長崎ウエスレヤン大学の特徴や就職率に関する情報

長崎ウエスレヤン大学の特徴や就職率に関する情報

長崎ウエスレヤン大学の概要

長崎ウエスレヤン大学は、鎮西学院創立120周年を記念して2002年に開学しました。同大学は、平和をつくりだす人を育てることを目標に、国際的に有益な社会人を育成することを建学の精神としています。

長崎ウエスレヤン大学の学部は、現代社会学部があります。この現代社会学部の中に、経済政策学科・社会福祉学科・外国学科があります。留学制度が充実しており、半年~1年の留学から1、2週間の短期留学まであります。

長崎ウエスレヤン大学の卒業後の進路は、地元長崎の企業に就職するのが一般的です。地元信用組合や観光業、自動車販売店、サービス関係などに就職しています。また、社会福祉学科では高齢者福祉施設や精神障害者関連施設などに就職しています。

Point①少人数ゼミ制|長崎ウエスレヤン大学の特徴

長崎ウエスレヤン大学では、Point①少人数ゼミ制をとっています。学生1人1人が自己実現を図り厳しい労働環境に適応するため、このように学生1人1人と対話することを重視しています。ゼミは1年次から4年次まであり、学生個々のニーズに対応しています。

また私立大学ではゼミ内の人数が多いことで有名ですが、長崎ウエスレヤン大学でのゼミは少人数で行なっています。学生の本分である研究の成果を充実させるためです。

Point②留学制度がある|長崎ウエスレヤン大学の特徴

長崎ウエスレヤン大学ではPoint②留学制度があるので、語学習得のため海外で実際に学ぶことができます。また留学は語学習得だけでなく、その国の文化や価値観を学ぶことになります。

若い感性を持った、この時期に海外の文化や人に触れるのは良い経験になります。長崎ウエスレヤン大学では、1週間、3~4週間、半年、1年など様々な期間を選択して留学することができます。またアジアを中心に、ヨーロッパや南北アメリカなどに提携校があります。

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

         

人気の文系大学10校を徹底紹介