広島市立大学
の詳細
大学の魅力&入試データ

広島市安佐南区の公立大、広島市立大学に合格するためのノウハウを余すところなく伝授!配点、学科ごとの難度差など、他では知ることのできない情報満載です。市大受験を考えているなら、まず当サイトをチェック♪(※2013年当時)

広島市立大学

〜広島市立大学の基礎データ〜

初年度総額:

95万8,800円

平均倍率:

約3.4倍

募集学科&募集定員:

国際学部 国際学科:100名
芸術学部 美術学科:40名
芸術学部 デザイン工芸学科:40名

受験科目:前期:

○国際学部
1次:センター試験(3教科3科目)
2次:小論文

○美術学科(油絵、デザイン工芸)
1次:センター試験(3教科3科目)
2次:実技

受験科目:後期:

○国際学部
1次:センター試験(3教科3科目)
2次:総合問題

○美術学科(日本画、彫刻)
1次:センター試験(3教科3科目)
2次:実技

広島市立大学は公立大なので、入学試験はセンターと独自試験による2段階選抜。ただ、2次試験は小論文や総合問題、実技となっており、通常の科目試験が課されるのはセンター試験のみです。センターランクは国際学部前期が76%、後期が77%、芸術学部前期が60%、後期が58%。国際学部はかなりの難関となっています。ちなみに国立は多くの大学が5〜6教科7科目を課していますが、広島市大は公立なので科目負担は抑えめ。原則、3教科3科目となっていますので、その点は安心してください。
2次試験のレベルですが、国際学部後期は総合問題とはいえ、一応学力を測る試験になっており、目安の偏差値は60。センターランクの77%と併せて考えると相当の難易度ですから、可能な限り前期日程で合格を決めてしまいたいですね。
次に1次と2次の配点バランスを確認してみましょう。国際学部の前期がセンター600点に対し2次400点、後期がセンター試験400点に対し2次400点。芸術学部は前期がセンター600点に対し2次1200点、後期がセンター600点に対し1200点です。芸術学部は独自試験で実技能力を測るため、そちらの配点が非常に大きくなっています。

合格を勝ち取る4ヵ条!広島市立大学編

  • 公立大なのでセンターによる1次試験を実施!ただし、科目数は少なめの3科目♪
  • 国際学部はかなり難しく、センターランク76〜77%!後期の2次偏差値は60です…!
  • センターと2次の配点に要注意!国際は前期600:400、後期400:400と2次のウエイトが大きめ!
  • 芸術学部は2次試験がセンターの倍になっていますが、これは実技試験を課すためです!

国際人を育成!広島市立大学のグッドポイント

世界大学ランキング上位の協定校多数♪

広島市立大学が学術交流協定を結んでいる大学は、世界8ヶ国の13校。少ないな…と思われたことでしょうが“量よりも質で勝負”!同大が協定校を結んでいる教育機関の中には、あの世界大学ランキングにもランク入りした名門校も含まれているのです。

県内で唯一の“国際学部”♪

広島市立大学は国際学部、情報科学部、芸術学部の3学部から成る、非常にユニークな学部構成の大学です。中でも特色豊かなカリキュラムを行っているのが国際学部。広島県内の公立大学としては唯一設置されているのです。

アジア、ヨーロッパを中心に8ヶ国13大学と協定を締結している広島市立大学。協定校の1つ“ハワイ大学マノア校”はQS世界大学ランキング(2012〜2013)において去年よりも10位以上あがり283位にランクインしています。また、平成24年度THE世界大学ランキングにおいて、同大の協定校“ベルリン・フンボルト大学”も99位のランクイン。この他、女子大の中では世界最大といわれる韓国屈指の名門“梨花女子大学”をはじめ、同大は各国の名門校・有名校と協定を結んでいるのです。留学先での質の高い学びを求める学生は是非ともチェックしましょう。

広島県内の公立大として唯一国際学部を開設している広島市立大学。同学部は学生のやる気を引き出すような独創的カリキュラムを実施しています。1年次には“CALL英語集中”で徹底的な語学学習を行い、学びの基礎を構築。この講座の受講2ヶ月でTOEICのスコアが100点ほど上昇した実績も。“ゼミ”は各担当講師ごとに独自性の強い学びを展開。いずれも実践に重点を置いているため、社会で役立つ大きな力となるでしょう。また“地元野球チーム広島東洋カープと連携したインターン”では、同学部学生をドミニカ共和国へ派遣。スペイン語を学びながら、国際就業体験をすることが可能です。なおこのインターンでは、広島東洋カープより渡航費と生活費のサポートが受けられる嬉しい特典も♪

資料請求はこちら

※外部サイト

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

このページの先頭へ