駒沢大学の特徴や就職率に関する気になる情報

駒沢大学の特徴や就職率に関する気になる情報

駒沢大学の概要

駒沢大学は1904年に設立し、1913年に現在の駒沢に移転しています。元々は、曹洞宗の大学で仏教系の大学と言えます。建学の理念も仏教の教えと禅の精神が理念となっています。同大学ではスポーツ(体育会)が盛んに行なわれています。

硬式野球部は東都大学野球連盟に所属し、春秋合わせて26回優勝しています。サッカー部も関東大学サッカーリーグ戦で優勝3回しています。また、ボクシングの強豪大学でもあります。このようにスポーツの強豪大学です。

大学の学部は総合大学ということもあり、たくさんの学部があります。また、大学院や法科大学院も設置されています。就職は寺関係や教員や自衛官などの公務員への就職が中心です。

Point①少人数制教育|駒沢大学の特徴

Point①少人数制教育が駒沢大学の法学部などで行われています。新入生演習や2年次の基礎演習といった科目を設けることによって、少人数制教育を実践しているのです。

また法科大学院においても入学定員36人にして、きめ細やかな指導をしています。このように基礎指導に重点を置くことで、3年次や4年次の研究成果に繋がっていくのです。少人数のクラスやゼミを設けることで、学生同士や教員との関係が深まります。

Point②箱根駅伝常連校|駒沢大学の特徴

駒澤大学はPoint②箱根駅伝常連校として有名です。正月の風物詩とも言われる箱根駅伝には第43回大会から連続して出場を続けており、第76回と第80回には総合優勝を果たしています。復路のみで言えば、記録上9回優勝をしています。たすきの色は藤色で長い伝統を誇っています。

以前はシード権を得ることができず予選会からの出場が多かったのですが、最近では有力選手が入学したことにより上位進出を果たすことが増えてきました。

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

         

人気の文系大学10校を徹底紹介