兵庫大学の特徴や就職率に関する気になる情報

兵庫大学の特徴や就職率に関する気になる情報

兵庫大学の概要

兵庫大学は、1995年に兵庫女子短期大学が4年制大学に移行する形で設置された大学で、兵庫県加古川市に設置されています。兵庫大学は東播磨地域で唯一の4年制大学です。設置されているのは経済情報学部、健康科学部、生涯福祉学部の3つです。短期大学時代から少人数教育が実践されており、学生1人1人の面倒を細かく見る大学として有名です。
 
就職活動の支援にも非常に力を入れており、就職難の時代にも関わらず例年高い就職率を記録しています。さらに、地元を中心とした優良企業へ多くの卒業生を輩出しています。
 
兵庫大学のキャンパスはJR東加古川駅から徒歩10分程度の閑静な住宅街の中にあり、静かな環境の中で学ぶことが出来ます。低廉な費用で面倒見の良い学生寮が設置されているのも特徴で、地方出身者でも安心です。

Point①就職率が高い|兵庫大学の特徴

兵庫大学は、特に保育関連の教育に力を入れている大学です。2013年4月には、生涯福祉学部こども福祉学科が新しく設立されました。保育・幼児教育というのは独特の知識が求められる分野なので、専門職のスタッフを育成することが大学の重要な役割です。
 
兵庫大学では独自のカリキュラムに基づいて、高い水準の教育を実施します。その教育を続けた結果として、Point①就職率が高いという魅力的な特徴を持つに至っているのです。

Point②資格取得に有利|兵庫大学の特徴

兵庫大学は、学生の就職活動を徹底的にサポートしています。活動そのものに対する支援にも尽力しながら、Point②資格取得に有利となるカリキュラムを取り入れることにも力を入れています。保育関連の仕事をする為には、知識を身に付けておく以外に適切な資格を持っていることが大きな武器になります。兵庫大学では、就職を視野に入れ資格を取得しやすくなるように、学生の水準に合わせたきめ細かなサポートを実施しています。

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

         

人気の文系大学10校を徹底紹介