福井大学
の入試解析!
大学の魅力&大学紹介

福井県福井市にある国立大、福井大学を受験する方に向けて、同大学の入試傾向分析をお届けしています!合格率を高めるためには、まず入試の傾向を知ることが大切。あこがれの福大生になるための第一歩を踏み出しましょう♪(※2013年当時)

福井大学

〜福井大学の基礎データ〜

初年度総額:

81万7,800円

平均倍率:

約4.0倍

募集学科&募集定員:

教育地域科学部 学校教育課程:100名
教育地域科学部 地域科学課程:60名

受験科目:前期:

○学校教育課程(言語教育)
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:国語・外国語

○学校教育課程(生活科学教育)
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:数学・国語or外国語

○学校教育課程(教育実践科学、臨床教育科学、障害児教育)
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:国語or外国語or数学から2科目選択

○学校教育課程(社会系教育)
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:地歴公民・外国語or数学

○学校教育課程(音楽・美術)
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:実技・面接

○学校教育課程(保健体育)
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:実技

○地域科学課程
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:国語or外国語or地歴公民or数学から2科目選択

受験科目・後期:

○学校教育課程(言語教育、生活科学教育、社会系教育、教育実践科学)
1次:センター試験(5〜6教科7科目)
2次:小論文

○学校教育課程(臨床教育科学、障害児教育)
1次:センター試験(3教科3科目)
2次:小論文

○地域科学課程
1次:センター試験(3教科3〜4科目)
2次:小論文

福井大学は国立大ですので、センターによる1次試験と大学独自の2次試験による2段階選抜を行っています。よって、合格基準の目安を考える上では、1次と2次の両方について基準をクリアすることが必要。福井大の文系学部は教育地域科学部だけなので、この1学部についてのみ考えればOK。
まず、前期日程についてはセンター試験の基準となるセンターランクが、学校教育課程の美術&音楽で50%台半ば、保健体育で60%、言語教育&社会系教育で70%前後、それ以外の全課程で60%台半ばとなっています。合格を確実にするためには基準+5%の得点率が欲しいところなので、美術&音楽なら6割、保健体育なら6割5分、言語教育と社会教育なら7割5分、それ以外なら7割が安全圏の目安となるでしょう。
2次で学科試験を課す場合、偏差値の目安は50〜54となっていますから、1次でセンターランク+5%を確保できていれば、偏差値50程度の学力で充分、合格を狙える計算です。ちなみにセンターと2次の配点比率は原則900:600でセンター重視。この事実からも、センターで充分な得点を稼げば合格できる確率が高いと言えます。
次に後期日程ですが、福大の後期は2次試験を行わないため、センター試験の結果だけで合否が決まります。その分、センターランクはやや厳しくなっており、生活科学、社会系教育、言語教育、教育実践が60%台半ば、地域科学、障害児教育、臨床教育が70%半ばです。音楽、美術、保健体育といったそれ以外の課程は、後期日程の募集をしていません。ただ、センター試験は過去問、参考書といった教材が充実している分、対策が立てやすいのが特徴。センターの問題傾向が得意であれば、後期日程で合格することは難しくないでしょう。

入試突破に向けた4つのポイント〜福井大学編

  • 福井大の文系は、教育地域科学部のみ!学校教育課程と地域科学課程に大別されます!
  • 前期日程のセンターランクは最難関のコースで約70%!7割5分を取れば安全圏!
  • 2次試験の偏差値は全課程とも50〜54!受験生として標準程度の学力でOK!
  • 後期日程はセンター試験のみ!7割後半〜8割の得点を確保すれば、合格はほぼ確実♪

全国トップ!?福井大学の就職実績!大学2つの魅力

5年連続でトップの就職率♪

サンデー毎日が全国の240大学について調査した“大学就職率ランキング2012”において5年連続でトップにランクインされた福井大学。その秘密は、企業からも大変高い評価を受ける“定着率の高さ”(離職率の低さ)に隠されているようです。

世界に64もある協定校♪

大学間交流と部局間交流合わせて64もの協定校を世界各所に持っている福井大学。中国、韓国、アメリカを中心に、ヨーロッパ、中東、オセアニア、アフリカなど幅広い地域を国際交流の候補地として考えることが可能です。

例年安定した高い就職率を誇る福井大学。その実績が認められ、全国240の大学(国公私含む)を対象とした2012年の“就職率ランキング”(サンデー毎日)において、同大学は5年連続1位にランクインしました。また就職後1年の離職率は全国平均を大きく下回りわずか2.6%。就職後3年の離職率は全国平均と比べて22%も低いため“数多くの企業に同大のOB・OGが在籍している”ことが期待できます。今後同大学の新しい世代の学生が就職活動をする上で、こうした事実は非常に有利であり、同時に大きなポイントと言えるでしょう。

福井大学では28の大学間交流協定、36の部局間交流協定の計64の大学と協定を締結しています。協定校のある国々としましては、中国、韓国、台湾、モンゴル、インドネシア、フィリピン、タイ、ロシア、バングラデシュ、オーストラリア、ドイツ、ポーランド、フランス、アメリカ、カナダほか、アラブ首長国連邦、ブルガリア、モンゴル、ウガンダ共和国と言った個人で旅行するには少々珍しい地域も含まれているのです。学生時代ならではの得がたい体験のためにそういった地域をあえて留学先の候補とする…というのもまた一興かもしれません。

資料請求はこちら

※外部サイト

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

このページの先頭へ