白梅学園大学の特徴や就職率に関する気になる情報

白梅学園大学の特徴や就職率に関する気になる情報

白梅学園大学の概要

白梅学園大学は、2005年に東京都小平市に設置された子ども学部のみの単科大学です。元々は白梅学園短期大学のみが設置されていましたが、今では短大の一部を改組する形で4年制大学も併設されています。子ども学部には子ども学科、発達臨床学科、家族・地域支援学科の3つがあり、全ての学科で小学校教諭1種免許が取得出来ます。

白梅学園大学の大きな特徴として、就職率が高いことが挙げられます。その理由は、どの学科でも取得出来る資格が豊富にあるからです。

小学校教員1種免許の他に、例えば子ども学科と発達心理学科であれば保育士資格、幼稚園教諭1種免許、特別支援学校教諭1種免許の資格を取得出来ます。そのため例年就職率は95%を超えており、学生は就職の心配をあまりせずに生活を送ることが出来ます。

Point①就職率が高い|白梅学園大学の特徴

保育や教育に強い大学の1つに、白梅学園大学があります。掲げている理念はヒューマニズムです。学問だけが大学の目的ではありません。社会で活躍できる人間としての魅力を身につけることこそ、白梅学園大学の大きな目標なのです。

未来を担う人材を育成することに力を入れ、Point①就職率が高いという特色があります。学生1人1人を大切にして、それぞれが将来に向かって羽ばたいていくことを目指し、日々の学問・研究に打ち込んでいます。

Point②少人数制授業がある|白梅学園大学の特徴

未来を担う若者を育成するためには、一般的な大学のような勉強をするだけでは足りません。白梅学園大学の特徴には、Point②少人数制授業があるという点が挙げられます。少人数で講義を行うことによって、1人1人の学生がしっかりと理解することができる体制を整えているのです。

教育方針を明確に定めて、毎日の講義を進めていくことで、社会人になるための心構えを身につけます。白梅学園大学では、人間らしさを学ぶことができます。

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

         

人気の文系大学10校を徹底紹介