佛教大学
の大学の魅力
&受験突破の必勝テク

京都市北区の私大、佛教大学に合格するための裏テクニックを満載してお届け!周囲のライバルを差し置いて、アッサリと合格するためには何をすれば良いのでしょう?受験を勝ち抜くためのアイディアが盛りだくさんです♪(※2013年当時)

佛教大学

〜佛教大学の基礎データ〜

初年度総額:

約130〜135万円前後

平均倍率:

約4.0倍

募集学科&募集定員:

仏教学部 仏教学科:60名
文学部 日本文学科:120名
文学部 中国学科:50名
文学部 英米学科:70名
歴史学部 歴史学科:110名
歴史学部 歴史文化学科:70名
教育学部 教育学科:130名
教育学部 臨床心理学科:60名
社会学部 現代社会学科:200名
社会学部 公共政策学科:120名
社会福祉学部 社会福祉学科:270名

受験科目:

○仏教学部、文学部、歴史学部、社会学部、社会福祉学部(A日程)
国語・外国語・地歴公民or数学

○仏教学部、文学部、歴史学部、社会学部、社会福祉学部、教育学部(B日程)
外国語・国語or数学

○教育学部(A日程)
外国語・地歴公民or数学・国語or理科

※センター利用入試は煩雑なので割愛

佛教大学は名称だけを見ると仏教の研究を主とする学術機関に見えてしまうかもしれませんが、仏教学部以外の学部学科はごく普通の大学組織となっています。偏差値は48〜58の範囲内となっており、産近甲龍と同程度。
難易度がもっとも高いのは教育学部教育学科で、偏差値は58。次いで、偏差値56の歴史学部歴史学科、教育学部臨床心理学科となっています。これらの学科については関関同立の下位学部に匹敵するほどの難度となっており、安易に併願校、滑り止めとして受験するのはリスキーかもしれません。
逆に合格が容易なのは文学部中国学科で、偏差値は48。さらに、偏差値51の社会学部公共政策学科、社会福祉学部あたりも狙いやすくなっています。学力に不安がある受験生であっても、これらの学科であれば佛大に合格できる可能性は充分。ちなみに偏差値だけを判断基準とした場合、48となっている仏教学部も難易度は低いといえますが、宗教系の学部は特殊性が高いため、本気で研究するつもりがないのであれば、受験は控えるべきでしょう。以上から、狙い目という判断が可能なのは、文学部中国学科、社会学部公共政策学科、社会福祉学部の3つということになります。
また、一般入試A日程を受ける場合、配点を3科目とも100点ずつの計300点満点にするか、2科目が120点満点、1科目が60点満点の計300点満点にするかを選択することが可能。傾斜配点を選ぶ場合“英語”と“国語”と“地歴公民または数学”のうち、どの科目を60点満点に圧縮するかについても、自由に選ぶことができます。要するに、自分の都合で苦手科目の配点を下げることが出来る…ということを意味しており、苦手科目のある方でも自信を持って受験することが可能。

受験情報!コレだけは知りたい4ヵ条〜佛教大学

  • 特に仏教専門の研究機関ではなく、仏教学部以外は普通の大学になっています!
  • 偏差値は48〜58!最難関の教育学部教育学科は関関同立にも匹敵するほどの難易度!
  • 逆に狙い目になっているのが中国学科、公共政策学科、社会福祉学部の3つ♪
  • 一般A日程は苦手科目の配点を60点満点に圧縮可能!得意科目があれば挽回は可能♪

大阪での就職は抜群!佛教大学の魅力をチェック

魅力的な4つの短期海外語学研修♪

佛教大学では、韓国、中国、アメリカのカルフォルニア州ロサンゼルス市、もしくは同州パームデザートの4カ所を“短期海外語学研修”の拠点としています。メインであるそれぞれの国の言葉の習得・上達に加え、他文化に接触することによる国際交流も目的の1つです。

大阪就職支援サテライトを堂々開設♪

進路サポートについて万全の体制が整っている佛教大学。中でも目玉となっているのが平成24年にJR大阪駅前にリニューアルオープンした“大阪就職支援サテライト”です。個別相談をはじめとして、大阪方面の就職活動拠点として活用する事が可能な施設となっています。

協定校は決して多くはないものの充実した交換留学、海外研修を実施している佛教大学。韓国、中国、台湾、ベトナム、モンゴルの協定校にて見識を深める“短期交換留学”ほか、アメリカのデザートカレッジ(カリフォルニア州)にて12ヶ月間学ぶ“派遣留学”では、現地で取得した30単位分までを同大の必要単位として正式認定。航空機台運賃が支給されるほか、デザートカレッジでの授業料が免除されるなどのうれしい待遇も受けることが可能です。また“短期海外語学研修”では、佛教大学ロサンゼルス校、デザートカレッジ(カリフォルニア州)、中国の西北大学、韓国の聖公会大学校がそれぞれ研修の拠点となります。

きめ細やかな進路相談・就職相談、ガイダンスセミナー、資格取得や各種試験・面接対策を行っている就職支援講座等で学生の就職活動に行き届いたサポートを提供し続けている佛教大学。平成24年4月1日よりリニューアルオープンした“大阪就職支援サテライト”はJR大阪駅のヒルトン大阪からほど近い、オフィスタワービルの10階に開設されています。ネットを使用した情報検索、個別相談、あるいはエントリーシートや必要書類の確認もしてもらえるほか、面談や説明会の時間調整、あるいは休憩所としても利用可能。大阪方面の就活拠点として大変重宝するでしょう。

資料請求はこちら

※外部サイト

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

このページの先頭へ