北陸学院大学の特徴や就職率に関する気になる情報

北陸学院大学の特徴や就職率に関する気になる情報

北陸学院大学の概要

北陸学院大学は古い伝統文化と新しい文化の融合する金沢にあり、キリスト教精神に基づく女子教育を目指し1885年に金沢女学校として設立されました。これを母体と2007年に北陸学院大学の設置が認可されました。同大学は人間総合学部のみの単科大学で、その中に社会学科と幼児児童教育学部があります。

北陸学院大学の就職支援は、授業科目として単位化されたものやキャリアアップ講座などがあります。職業先としては、保育士や市役所などの公務員に就職する人も多いです。

また、1年から3週間までアメリカ・カナダ・アイルランドで留学することができます。他にサークル活動では、スポーツ・文化部とも盛んに行なわれています。

Point①就職率が高い|北陸学院大学の特徴

北陸学院大学では就職支援サポートが充実している為、Point①就職率が高いです。学生生活全般を通してキャリア形成をサポートし、キャリア形成の意識付けを行なっています。

一般企業を目指す学生のために一般企業対策プログラムや、公務員・保育士を目指す学生のために専門職養成プログラムを用意しています。北陸学院大学の単位として認定されるキャリア形成のための授業もあります。さらには、多くのフォローアップガイダンスを行なっています。

Point②国家資格の合格率が高い|北陸学院大学の特徴

北陸学院大学では、多くのキャリアアップ講座を設けて早期に学生1人1人にキャリア形成を意識付けているため、Point②国家資格の合格率が高いです。例えば専門職養成プログラムを設置しているため、保育士・小学校教員・その他公務員の就職率がとても高いです。

また、一般企業への就職を考える学生に対しても国家資格の取得を勧めています。北陸学院大学では、早期にキャリア形成に対する啓蒙を開始していますので、資格取得率はとても高いです。

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

         

人気の文系大学10校を徹底紹介