東北文化学園大学の特徴や就職率に関する気になる情報

東北文化学園大学の特徴や就職率に関する気になる情報

東北文化学園大学の概要

東北文化学園大学は宮城デザイン専門学校を母体として1999年4月に開学した、とても新しい大学です。「21世紀を見据えた新しい教育」が理念の大学で、学部は看護と環境系が中心です。

科学技術学部・総合政策学部・医療福祉学部のほか、大学院も設置しています。取得できる資格は、ソフトウエア技術開発者・システムアドミニストレータなどのコンピュータ系の資格、建築士や看護師などの資格です。

東北文化学園大学の主な就職先は、サービス業関係や公務員、病院や高齢者福祉施設、障害者福祉施設、市役所や県庁職員などの公務員があります。介護や看護系の仕事をしたいと考えている人は、仙台にキャンパスがある東北文化学園大学で学びませんか。

Point①就職率が高い|東北文化学園大学の特徴

東北文化学園大学は宮城県にあり、とりわけ医療・福祉・科学技術・総合政策という人気の高い分野に長けている大学です。半端な知識を学んで終わるというのではなく、本格的な知識を身に付け専門的な職業人として活躍できるようにするのが狙いです。

ハイレベルな授業を行っていくことで、東北文化学園大学にはPoint①就職率が高いという特徴が生まれています。医療スタッフの不足が叫ばれる現代に、必要とされる大学です。

Point②資格取得に有利|東北文化学園大学の特徴

東北文化学園大学は、専門的な知識をマスターすることができる環境が整っています。特に、医療などの分野で活躍することが目標となっています。

そのためには、知識を身に付けただけでは足りません。実務で役に立たせることを考えると、資格の取得も求められます。東北文化学園大学では、Point②資格取得に有利となるカリキュラムを導入して学生の手助けをしています。知識を吸収し資格を取得することで、将来の就職へと繋げていくのです。

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

         

人気の文系大学10校を徹底紹介