くらしき作陽大学の特徴や就職率に関する気になる情報

くらしき作陽大学の特徴や就職率に関する気になる情報

くらしき作陽大学の概要

くらしき作陽大学は、1930年4月に松田藤子が創立しました。「大乗仏教による豊かな人間性の涵養」を建学理念として、仏教精神に基づく情操教育により、有為な人材を社会に輩出しています。くらしき作陽大学の学部は音楽学部・食文化学部・子ども教育学部があり、サークル活動は運動部、文化部ともに盛んに行なわれています。

くらしき作陽大学の就職実績について、音楽学部や子ども教育学部の学生は公務員としての採用が中心です。その他に民間企業への就職実績もあります。食文化学部では、社会福祉法人や給食産業への就職が中心です。また、食品製造や食品流通業への就職実績があります。就職内定率は、各学部の学科によりばらつきはありますが、高い内定率を誇っています。

Point①就職率が高い|くらしき作陽大学の特徴

くらしき作陽大学はPoint①就職率が高いので、卒業後も安心です。音楽学部では充実した音楽環境できめ細かな指導を行い、プロの演奏家・教員・指導者としての就職が可能です。

食文化学部では、管理栄養士や栄養士、教員、フードコーディネーターなどの就職が可能です。子ども教育学部では小学校・特別支援学校コースと保育園・幼稚園コースがあり、分野別に就職活動がサポートされ、高い就職率を誇っています。

Point②就職サポートが充実|くらしき作陽大学の特徴

くらしき作陽大学はPoint②就職サポートが充実しており、1年次から1人1人に応じた進路相談を実施します。さらに就職支援活動が行われますので、早い段階で進路の動機付けが行われ、学生は目標に向かってチャレンジし易くなります。

その関係から学習への意欲が増し、きめ細かい学習に結びつけられます。そして、大学からの各個人に応じた手厚い就職活動サポートを受けられますので、就職に直結した学習が行われます。

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

         

人気の文系大学10校を徹底紹介