ヤマザキ学園大学の特徴や就職率に関する気になる情報

ヤマザキ学園大学の特徴や就職率に関する気になる情報

ヤマザキ学園大学の概要

ヤマザキ学園大学は短期大学として知ってる方もいるようですが、全国初の動物看護の大学です。動物看護学部動物看護学科1つのみですが、動物看護だけでなく、さらに動物福祉などのコースに分かれています。

キャンパスは渋谷と南大沢の2つ設置されており、1年は渋谷で2年からは南大沢で学びます。1年から4年まで動物看護の実習科目を履修できるので、かなり実学を重視していると言えます。設備も動物病院のような最新設備が整っています。

入試方法は一般の大学と変わらず、一般入試や推薦入試などがあります。就職先も動物病院だけでなく、ペットショップやドッグカフェ、ドッグトレーナーなどコースによって幅広い領域へ就職する可能性もあるようです。

Point①都心にキャンパスがある|ヤマザキ学園大学の特徴

ヤマザキ学園大学では、主に動物看護に携わるスペシャリストを育成することに力を入れています。近年、ペットを飼う人が増えているため、動物の知識を備えた人材が必要とされています。

ヤマザキ学園大学の特徴としては、Point①都心にキャンパスがあることが挙げられます。地方で学ぶのも大切ですが、都心で学ぶことができる環境が整っていることで多くの学生が通いやすくなり、自然と人気も高まっているのです。

Point②実習に力を入れている|ヤマザキ学園大学の特徴

動物看護に関する知識を学ぶことができるヤマザキ学園大学では、卒業後すぐに動物病院や動物関連団体などで即戦力として活躍することを目標とした教育を行っています。単に知識を身に付けているだけでは足りないため、ヤマザキ学園大学では特別な配慮をしています。

それは、Point②実習に力を入れているということです。口頭の講義でいくら学んでも、実際の現場では役に立ちません。学生自身が実習を行うことが、最も大切なのです。

>>動物看護士ってどんな仕事?

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

         

人気の文系大学10校を徹底紹介