新潟青陵大学の特徴や就職率に関する気になる情報

新潟青陵大学の特徴や就職率に関する気になる情報

新潟青陵大学の概要

新潟青陵大学は日本社会に適応した実学の伝授と良妻賢母の女子教育を目指し、裁縫伝習所として1900年に誕生しました。短期大学として活動していましたが、4年生大学として2000年4月に第1回入学式を行ないました。

大学では看護学科・福祉心理学科、短大では幼児学科、大学院では臨床心理研究があります。卒業後の就職において、看護学科は県内の病院を中心に県外の病院や養護教諭としての採用などもあり、就職内定率が100%になっています。介護心理学科でも高い就職内定率を誇り、県内外問わず高齢者福祉施設や病院、障害者福祉施設、児童福祉施設、地方公共団体などに就職実績があります。

Point①就職率が高い|新潟青陵大学の特徴

新潟青陵大学では、福祉・心理・看護といった分野の教育に力を入れています。表面的な知識を身に付ける場ではなく、専門家として活躍することを目指した徹底的な学習を進めています。

その為、新潟青陵大学にはPoint①就職率が高いという魅力があるのです。就職難が叫ばれている現在、就職率の高さというのは学生を集めるための大きなアピールポイントです。特に福祉・心理・看護という分野は、学生の人気が高いものなのです。

Point②資格取得に有利|新潟青陵大学の特徴

新潟青陵大学では学生に確かな知識を身に付けさせるために、カリキュラムをきちんと考えています。授業の内容を充実させることで、学生が学びやすくなっているのです。また就職を視野に入れて、Point②資格取得に有利になるような授業を心掛けています。

近年の就職活動は、積極的にアピールしていくだけでは採用に至らないものです。必要なスキルを持っていることに加えて、資格を取得していることが大きな武器になるのです。

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

         

人気の文系大学10校を徹底紹介