平安女学院大学
の評判
&受験結果の詳細分析

京都市上京区の中堅女子大、平安女学院大学の入試分析を公開しています!キリスト教系ミッションスクールなので、オシャレ女子にもオススメ。偏差値や学費などの数値を並べるだけではなく、合格率を少しでも上げるための具体的アドバイスが満載です♪観光学科のある大学は少ないので、観光系志望の方にピッタリ!?(※2013年当時)

平安女学院大学

〜平安女学院大学の基礎データ〜

初年度総額:

140万円

平均倍率:

約1.0倍

募集学科&募集定員:

国際観光学部 国際観光学科:90名
子ども学部 子ども学科:90名

受験科目:

○全学部(一般A)
国語・外国語

○全学部(一般B)
国語or外国語

○全学部(一般C)
面接

○全学部(センター利用2期)
国語or外国語or地歴公民or数学or理科から2科目選択

○全学部(センター利用1、3期)
国語or外国語or地歴公民or数学or理科

平安女学院大学は、国際観光学部と子ども学部から構成される女子大です。大手予備校の偏差値では40〜42となっており、中堅下位といった位置づけに相当。センター利用入試の場合、合格の目安となるセンターランクは全学科とも40%です。一般、センターともに1科目から受験できるので、滑り止めを確保したい方にオススメの学校といえるでしょう。
とはいえ、平女の場合、偏差値やセンターランクよりも、真に注目するべきは倍率です。実は2013年の入試結果を見る限り、ほとんど全ての入試方式で倍率は1.0倍。全入試を合わせて、受験者287名のうち279名が合格しているのです。要するに不合格者はわずか8名。これら不合格者の内訳は推薦入試6名、センター利用の1期が2名となっており、それ以外の方式はすべて全入なのです。
これらの結果を見れば、偏差値40という数値は偶然の産物であり、実際には30台の受験生であっても合格できる可能性が高いことは明らか。そもそも偏差値は合格者が模擬試験でマークしていた偏差値の平均を取ったものですから、規模の小さな大学の場合、必ずしも難易度を正確に表しているとは限りません。以上から、平女は非常に合格しやすく、滑り止めとして最適な学校の1つと考えて問題ないでしょう。

合格を勝ち取る4つの原則!平安女学院大学の入試ガイド

  • 代々木ゼミが発表する偏差値は国際観光学部が42、子ども学部が40です!
  • センター利用入試の合格基準となるセンターランクは全学科とも40%!
  • ただし、倍率はほぼ全ての方式で1.0倍!実は、データ以上に合格しやすい大学♪
  • 若干の不合格者が出ているのはセンター利用と推薦!これらを避ければ合格は可能!?

就職率は全国屈指!平安女子大学の特色まとめ

全国女子大トップクラスの就職率♪

国際観光学部と子ども学部の2学部を擁する平安女子大学。両学部とも例年の就職率は90%を超えるほか、特に子ども学科では、90%以上が各教員や保育士など教育に特化した業種のプロフェッショナルとして活躍しています。

子ども学科の先進的カリキュラムに注目♪

平成26年より“グローバル・ティーチャー育成プログラム”を発足させた平安女学院大学の子ども学科。平成25年に文部科学省が“小学校中学年より英語教育をスタート”させる方針を固めたことは記憶に新しいですが、同大同学科はそうした変化にいち早く対応するものとなっています。

平安女子大学では、国際観光と子どもの各学部ともに例年の就職率が90%以上。国際観光学部平成24年の主な就職先としては、近畿日本ツーリスト、H.I.Sなど旅行王手企業他、京都銀行、南都銀行、京都中央農業協同組合、郵便局、郵便事業、ミキハウスなど。子ども学部平成24年の主な就職先としましては、各市の保育園・幼稚園・小学校教員ほか、ホテルや病院。この他、過去5年にキューピー、京セラ、ダイハツ、ワコール、JAL、日立、京都第1赤十字病院、伊勢丹、パナソニック、三井住友銀行など有名企業への就職実績も目立っています。

平成女学院大学の子ども学科では“英語教育の早期化”“IT機器の活用などを含む情報リテラシーの向上”“コミュニケーション力の強化”などと言った初等教育の変化にいち早く対応すべく“グローバル・ティーチャー育成プログラム”をスタート。その内容は“先端機器を利用した授業”“TOEICスコア8割以上”“国外の教育にも目を向ける”“実践力を養う体験重視学習”“コミュニケーションスキルの向上”“現代に即した教育法を知る”“豊かな人間性を有した女性の育成”などと言ったもの。教育現場の過渡期に対応する同学部のカリキュラムは、教員を目指す学生であれば要チェックということが可能です!

資料請求はこちら

※外部サイト

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

このページの先頭へ