神戸常盤大学の特徴や就職率に関する気になる情報

神戸常盤大学の特徴や就職率に関する気になる情報

神戸常盤大学の概要

神戸常盤大学は、1908年(明治41年)開校の私立家政女学校をルーツに持つ非常に長い歴史のある大学です。保健科学部医療検査学科・看護学科、教育学部こども教育学科が設置されています。

また短期大学部には、口腔保健学科と看護学科通信制課程があります。神戸常盤大学では、これら全ての学部学科で実学を重要視し「いのち」を心身両面から支えることのできる技術者の養成を目指しています。

各学部では、臨床検査技師・細胞検査士、看護師・保健師・養護教諭、保育士・幼稚園教諭・小学校教諭の資格を取得することができます。神戸常盤大学の卒業生は取得したこれらの資格を活かし、地域に貢献できる人材として働いています。

Point①実習に力を入れている|神戸常盤大学の特徴

神戸常盤大学は神戸市にあり、特に医療・看護などの分野に強いことが特色として挙げられます。専門知識を教えるだけでなく、職業人としての心構えを学ぶ環境が整っています。

また、神戸常盤大学ではPoint①実習に力を入れていることが大きな魅力です。教室で一方的に教わるだけの講義では、本当の知識は身に付きません。1人1人が試行錯誤を重ねながら実習を行うことが、学生を成長させていくためには必要不可欠です。

Point②少人数制教育|神戸常盤大学の特徴

神戸常盤大学が掲げている特徴としては、Point②少人数制教育を中心とすることがあります。少人数での授業を行っているからこそ、実習を充実させることができます。

一般的な大学では、広々とした教室に数百名もの学生を集めて講義を行いますが、それでは一部の学生しか伸びていきません。全ての学生に成長の機会を与えるために、神戸常盤大学ではクラスの人数を調節して、しっかりと考えながら学べる環境を作っているのです。

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

         

人気の文系大学10校を徹底紹介