同朋大学の特徴や就職率に関する気になる情報

同朋大学の特徴や就職率に関する気になる情報

同朋大学の概要

同朋大学は元々1826年に閲蔵長屋として名古屋で開設され、1960年に今日の大学制へと移行した非常に歴史のある大学です。同朋の名は鎌倉初期の僧・親鸞が説いた「同朋和敬」に由来しており、同朋大学ではこれを建学の精神の理念としています。

学部は文学部と社会福祉学部の2つがあります。文学部では、人間の内に潜む真理に向かう人間学を学ぶことができます。社会福祉学部では現実社会の抱える様々な問題に取り組み、社会に貢献できる人材の育成に力を入れています。また学部とは別に仏教専修コースも設けられており、そちらでは1年をかけて仏教に関する歴史や知識を集中して学ぶことができます。

同朋大学の特徴としては高い就職率が挙げられ、2013年の調査では就職率は89.3%となっています。

Point①就職率が高い|同朋大学の特徴

同朋大学は、愛知県名古屋市にある私立大学です。親鸞・聖徳太子の精神が建学の理念になっていて、仏教精神を学ぶことのできる環境が整っています。学生が主体的に学んでいくことが、同朋大学の大きな特徴です。

またPoint①就職率が高いという点も、非常に高く評価されている点です。近年の就職事情を鑑みると、就職率は大学を選択する際のポイントになります。主体性を身に付けることで、学生がそれぞれ希望の進路へと進んでいきます。

Point②少人数制授業がある|同朋大学の特徴

同朋大学には多くの魅力があるのですが、特に他大学との違いが顕著な点と言えばPoint②少人数制授業がある点です。一般的に大学の授業は多人数で教わるものですから、学生間の学力の差も広がりやすくなります。

しかし同朋大学では、少人数での授業を行うことで学生の理解度を高めていく工夫をしています。少人数制の導入が、最終的には就職率などの向上にも繋がり、通っている学生の満足度も高まっていくのです。

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

         

人気の文系大学10校を徹底紹介