ネット評判まとめ付き♪

鹿児島県鹿児島市の国立大、鹿児島大学受験を突破するための裏知識をお届けします!入試を勝ち取るためには、まず正しい情報を把握することが肝心。ライバル達に差をつけて、合格を目指しましょう♪(※2013年当時)

鹿児島大学

〜鹿児島大学の基礎データ〜

初年度総額:

81万7,800円

平均倍率:

約2.8倍

募集学科&募集定員:

法文学部 法政策学科:95名
法文学部 経済情報学科:145名
法文学部 人文学科:155名
教育学部 学校教育教員養成課程:225名
教育学部 特別支援教育教員養成課程:15名
教育学部 生涯教育総合課程:35名

受験科目:前期:

○法文学部
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:国語・外国語

○教員養成課程(国語、社会、教育、心理)、特別支援教育課程
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:国語or外国語or数学から2科目選択

○教員養成課程(英語)
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:外国語・国語or数学

○教員養成課程(技術家庭)、生涯教育総合課程(健康教育)
1次:センター試験(5教科7科目)
2次:数学・国語or外国語

○教員養成課程(音楽、美術、保健体育)
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:実技

○生涯教育総合課程(地域社会)
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:国語or外国語

○生涯教育総合課程(国際理解)
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:外国語

受験科目:後期:

○法政策学科
1次:センター試験(3教科3科目)
2次:面接

○経済情報学科、人文学科、教員養成課程(教育、心理)、特別支援教育課程、生涯教育総合課程(国際理解)
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:小論文

○教員養成課程(英語)
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:学科試験なし

○教員養成課程(音楽、保健体育)、生涯教育総合課程(健康教育)
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:実技

○生涯教育総合課程(地域社会)
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:小論文・面接

鹿児島大学はセンターランクが前期59〜69%、後期53〜79%、2次偏差値が51〜56となっている国立大です。大半の日程、学科でセンター5教科7科目を課しているため、科目負担はかなり多くなります。唯一、法文学部後期は3科目となっていますが、センターランク75〜84となっており、ボーダーラインは上昇。特に84%の法政策学科は相当の難関といえるでしょう。
また、一部学科のセンターランクが非常に低くなっていますが、50%台を記録しているのは教員養成課程の音楽、保健体育など実技系統の分野だけ。一般的な文系学科はすべて60%台後半となっていますから、その点も注意してください。
最後にセンター試験と独自試験の配点比率について触れることにしましょう。法文学部前期は600点:400点、後期は400〜600点:30〜200点、教育学部は前期が900点:300点、後期が900〜1300点:0〜400点となっています。実技系は例外的に2次試験の比率が大きいですが、ここでは除外。以上から、鹿大の入試はセンター重視の傾向を持っていることが分かります。

合格確率を高める4つのポイント〜鹿児島大学

  • センターランクは前期が59〜69%、後期は53〜79%!前期7割、後期8割で可能圏!
  • 2次試験の偏差値は51〜56!科目数は2科目なので、それほど敷居は高くない!?
  • 原則センターは5教科7科目ですが、法文学部は3科目!ただし、ボーダーは高め…!
  • 配点はセンター重視!夏まではセンター試験対策に時間を注ぎ込みましょう!

就職率は9割近く!鹿児島大学の特徴まとめ

文系学部の就職率は85%以上♪

法文・教育と2つの文系学部を設置している鹿児島大学。2012年度の就職率は85%を超える好成績を記録しています。理系に比べて文系の就職率が低いと言われている昨今、同大文系学部の奮闘には目を見張るものがあると言えるでしょう。

学習意欲を高める“学生交流プラザ”♪

鹿児島大学は、より開かれた学習拠点となりうる多目的学習施設“学生交流プラザ”を完成させました。同施設には売店や喫茶コーナーも設けられ、狭い意味での“学び”に囚われない“コミュニケーションと交流の場”として機能しています。

鹿児島大学は法文学部、教育学部と2つの文系学部を有しています。2012年度文系学部卒業生の就職率は85%以上と好記録をマークしました。男子就職率は89.4%、女子就職率84.1%と、男女別に見ても高めの就職率であるということができるでしょう。学科別就職率で見ましても、法学部法政策学科で約92%、経済情報学科で約88%、人文学科で約86%、教育学部の学校教員養成課程で約82%、障害教育総合課程で約74%と、学部による偏りはほとんどなく就職率は安定しているということができます。

2013年8月に“学生交流プラザ”を完成させた鹿児島大学。2階建て(中2階あり)の同プラザは、食事をとりながら友人と談笑することができるフードコーナー、食べ物や雑貨が売られている売店“ライフサポート”、文房具や書籍が購入可能な売店“学習サポート”ほか、“学習ラウンジ”を4つも備え、用途に応じて多くの利用法が考えられる多目的な“グループ学習室”と“学習交流ホール”があります。快適な学びをサポートするこうした建物の存在は、日々の学習意欲を大いに高めてくれるでしょう。

資料請求はこちら

※外部サイト

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

このページの先頭へ