神田外語大学の特徴や就職率に関する気になる情報

神田外語大学の特徴や就職率に関する気になる情報

神田外語大学の概要

神田外語大学は1987年設立という比較的新しい大学です。建学の理念は「言葉は世界をつなぐ平和の礎」です。このようなことからも、同大学では外国の文化や言語とともに日本の文化を学ぶことに力を入れ、言語と文化両方を理解することに努めています。

外国語学部では英語、スペイン語、ポルトガル語、そして、東アジア・東南アジアの言語を中心とした学科と国際文化を学ぶ学科もあります。また、大学院も設置されています。

就職サポートは低年次からスタートし、多くがサービス業への就職を果たしています。また世界的にも知られている商社など日本企業への就職実績もあり、大学で学んだ語学の力が活かせると考えられます。

Point①少人数制教育|神田外語大学の特徴

神田外語大学は「言葉は世界をつなぐ礎」をテーマに、日本と世界の架け橋になる人材を育てています。

そのために、神田外語大学ではPoint①少人数制教育を行なっています。語学は「習うより慣れろ」という言葉があるように、少人数教育を実施することによって先生やクラスメイトとの距離が近くなり、自然にコミュニケーション能力をアップさせることができます。そして、お互い刺激し合いながら成長することができます。

Point②留学制度がある|神田外語大学の特徴

神田外語大学は、語学を学ぶ大学です。語学を学ぶために大切なことは、現地の大学に行って学ぶということが語学習得の近道です。同大学ではPoint②留学制度があるため、実際に世界を見て体感しながら語学だけでなく文化なども学ぶことができます。

最長1年間の長期留学から短期の留学まで揃っています。留学はちょっとハードルが高いという人には、短期のスタディツアーもあります。若い感性を持っているときに海外に出て、海外を見てくることは重要なことです。

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

         

人気の文系大学10校を徹底紹介