国立二期校の雄!
千葉大学
学費&就職を徹底解析

学費の心配もあまりせず、学業、就職活動に邁進できる…そんな大学があったら最高だと思いませんか?こちらではそんな最高の大学を探す上で超有力候補となる国立大、千葉大学の学費&就職実績データを徹底紹介しています♪首都圏の受験生であれば一読の価値はあると思いますよ!(※2013年当時)

千葉大学

~千葉大学の学費データ~

入学金:

28万2,000円

授業料:

53万5,800円

初年度学費総額:

817,800万円

~千葉大学の学費詳細~

学科 入学金 授業料 設備費等 初年度総額 入学時納入金
全学部 282,000 535,800 0 817,800 282,000

千葉大学の学費を細かく分析!

千葉大学は国立大学ですので、学費や諸経費を合計した初年度総額は81万7,800円となっています。特殊な実験を行う学科、実習を頻繁に行う学科では別途実習費などが必要になる可能性もありますが、それほど大きく金額は変わることはないでしょう。私大の初年度総額は平均して131万4,521円ですから、比較すれば国立大の学費がどれほど安いか良く分かります。
知名度では同じ首都圏の国立大学である東大、一橋といった面々に劣りますが、学力的にはほとんど遜色なく、就職実績も抜群。東大に行けるほどじゃないけれど学力に自信があるという受験生は得てして早稲田、慶應などに流れがちですが、学費面を考えれば千葉大を受験するのも素晴らしい選択肢だと思いますよ。それが経済的に不安のある学生ならなおさらです。千葉大の学費なら、日本学生支援機構などの奨学金を利用すれば十分に捻出できるはずですし、国立大の学費分なら将来の返還にも無理が生じにくいでしょう。日本学生支援機構の奨学金は月額3万、5万、10万、12万といった複数のコースがありますが、借りれば借りるほど返済も大変になります。国立大に進学することで貸与額を減らしたほうが、のちのち楽になるのではないでしょうか。
もちろん、国立大の中でも難関校に属する千葉大に合格するのは容易ではありませんが、偏差値60以上の学力があるなら、勝算はあると思います。

千葉大学の就職実績を探る!

こちらでは千葉大学の主な就職先をチェックしてみましょう!首都圏国立といえば真っ先に名前が出てくるのは東大や筑波かもしれませんが、就職力では決して負けていません。有名私大の早稲田慶應と比較しても、むしろ千葉大のほうが優秀なくらいです♪まずは以下のブロックを読んで、具体的な就職先をご覧になってください。(※2013年当時)

就職率 79.7%

千葉大学の主な就職先

みずほフィナンシャルグループ、三菱東京UFJ銀行、京葉銀行、千葉銀行、八十二銀行、東京都庁、千葉県庁、栃木県庁、千葉市役所、江戸川区役所、市川市役所、船橋市役所、松戸市役所、厚生労働省、東日本旅客鉄道(JR東日本)、あいおい日生同和損害保険、味の素ゼネラルフーズ、近畿日本ツーリスト、アサヒビール、ソニー、モスフードサービス、北國新聞社、中日本高速道路、明治屋、臨海セミナー

地方国立大学とはいえ、抜きんでた実力を持つ千葉大学。首都圏にあるために東大、一橋大、筑波大などの陰に隠れがちですが、偏差値&就職実績ともに旧帝大と比較しても遜色ありません。国立大学は入試で必要な科目数が多いため、上位国立に進学するのは簡単ではありませんが、自信があるならチャレンジする価値は充分にあるでしょう。

学費コスパを総括!!

千葉大学は知名度こそ、東大一橋や早慶上智に及ばない印象ですが、就職実績は抜群です!みずほFG、三菱東京UFJといった都市銀行、ソニーなど一流の製造系企業に卒業生を輩出しているのに加え、省庁や市役所の就職にも強いのが特徴。民間企業で早慶上智と同レベルの実績を上げた上で、公務員系では早慶を上回っているわけですから、総合的な就職力では千葉大のほうに分があるといっても過言ではありません。
一般的に“地方国立は地元では強いが、都会では弱い”というイメージがありますが、千葉大はもともと首都圏にあるので、そういった問題とも無縁。特に会社の集中する東京23区が都内の千葉よりであることも手伝ってか、埼玉大、横浜国大といった首都圏国立と比較しても随一の就職実績を誇っています!学費の安さ、就職実績ともに最上位クラスの千葉大、そのコストパフォーマンスはまさに鉄壁と言って良いでしょう。

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

このページの先頭へ