ものつくり大学の特徴や就職率に関する気になる情報

ものつくり大学の特徴や就職率に関する気になる情報

ものつくり大学の概要

ものつくり大学とは、日本の高度な技術を現代の若者にに継承することに最も力を入れている学校の1つです。

これは高齢化の進む現代の日本にとって欠かすことのできないもので、少しでも技術が受け継がれるようにと言う取り組みを基本としています。実際に技術者が大学に出張し、実習を行います。この実習では、実際に技術者の指示によって授業が進行していくことも特徴の1つです。

そのため座学とは大きく異なり、職場に近い環境下で授業が進行されていきます。学生は実際に機械に触れ合いながら、体験を積むことが出来ます。学生にとっては将来のイメージがしやすく、多くの学生から人気が高まっています。このようにものつくり大学では、就職を意識した授業が行われています。

Point①即戦力になる実習がある|ものつくり大学の特徴

Point①即戦力になる実習があることが特徴の1つです。ものつくり大学の製造学科では1年次から実習が始まりますし、3年次には複数のモデルコースから将来役立ちそうな知識を身に付けていくことが可能です。そして4年次には卒業制作があり、卒業後すぐに力を活かせるような技術を習得していくことになります。

ものつくり大学の建設学科においても、全体の7割が実習や演習そして設計などに当てられているため技量を高められます。

Point②就職サポートが充実|ものつくり大学の特徴

ものつくり大学では、Point②就職サポートが充実しています。その1つは学生就職支援として、年に何回もガイダンスや合同企業説明会を開催してくれます。実際に企業の社員と会って話することも可能です。

そして、ものつくり大学内にあるキャリアセンターでは豊富な資料が取り揃えられており、職員やキャリアカウンセラーと相談をして進路を決定していくことができます。入社試験の時期が近づくと、履歴書の添削や模擬面接もしてくれます。

>>どんな特徴で大学を選ぶ?

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

         

人気の文系大学10校を徹底紹介