作新学院大学の特徴や就職率に関する気になる情報

作新学院大学の特徴や就職率に関する気になる情報

作新学院大学の概要

作新学院大学は、栃木県宇都宮市を本部とする私立大学です。作新学院大学では「自学自習、自主・自律の精神」をもって知識と実践力を身に付け、地域に貢献できる人材の育成を目指すことを理念・目標としています。

経営学部では企業的利益と社会的利益の両立を目指すための知識を学ぶことができ、地域の経済・社会に貢献できる人材の育成を行っています。人間文化学部は、心理・社会・言語文化・教育など幅広い知識を身に付けることで人間の在り方を探求し、現代の社会が抱える様々な問題の解決に取り組むことを目的としています。

作新学院大学は施設・設備が充実した大学として知られ、なかでも蔵書数24万冊を誇る図書館は大学の特長にもなっています。

Point①奨学制度が充実|作新学院大学の特徴

Point①奨学制度が充実している作新学院大学では、学業奨学生制度によって学生とその保護者に対して学費支援をしています。奨学金については返還義務もありませんので基準を達成していれば心配することなく利用できるのです。

作新学院大学の一般入試で得点率が80%以上になれば、入学金と一年次の授業料である95万円が免除されます。センター入試でも学業奨学生制度に挑戦できますし、学内の試験で良い成績を修めれば2年次以降も授業料を支払う必要はありません。

Point②スポーツ系部活動に力を入れている|作新学院大学の特徴

Point②スポーツ系部活動に力を入れている作新学院大学では、硬式野球部とサッカー部そして陸上競技部が強化指定部となっており、軟式野球部が準強化指定部です。文化部も充実してはいますが、強化指定をされているような部活やサークルはありません。

例えば作新学院大学にはナイター設備付きのグラウンドが学内にありますので、いつでも硬式野球の練習ができるようになっています。また、軟式野球も週に2回の団体練習をしています。

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

         

人気の文系大学10校を徹底紹介