日本映画大学の特徴や就職率に関する気になる情報

日本映画大学の特徴や就職率に関する気になる情報

日本映画大学の概要

映画日本映画大学は、映画製作に関わる専門家を育成する大学です。日本映画大学の特徴としては映画学部のみの単科大学であることが挙げられ、これは日本では初めての試みとなります。

カリキュラムは脚本や演出などの映画製作に直接関わる技術や知識を学ぶ創作系と、映画の歴史や理論をはじめ文化全般について広く学ぶ理論系の2つの専門分野から編成されています。

最終的にはこの2つの専門分野をトータルで学ぶことができるようになっています。

教員が現役の映画人であるのも日本映画大学の特徴です。学生は入学直後からプロの指導の下で本格的に映画製作のノウハウを学ぶことができるほか、実際の映画製作現場でのインターンシップも体験することが出来ます。

Point①プロの指導が受けられる|日本映画大学の特徴

日本映画大学は映画界の巨匠・今村昌平が1975年に創設しました。映画製作を志す若者を育てるため作られた同大学では、Point①プロの指導が受けられるという特徴があります。

日本映画大学の映画製作に関わる創作系の先生方は、みんな映画界の第1線で活躍するプロばかりです。編集や映画監督・脚本を教えるのは映画界で実際に活躍されている先生です。また理論系の先生は多様な研究分野を持っており、技術と知識が共にプロの先生から学べます。

Point②著名人輩出校|日本映画大学の特徴

日本映画大学のもう1つの特徴は、創設者・今村昌平の建学理念が実際に形になって現れているということです。それは、Point②著名人輩出校であるということです。特に映画監督・脚本家を多く輩出し、映画監督・脚本家の登竜門となっています。

また、日本の芸能や芸術の世界にも多くの著名人を輩出しています。お笑い芸人出身大学ランキング第6位、小説家・文筆家出身大学ランキング第47位となっていて、日本の映画・芸術・芸能の世界を支えています。

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

         

人気の文系大学10校を徹底紹介