富士大学の特徴や就職率に関する気になる情報

富士大学の特徴や就職率に関する気になる情報

富士大学の概要

富士大学は経済学部のみの単科大学で、経済学科・経営法学科・経営情報学科が設置されています。各学科の教育内容に応じた教員免許を取得できるほか、司書資格やスポーツリーダー(スポーツ基礎資格)の取得も可能です。その他にも富士大学では税理士や公認会計士、ITパスポート、日商PC検定試験・簿記検定試験、情報処理技術者能力認定試験などの資格取得を目指しており、就職に強い大学です。

さらにキャリアセンターでは1年生から4年生まで一貫した就職支援とキャリア支援を行っています。全学生がインターンシップに参加することで、就職への意識を養います。学生1人1人の就職を支援してくれるのも、富士大学の強みと言えます。

Point①就職サポートが充実|富士大学の特徴

Point①就職サポートが充実している富士大学ではキャリア形成論という就職活動に関する科目を正課として取り扱っているため、全ての学生が1年生の時から授業を受け就職に向けてイメージを築いていくことができます。

また、富士大学のキャリアセンターでは求人情報の提供や学内で就職のためのガイダンスを開くだけでなく、就職応援ブックという冊子を発行して資料を充実させています。卒業生でも転職や就職のサポートを受けることが可能です。

Point②スポーツに力を入れている|富士大学の特徴

Point②スポーツに力を入れている富士大学には、スポーツセンターが設けられています。屋内に300mのトラックがありますので、陸上競技部だけでなく運動系の部活動が練習をすることができます。さらに床暖房の設備が整っている50m温水プールもあるので季節を問わず利用することが可能ですし、トレーニング機器も揃っています。

そのため富士大学からプロ野球選手が誕生するなど、学生が各大会で実績を残しています。

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

         

人気の文系大学10校を徹底紹介