大阪大谷大学の特徴や就職率に関する気になる情報

大阪大谷大学の特徴や就職率に関する気になる情報

大阪大谷大学の概要

大阪大谷大学は1909年(明治42年)に大谷裁縫女学校として設立され、2006年(平成18年)には男女共学制に移行しました。大乗仏教の精神に基づいて、命を尊び感謝の気持ちで接し合うというのが、建学の精神です。

学部は幅広く、文学部・教育学部・人間社会学部・薬学部があります。また、大学院も設置されています。仏教系の大学ということもあり、春には花まつり、秋には報恩講とよばれる宗教行事があります。

大阪大谷大学の就職実績について、文学部・人間社会学部はサービス業や公務員中心の就職先があり、教育学部は大阪をはじめ愛知県や名古屋市などの教職員としての採用が中心です。薬学部は、病院関係が就職先になります。

Point①就職率が高い|大阪大谷大学の特徴

就活大阪大谷大学は大阪にある私立大学の1つで、学生が自由にカリキュラムを選択することができる環境を作っています。2014年には新しい学部も誕生することになっていて、ますます発展していく見込みがあります。

また資格の取得にも有利になるようなシステムを整えていて、大きな特徴としてはPoint①就職率が高いということが挙げられます。

大学の就職率の高さというのは、学生の注目を集めるポイントになるものです。

Point②特別支援学校教諭1種免許の取得を目指せる|大阪大谷大学の特徴

大阪大谷大学においては、様々な分野の学習に力を入れています。一般的な大学と同じように文学や薬学の教育も重視していますが、それ以上に教育学に関する内容が充実しています。

また大阪大谷大学では、各種資格・免許の取得に向けた取り組みも行っていて、Point②特別支援学校教諭1種免許の取得を目指せるという魅力もあります。近年の就職活動においては、資格や免許を持っていることが大きな武器になるのです。

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

         

人気の文系大学10校を徹底紹介