仙台白百合女子大学の特徴や就職率に関する情報

仙台白百合女子大学の特徴や就職率に関する情報

仙台白百合女子大学の概要

仙台白百合女子大学は、宮城県仙台市泉区本多町の場所にある大学です。この大学では「一人ひとりのいのちが輝くこと」をモットーにしており、少人数制教育で学生1人1人の希望に合わせたサポートを行っています。

学部は人間学部があり、学科に人間発達学科、心理福祉学科、健康栄養学科、グローバル・スタディーズ学科があります。人間発達学科では、即戦力となる小学校教諭や幼稚園教諭、保育士を目指すことができます。心理福祉学科では心理・福祉専門職プロを目指し、健康栄養学科では管理栄養士やフードスペシャリストなどの受験資格を得ることができます。

グローバル・スタディーズ学科では、国際人としての教養や感性を培うために英語の運用力を高める「イングリッシュインテンシブ」や「共生社会」、東アジアの言語と文化を学ぶ「グローバル文化」や「ビジネスホスピタリティ」の4つのコースがあります。

Point①少人数制教育|仙台白百合女子大学の特徴

仙台白百合女子大学は、宮城県を代表する大学の1つです。2013年4月に人間学部という新しい学部をスタートさせ、発展を続けている大学です。

他の大学と異なる大きな特徴としては、Point①少人数制教育に力を入れているところが挙げられます。一般的に大学では多人数での講義が中心となっていますが、仙台白百合女子大学は少人数での講義を増やすことによって、1人1人の力を伸ばしやすい環境を作り上げているのです。

Point②就職サポートが充実|仙台白百合女子大学の特徴

仙台白百合女子大学の特徴は、少人数制を取り入れていることだけではありません。学生のことを真剣に考えているため、就職に関する面でも魅力があります。特にPoint②就職サポートが充実している点については、近隣の大学に引けを取りません。

仙台白百合女子大学では所属する学生の希望に合わせて徹底的な支援を行い、就職活動をスムーズに進めていくことができるシステムになっているのです。就職難の現在だからこそ、きめ細かな対応が重要なのです。

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

         

人気の文系大学10校を徹底紹介