北星学園大学
のデータを調べてみました!

北海道大学受験者の併願先として受験されることも多い北星学園大学の受験データを一挙紹介!受験情報はもちろん、大学の魅力など、読み物として楽しめるコンテンツも用意していますので、是非とも勉強の合間にお読みください!(※2013年当時)

北星学園大学

〜北星学園大学の基礎データ〜

初年度総額:

117万5,010円

平均倍率:

約2.0倍

募集学科&募集定員:

文学部 英文学科:113名
文学部 心理・応用コミュニケーション学科:90名
経済学部 経済学科:152名
経済学部 経営情報学科:102名
経済学部 経済法学科:110名
社会福祉学部 福祉計画学科:85名
社会福祉学部 福祉臨床学科:85名
社会福祉学部 福祉心理学科:64名

受験科目:

○文学部英文学科
外国語・国語

○文学部心理・応用コミュニケーション学科、社会福祉学部
外国語・国語・地歴公民or数学or小論文

○経済学部
外国語・国語・地歴公民or数学

※センター利用入試は煩雑なので割愛

北星学園大学は札幌市にあるプロテスタント系の私立大学です。札幌を代表する中堅大学の1つとされており、事実、全学部とも偏差値は50前後。ただし、北星学園大学の看板学科となっている文学部英米文学科だけは非常にレベルが高く、代々木ゼミの難易ランキングによれば偏差値は56となっています。これは全国的に名前の知られている私立大学と比較しても高いレベルであり、首都圏では法政大学や中央大学、関西圏では関西学院大学や関西大学の一部学部に匹敵するほど。英米文学科志望の受験生であれば、かなり入念な受験勉強が必要になることを知っておいてください。
ほとんどの学科で英語・国語・地歴公民というオーソドックスな文系3科目での受験が認められていますが、学科によっては地歴公民を数学または小論文で代替することも可能。ただ、文系学生にとって数学はあまり馴染みがない教科でしょうし、小論文はつきっきりで添削してくれる先生がいるのでもなければ避けたほうが無難です。ここはなるべく、英国社の3科目で挑んだほうが勝算は高いといえるでしょう。
ちなみに看板学科の英米文学科のみ、試験は国語100点&英語200点という傾斜配点の2科目受験で行われます。要するに英語が出来ない学生はまず受かりません。英米文学科を目指すのであれば、必ず英語を得意科目にするという強い決意が必要です。

北星学園大学の評判をチェック〜4大ポイントまとめ

  • 北海道大学の併願校として受験されることも多い!札幌市随一の中堅大学♪
  • 看板学科となっている英米文学科は偏差値56!MARCHや関関同立に迫る難易度!
  • 英米文学科は英語200点&国語100点の2科目受験!英語力で合否が決まります!
  • 教職課程が充実しており、大半の文系科目で教員免許を取得可能!教員志望の方にオススメ♪

北星学園大学のオススメポイントをチェック♪

キャリアデザインプログラムで理想の進路を!

北星大学では進路指導に力を入れており、大学1年の段階から就職活動の準備に入ります。なんと1年次から“職業と人生”をテーマとしたキャリア教育科目を開講し、学生たちが自分の進むべき道を見いだせるよう、サポートしているのです。就職力で選ぶならイチオシの大学といえるでしょう♪

北星学園余市高校の系列学校!

北星学園大学には複数の系列学校があり、北星学園大学短期大学部、北星学園女子中高、北星学園附属高校、そして一時期、ヤンキー先生こと義家弘介氏の活躍が話題になった北星学園余市高校が、系列校および姉妹校に相当します。

海外交流の機会も!ミッション系の強み♪

一般的にキリスト教系の大学は国際交流のツテを多く持っていることが多く、この北星学園大学も例外ではありません!6つの国と地域に置かれているキリスト教系の22大学と連携協定を締結。交換留学をはじめとした学生同士の交流が活発に行われているのです。

北星大学が開講しているキャリアデザイン科目は、1年から4年まで通して継続的に進路指導を行うためのもの。1年次で“職業と人生1”、2年前期で“職業と人生2”という科目を履修し、働くことの意義を学生自身に考えさせています。2年後期からはいよいよ本格的なキャリアデザインプログラムが開講され、毎週、実際の就職活動に役立つ情報を提供。ワーク形式、グループディスカッション形式の授業を行い、楽しみながら就活の基礎を学ぶことができます。公務員志望の学生に向けたガイダンスなどもキャリアデザインプログラムの中で行われているので、あらゆる進路を目指す学生にとって意義深い時間になっているようです。

中堅大学としては非常に多い22大学との国際交流提携を結んでいるのが、北星学園大学の特徴です。ブレズレン大学連盟校であるメサイア大学、マンチェスター大学、エリザベスタウン大学といったアメリカ国内の大学をはじめ、カナダのアルゴマ大学、英国のセントラル・ランカシャー大学、中国の大連外国語学院、韓国のカトリック大学校など多数の大学と連携協定を結んでいます。在学中に交換留学プログラムを利用して留学してみたいという希望を持っている方は、是非とも北星学園で夢を叶えてみてはいかがでしょうか?もちろん一定の英語力は必要になるでしょうが、チャレンジしてみる価値はあると思いますよ!(情報は調査当時)

北星大学と直接の関係があるわけではありませんが、系列校の話題として、元北星学園余市高校教諭の義家弘介氏について紹介しておくべきでしょう。かつて不良少年だった義家氏が母校である北星余市に教師として戻り、生活指導担当として生徒の非行を抑えたという話は感動を呼び、文藝春秋社から『ヤンキー母校に生きる』という書籍が出版されるなど話題になりました。その後、義家氏は参議院議員選挙に当選、2012年には衆議院に鞍替え出馬し、今も自民党の議員を続けています。このように全国的な知名度を誇る人物を送り出した北星学園余市高校を系列校とする北星学園大学は、北海道内外から名前を知られる存在になったといえるでしょう。

資料請求はこちら

※外部サイト

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

このページの先頭へ