岐阜大学
の入試突破!
ネット上での評判も掲載

岐阜県岐阜市の国立大、岐阜大学に合格するためのデータを掲載しています!単に倍率、偏差値といった数字を載せているだけではなく、具体的な対策法を紹介していますので、是非ともチェックしてみてください。夢の岐大生になるための第一歩がここにあります♪(※2013年当時)

岐阜大学

〜岐阜大学の基礎データ〜

初年度総額:

81万7,800円

平均倍率:

約6.3倍

募集学科&募集定員:

教育学部 学校教育教員養成課程:230名
教育学部 特別支援学校教員養成課程:20名
地域科学部 地域政策学科:50名
地域科学部 地域文化学科:50名

受験科目:前期:

○地域科学部
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:小論文・外国語or数学

○学校教育教員養成課程(国語、社会、家政、英語、学校教育、特別支援学校)
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:国語or外国語or数学から2科目選択

○学校教育教員養成課程(音楽、保健体育)
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:実技・国語or外国語or数学

○学校教育教員養成課程(美術)
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:実技・面接・国語or外国語or数学

受験科目・後期:

○地域科学部
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:小論文

○学校教育教員養成課程(英語)
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:外国語

○学校教育教員養成課程(国語)
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:国語

○学校教育教員養成課程(保健体育)
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:実技

○学校教育教員養成課程(家政)
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:国語or外国語or数学or理科

○学校教育教員養成課程(学校教育・特別支援学校)
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:国語or外国語or数学

○学校教育教員養成課程(音楽)
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:実技

岐阜大学は国立なので、センター試験による1次、大学独自の2次、2回の試験で合否判定を行っています。最終的には1次と2次の合計点で合否が決まるため、そのいずれにおいても手を抜くことはできません。1次試験の合格基準目安となるセンターランクは58〜70%の範囲内。さらに2次試験の目安となる偏差値は50〜57となっています。国立大学としては標準的な難易度といえるでしょう。
ただ、センターランク58%というのは実技が大きな意味を持つ学校教員養成課程の美術教育、60%台前半をマークしているのも同じく音楽教育や技術教育が主。一般的な学科教育のコースに進むならば、65〜70%が合格基準となります。合格を目指すならば、7割5分の得点率が欲しいところ。
1次試験と2次試験の配点比率ですが、地域科学部の後期試験を除く全文系学科でセンター450点、2次400点となっています。ややセンター重視とはいえ、2次が合否に影響することは間違いないといえます。夏休みまではセンター試験の対策を重視し、そこからは2次対策にも力を入れる…という計画が妥当です。唯一、地域科学部の後期だけはセンター450点、2次300点となっている上、独自試験が小論文となっています。小論文は点差がつきにくい科目ですから、地域科学部の後期日程を受験する場合は、よりセンター対策に力を入れる必要がでてくることでしょう。

合格への道しるべ〜岐阜大学のポイント4ヵ条

  • センターランクは58〜70%ですが、50%台で合格できるのは教員課程の実技科目系のみ…!
  • 地域科学部、教員課程の学科科目系コースなら、センターで7割5分の得点が欲しいところ!
  • 1次と2次の配点バランスは若干センター寄り!夏まではセンター対策を重視!
  • ただし、地域科学部の後期についてはセンターで合否が決まる傾向にあります!

地元での就職に強い!岐阜大学のストロングポイント

15ヶ国44大学が協定校!

世界15カ国44の大学と大学間協定を、23の大学と部局間協定を結んでいる岐阜大学。中には比較的珍しい東欧、中東欧の地域も含まれ、留学先として様々な国に興味を持つ方には最適な環境が用意されていると言えるでしょう。

文系学科の就職率は全国屈指♪

文系学科、特に教育学部の就職率が例年トップである岐阜大学。国立大学に限定すればここ数年間の就職率は常に3位以内という輝かしい実績を記録しています。このような実績の裏には同大教育学部の教員採用率の高さがあるのです。

岐阜大学が結んでいる大学間協定の一例は、ドイツのエルフルト大学、バイロイト大学、ブラジルのカンビーナス大学、アメリカのサンディエゴ州立大学、ユタ大学、ユタ州立大学、ポートランド州立大学、ノーザンケンタッキー大学、ウェストバージニア大学、中国の広西大学、電子科技大学、江南大学、内蒙古農業大学、同済大学、華僑大学、韓国のソウル科学技術大学、高麗大学、オーストラリアのグリフィス大学、シドニー工科大学、タイのカセサート大学、モンクット王トンプリ工科大学、チェンマイ大学、インドのシバジ大学、インドネシアのスプラス・マレット、ガジャマダ、ボゴール農科大学ほか、ハンガリーのパンノン大学、リトアニアのカウナス工科大学、ヴィータウタス・マグヌス大学など。ヨーロッパ、アメリカ、アジア以外の地域も留学の選択肢になり得る点は同大学の大きな魅力と言えるでしょう。

週刊東洋経済が発表している“大学就職率ランキング”に例年ランクインしている岐阜大学。特に教育学部の就職率は毎年90%を超えており、同ランキング 2010年では第7位、2011年では11位、2013年では13位。国立のみに限定した場合の就職率ランキングであれば 2010年は2位に富山大学人発達科学部、3位に和歌山大学教育学部を従えて第1位、2011年も2位に福井大学教育地域科部、3位に上越教育大学学校教育学部を従えて第1位、 2013年は和歌山大学観光学部、名古屋大学経済学部に次ぐ第3位という輝かしい就職率をマークしています。その秘密は教育学部における高い教員採用率。志願者数に対する使用比率は2010年で 93.6%、2011年で 77.1% 2012年で 89.0%。教員を志す方であれば岐阜大学への進学を検討する価値は充分にあるといえるでしょう。

資料請求はこちら

※外部サイト

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

このページの先頭へ