群馬パース大学の特徴や就職率に関する気になる情報

群馬パース大学の特徴や就職率に関する気になる情報

群馬パース大学の概要

群馬パース大学は、2005年に群馬県高崎市に設置された保健科学部のみを有する単科大学です。看護学科と理学療法学科、検査技術学科の3つの学科があり看護師、保健師、助産師、理学療法士、臨床検査技師の養成を行っています。群馬パース大学の系列法人が病院や歯科医院、老人介護施設や在宅介護施設などを運営しているので実際の現場で豊富な臨床経験を積んでから国家試験を経て現場に出ることが可能です。
 
新しい大学のため学内の実習施設なども最新の設備が備えられており、将来の目標がしっかりしている人にとってはこれ以上ない環境でしょう。受験を希望する高校生に一般入試直前に入試対策講座を実施しており、受験生を大事にする大学という特徴もあります。

Point①就職率が高い|群馬パース大学の特徴

Point①就職率が高い群馬パース大学では、就職相談室を中心に親身に相談に応じてもらえます。そのため、看護学科と理学療法学科ともに2012年度の卒業生は100%の就職率を達成することができました。
 
求人案内も在学者数に対して多くの件数が届いています。また、群馬パース大学を卒業した後も大学の関連会社が支援してくれるのです。女性の場合は出産子育てがあり再就職が必要になることもありますので、そのような場合にしっかりとサポートをしてもらえます。

Point②ノートパソコンを無料貸与|群馬パース大学の特徴

学生が講義におけるレポートやレジュメを作成する際には、Point②ノートパソコンを無料貸与してくれます。パソコンは自宅へ持ち帰ることもできますので、帰宅後も引き続き学習を進めることができるのです。
 
また、学内であれば無線LAN環境が整っていますのでインターネットをどこでも自由に利用できるのです。そして大学卒業時には使用していた学生に、そのままパソコンをプレゼントしてくれます。

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

         

人気の文系大学10校を徹底紹介