福大合格のために
福島大学
の特色&入試データ

福島県福島市の国立大、福島大学の入試関連情報を細かく解説しています!偏差値、倍率、入試問題の傾向といった客観的データはもちろん、その他の気になる情報まとめなど読み物コンテンツも充実♪(※2013年当時)

福島大学

〜福島大学の基礎データ〜

初年度総額:

81万7,800万円

平均倍率:

約3.2倍

募集学科&募集定員:

人文社会学群 人間発達文化学類:270名
人文社会学群 行政政策学類:210名
人文社会学群 経済経営学類:225名
人文社会学群 夜間主コース:60名

受験科目:前期:

○人間発達文化学類人間発達、文化探究(地域生活)
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:小論文

○人間発達文化学類文化探究(言語文化)
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:国語or外国語

○人間発達文化学類スポーツ、芸術創造
1次:センター試験(4教科4科目)
2次:実技

○行政政策学類
1次:センター試験(6教科7科目)
2次:小論文

○経済経営学類
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:外国語or小論文

○経済経営学類専門・総合入試
1次:センター試験(1〜2教科2科目)
2次:面接

受験科目・後期:

○人間発達文化学類
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:小論文

○行政政策学類
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:小論文

○経済経営学類
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:外国語or小論文

福島大学は国立大なので、原則としてセンター試験は5〜6教科7科目となります。2次試験は大半の学類で小論文を課しており、学科試験が課される文化探究コースの場合でも国語か英語のどちらかを選択する1科目の試験になっているのが特徴。もともと小論文というのは“よっぽど優秀な受験生でもない限り通り一遍の内容しか書けないのが普通”という現状ですから、2次試験で大きな得点差が生まれる可能性は低いといえるでしょう。そのため、半ばセンター試験で高得点を取っておけば高い確率で合格できるものと考えて構いません。ですから、福島大学受験生はもっとも力を入れるべきなのはセンター試験対策ということになります。
センターランクを確認してみると、人文社会学群はスポーツ・芸術コースが58%、残りはすべて63%。1次試験で得点を稼いでおくほうが有利というデータから考えて、6割5分が目標ということになるでしょう。もちろん、ここで7割を取れるなら、それに越したことはありません。
2次試験で学力試験が課されるコースについては、代々木ゼミの難易ランキングで偏差値52と掲載されていました。2次試験で学力試験を受ける場合も、基礎〜標準レベルの問題がきちんと解けていれば問題ないはず。そのため、センター試験対策をしっかりと行っておくことが、2次試験での高得点にもつながるのです。1にも2にもセンター対策、それが福島大受験生の合い言葉といえます!

福島大学を受験するなら知っておきたい〜4つのアドバイス

  • センター試験は5〜6教科7科目!理数系の科目も含まれるので万全の対策を!
  • 2次試験は原則として小論文のみ!得点差がつきにくいので実質センター勝負!
  • 学科試験が課される一部の入試でも、偏差値は52!基礎力を固めておくことに注力しよう♪
  • センターランクは63%なので、過去問で6割5分以上が取れるように演習を重ねておきましょう♪

福島大学の優れた点をご紹介♪

短期語学研修&海外学生派遣を行っています♪

学生時代に世界を見ておこうと一人旅をしたりする方もいます。しかし、どうせなら大学公認の交換留学や語学研修を利用して海外へ羽ばたいてみませんか?福島大学では7の国と地域にある11大学と大学間交流協定を結んでおり、積極的な学術交流が行われています!

教養人を目指すなら福島大がオススメ!

福島大学は、もともと学群学類の垣根を越えた研究、講義を重視しています。ですから、自分が選択した学類の講義だけでなく他学類の授業を履修するチャンスが多くあるのです。1分野だけに留まらず、さまざまな学問について知識を深めたいなら、最適の環境といえるでしょう。

福島大学が海外学術交流を行っている大学は、7つの国と地域にある11校の大学。それぞれ紹介しますと、アメリカのミドルテネシー州立大学、ウィスコンシン州立大学、カナダのヴィクトリア大学、中国の河北大学、華東師範大学、北京師範大学、中南財政経法大学、台湾の国立台北大学、韓国の韓国外国語大学校、ベトナムのハノイ国家大学です。アメリカ大陸と東アジアに偏ってはいますが、英語能力を高める語学研修を行うのであれば充分でしょう。学生の間に海外へ…と考えているのであれば、福島大学から交換留学などの方法で、旅だってみてはいかがでしょうか。(情報は調査当時)

学問に向き合うにあたっては、特定分野について深く掘り下げて研究するスペシャリスト(専門家)と、あらゆる学問を教養として身につけるゼネラリスト(教養人)という2つの方向性があります。ともするとスペシャリストのほうが優れているように考えがちですが、あらゆる分野を俯瞰して物事を考えるゼネラリストの重要性は決して忘れてはいけません。福島大学は学群学類の垣根を越え、あらゆる分野の学問に触れる機会を大切にしています。物事を大局的に判断できるゼネラリスト、教養人を目指すのなら、福島大学での4年間は大きな意味を持つことでしょう。

資料請求はこちら

※外部サイト

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

このページの先頭へ