同朋大学
の受験対策法
&大学の魅力まとめ♪

名古屋市中村区の中堅大、同朋大学の受験情報をどこよりも詳しくまとめています!受験戦争を勝ち抜くためには、まず情報戦に勝利することが必要。絶対合格を実現するための極意をあなただけにお届けします♪(※2013年当時)

同朋大学

〜同朋大学の基礎データ〜

初年度総額:

約127万円前後

平均倍率:

約1.3倍

募集学科&募集定員:

社会福祉学部 社会福祉学科:190名
文学部 仏教学部:20名
文学部 人文学部:50名

受験科目:

○文学部、社会福祉学部(1期A方式)
国語・外国語・地歴公民or数学

○文学部、社会福祉学部(1期B方式)
国語or外国語or地歴公民から2科目選択

○文学部、社会福祉学部(1期C方式)
国語or外国語

○文学部、社会福祉学部(2期)
国語・外国語

○文学部、社会福祉学部(3期)
国語

○文学部、社会福祉学部(センター利用・前期、中期)
国語・外国語・地歴公民or数学or理科

○文学部(センター利用・後期)
国語or外国語

同朋大学は大手予備校が発表する偏差値でいうと39〜42程度。中堅下位、あるいは滑り止めとして受験する併願校に相当します。ほぼ同ランクの愛知東邦大学、愛知みずほ大学、愛知文教大学あたりと並んで、中堅大(東海学園大学、中部大学など)の併願校として検討されることが多いようですね。
やや難易度が高いのは偏差値42をマークしている社会福祉学科の子ども学専攻。倍率も1.9倍と目立って高くなっており、滑り止めと捉えて安易に受験すると、思わぬ結果に終わる可能性も…。
逆に難易度が低いのは偏差値39となっている文学部仏教学科ですが、宗教系学科は研究内容が特殊ですし、就職にも結びつきにくい部分があります。また、宗教というのは本質的にセンシティブな要素を持っていますから、本気で打ち込むだけの関心がないのであれば避けるべきでしょう。現実的な観点から述べるなら、偏差値40の文学部人文学科、社会福祉学部社会福祉専攻のほうがオススメといえます。
ちなみに2013年の入試結果を見たところ、特に社会福祉専攻は2期、3期とも受験者全員が合格しており全入状態。滑り止めを確保したいのであれば、1期より2期、3期を狙ったほうが堅実といえそうです。

入学試験の4大傾向をチェック〜同朋大学

  • 大手予備校の偏差値は40前後!中部大、東海学園大などの滑り止めに最適♪
  • ただし、社会福祉学科子ども学専攻は偏差値42とやや高め!安易な併願は危険かも!?
  • 狙い目なのは、偏差値40の文学部人文学科&社会福祉学科の社会福祉専攻♪
  • 2013年試験において、社会福祉学専攻の2期&3期は全員合格!堅実な滑り止めに最適♪

保育系随一の環境!同朋大学進学のメリット

キャンパス内に幼稚園がある♪

同朋大学はキャンパス内に幼稚園を擁する全国的にも珍しい大学です。同大学は社会福祉学部の中に“子ども学専攻”を設け、子ども教育のスペシャリストを養成しているため、この分野へ進む学生にとってはまさに理想的な環境ということができるでしょう。

きめ細やかな就職支援プログラム♪

少人数制を採用し、きめ細やかな教育や各種サポートを行っている同朋大学。特に就職活動サポートの拠点となっている“キャリア支援センター”には各種求人票や募集要項が用意され、徹底した個別指導カウンセリングを実施しているほか、各種講座を開設し、円滑な就活をバックアップしています。

キャンパス内に昭和27年設立の“同朋幼稚園”を擁している同朋大学。社会福祉学部・社会福祉学科の中に“子ども専攻”を設け、さらに“子ども福祉コース”“幼児教育コース”“子ども発達心理コース”と細やかにコース分けしていることからも、同大学が子ども教育のプロフェッショナル育成に大きな力を注いでいることが分かるはずです。同朋幼稚園は実習などにも利用されるため、学生は単なるインプットだけでなく、実践的なアウトプットの場が常に与えられているといえます。子ども教育のプロを目指す学生であれば、1度同大学への進学を検討する価値は充分にあるといえるでしょう。

同朋大学ではきめ細やかな就活バックアップの拠点である“キャリア支援センター”を開設し、学生を全力でサポートしています。同センターは、企業法人、社会福祉法人など分野ごとに分類されたファイル、自分の理想に合った企業を見つけるための検索システムが利用可能なコンピュータ、就活の基礎や企業紹介を扱ったビデオ、さらに卒業生たちの就活記録など豊富な資料を用意している他、各種就職対策を数多く開催。特に本格的な就職活動を開始する3年次を対象に開講されている“総合就職テスト”“就職選抜試験模擬テスト”“基礎マナー講座”“自己PR作成講座”といった実践的な講座は、必ずや就活成功の可能性を向上させてくれるはずです。

資料請求はこちら

※外部サイト

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

このページの先頭へ