北海学園大学
の魅力を紹介!

北海道でもっとも人気のある私立大学の1つ、北海学園大学の入試情報を紹介しています!大学の魅力や、学校の特色など、北海道の受験生が知りたい情報を満載していますので、是非とも受験勉強の合間にご一読願えれば幸いです。(※2013年当時)

北海学園大学

〜北海学園大学の基礎データ〜

初年度総額:

120〜122万円程度

平均倍率:

約1.6倍

募集学科&募集定員:

経済学部:300名
経済学部(2部):120名
経営学部 経営学科:160名
経営学部 経営情報学科:140名
経営学部 経営学科(2部):100名
法学部:255名
法学部(2部):180名
人文学部 日本文化学科:100名
人文学部 英米文化学科:95名
人文学部 日本文化学科(2部):40名
人文学部 英米文化学科(2部):30名

受験科目:

○人文学部日本文化学科、法学部(2月12日入試)
外国語・国語・地歴公民

○人文学部日本文化学科2部、法学部2部(2月12日入試)
国語・地歴公民or外国語

○経済学部、経営学部経営学科、経営学部経営情報学科、法学部(2月11日入試)
外国語・国語・地歴公民or数学

○法学部2部(2月11日入試)、経済学部2部、経営学部経営学科2部
国語・地歴公民or数学

※センター利用入試は煩雑なので割愛

北海学園大学は、全学部が偏差値50弱となっている北海道の中堅大学です。基本的には英語、国語、地歴公民というオーソドックスな文系3科目で受験可能ですが、法学部の一部入試日程と経済学部、経営学部では、地歴公民の代わりに数学を選択することもできるようになっています。中堅大学らしい基礎〜標準問題が中心ですが、経営学部(1部)と人文学部(1部)の英米文化学科では英語にリスニングが含まれるので要注意。リスニングに関しては、きちんと耳を慣らしておかないと中学レベルの文章さえ聞き取れない場合があるので、毎日1パッセージをリスニングするなど対策をしておきましょう。
経済学部と法学部には入試日程が2種類あり、両方を受験することも可能。倍率はいずれも2倍台前半で推移しており、特に日程による有利不利は見られません。北海学園大学に強いこだわりがあるなら、両日とも受験すれば、一方には引っかかるという可能性も出てくるのではないでしょうか。
ちなみに全学部の平均倍率は1.6倍となっていますが、文系学部については2.0〜2.5倍程度となっています。倍率が1.2〜1.5倍となっている理系の工学部が平均値を下げていることが主な理由。そのため、文系の受験生にとっては決して簡単な大学ではありません。きちんと受験勉強に集中しないと、合格はできないものと考えておきましょう。
そのほか、北海学園大学の特徴としては道内の大学で唯一、2部(夜間部)を設置していることが挙げられます。社会人をしながら学士号を取得したい方、経済的理由で働きながら学問を修めたい方にとって夜間大学は非常に有益。学びたいという方に広く門戸を開いている北海学園大学は、まさに北海道の良心というべき学校です。

みんなからの評判は?北海学園大学の実情!

  • 全学部とも偏差値は50弱!標準レベルの受験生が集まる中堅大の一角です!
  • 文系学部の倍率は2.0〜2.5倍の範囲で推移!合格できるのは2人に1人以下…!
  • 経営学部&人文学部英米文化学科ではリスニングの出題があるので要注意!
  • 札幌キャンパス以外に函館、帯広、旭川、青森、東京でも入学試験を実施しています♪

北海学園大学のメリット4つを紹介♪

就職活動に有利な資格試験講座を実施!

就活で重視されるのは学歴だけではありません。最近では大学のブランド力より、本人の能力を重要視する企業が増えてきていますから、在学中に資格を取得しておくことで就職活動が驚くほど有利になるのです!北海学園大学には資格試験合格のための対策講座があるので、その点は安心ですね♪

北海道随一の由緒ある私立大学♪

実は北海学園大学は北海道最古の私立大学なんです!あの北海道大学の前身となった札幌農学校予科に進学するための予備学校として明治18年に設立された北海英語学校こそが、ここ北海学園大学のルーツ。歴史ある学校で学びたいという方にオススメです♪

専用就職情報サイト“ミナトコム”を運営!

北海学園大学では、新卒だけでなく既卒者の就職支援を積極的に行っています!キャリア支援センターという就活支援機関のサポートを受けられるのはもちろん、北海学園大学の卒業生だけが利用できる就職情報サイト“ミナトコム”を活用して、就職活動を有利に進められるのです!

地下鉄駅がキャンパスに直結!?

アクセス重視で大学を選ぶのなら、北海学園大学は最適な選択肢の1つといえます。なんと北海学園の豊平キャンパスには札幌市営地下鉄東豊線の学園前駅が直結!徒歩0分で大学敷地に入ることが可能なのです。大学付近には商業施設が多く、全般的な利便性も抜群!

資格を持っていれば、就活の面接で「在学中に努力したことは何ですか」といった質問をされても怖くありません。取得した資格を見れば、在学中、資格取得の勉強を頑張っていたことは一目瞭然ですから。サークル活動や部活と違い、努力したことを客観的に証明できるので、当然ながら面接官の心証は抜群!北海学園大学ではファイナンシャル・プランニング2級、秘書技能検定2級、日商簿記検定2級、販売士検定3級、宅地建物取引士といった人気資格を取得するための対策講座が開講されていますから、大学の全面サポートを受けて資格取得に邁進することが可能ですよ!

北海学園大学が運営しているミナトコム(北海学園キャリアナビ)は、北海学園大と北海商科大の学生を対象とした就職サイト!常に多数の求人情報が掲載されているのはもちろん、北海学園大の先輩たちによる筆記試験の情報、面接で聞かれた内容など採用を勝ち取るための具体的な情報が満載。さらに、就職部スタッフによる進路相談や面接指導の予約も、このミナトコムから行うことができます。既卒者でも利用できるわけですから、大学を出て数年後に転職を考える場合などもミナトコムを通じて大学のサポートを受けることが可能。生涯にわたる手厚い就職支援は、北海学園生だけの特権といえるのです!

北海道の本格的な開拓が始まった明治初頭、米国からクラーク博士を迎えて設立された札幌農学校が北海道開拓の礎となったことは広く知られています。そして、その札幌農学校へ入学するための予備校として設立されたのが、この北海学園大学の前身、北海英語学校だったのです。札幌農学校が北海道大の前身であることは多くの方がご存じだと思いますが、北海学園大学がその流れを組んでいることまで知っているという受験生はそれほど多くないのでは?北海道の歴史に残る大学で学びたいのであれば、この北海学園大学は最適な進路の1つだと思いますよ。

札幌市営地下鉄東豊線の学園前駅が直結している豊平キャンパスは、通学でのアクセス面においてほかの追随を許さないレベルにあります。特に北海道は冬場、積雪で移動が困難になる土地。北海道生まれ&北海道育ちの道産子であれば慣れたものでしょうが、他の地域から進学してきた学生にとっては毎朝の通学さえ四苦八苦でしょう…。しかし、地下鉄駅が学校に直結していれば何も心配はありません!ちなみに学園前駅のとなり駅は豊水すすきの駅。ここから300メートルほどで、札幌一の繁華街として名高い南北線すすきの駅前にたどり着けますので、遊びたい盛りの若者も納得では?ただ、すすきの駅にはあまり雰囲気の良くないエリアもありますし、治安面と遊びすぎには要注意!

資料請求はこちら

※外部サイト

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

このページの先頭へ